海外旅行

タイムズスクエアという世界の中心地を旅する

タイムズスクエアと言えば世界の中心地。世界の交差点。そうやって言われていますよね。タイムズスクエアなんてものが本当に存在するとは思っていませんでした。

まりも

タイムズスクエアとかさ、映画だけで出てくる場所みたいじゃん???

え?みんなもそう思うでしょ?ニューヨークに行ったことがある人であれば、タイムズスクエアとか、ウォール街には行くと思う。

でも、行ったことがない人にとってはタイムズスクエアなんて完全に夢の国状態じゃないですか。

ええ。そんなタイムズスクエアに行ってきたわけです。ニューヨーク州マンハッタン島にあるタイムズスクエアですが、実は以前は「ロングエーカー・スクエア」という名前で呼ばれていました。

まりも

前は違う名前だったんやね!

1904年にニューヨークタイムズ本社が移転してきたことを契機として、「タイムズスクエア」という名称に変わったんですよね。

実は歴史の深い街でもある。

タイムズスクエアに到着

ニューヨークの地下鉄って不思議な感じがするのよね。日本と同じように先進国なのだけど、それにしてはちょっと汚い感じがする。

ニューヨークの地下鉄ってなんか汚いのよね(→ニューヨークの地下鉄難しい!間違えないで電車に乗るコツ

画像で伝わるのかわからないけど、なぜか天井も低いんですよね。閉塞感的なものはある。でも、それがまた良かったりもするんですけどね。

まりも

鋼の錬金術師感ある(わかんねえかw)

今回はFultonStreetという駅からタイムズスクエア駅まで行ってみました。

タイムズスクエアの歩行者天国

ついてみると、こういう感じで歩行者天国になっているんですよね。

タイムズスクエアって昔は今よりも治安が悪くて汚い場所だったんですよね。私はその時代には来ていないけど、昔訪れた人がみたら驚くのかもしれない。

まりも

え??あんな危険なところにいったのかいぃ?なんてw

テレビで観た時と同じようにネオンというか、ビッグスクリーンに映し出された映像がタイムズスクエアをタイムズスクエアにしていました。

人でごった返しているタイムズスクエア

ただ、人が多いんですよね。この日は感謝祭の前日でした。感謝祭の前日とブラックフライデーの時にも行ったので、街全体が混み合っていたんですよ……。なぜこの日に来てしまったんだ……。笑

ちなみに感謝祭は英語では「Thanksgiving Day」というもの。イギリスからアメリカにやってきたピルグリムたちが初めての収穫に感謝する日というのがその起源。

まりも

ジェームズ1世による迫害から逃れてきた人たちがピルグリムよ!

街はクリスマスに向かうと同時に感謝祭にもなるという不思議な感じ。感謝祭の定番である「ターキー」を部屋で食べましたよ。笑

あの写真も撮っておけば良かった。動画の方にはあるかな。12月18日にタイムズスクエアの動画を公開するから見てください〜。

関連記事:ANAのビジネスクラスTHE Roomに乗ってニューヨークに行ってきた感想!

タイムズスクエアに行けた喜び

動画では完全に興奮して話していると思うんですけど、タイムズスクエアに行けた喜びが凄かったです。だってさ、やっぱり世界で最も有名な場所と言っても良いくらいの場所でしょう?

まりも

世界の全てが詰まっている場所よ!

そこに今自分が自分の身体で感じて、自分の目で見ている。そう思うと、何だか嬉しくなってくる。

サングラスをしているのが私、まりもです笑

何か嬉しそうだよね、この写真も。タイムズスクエア今回の旅の序盤に行きました。ロックフェラーのトップオブザロック(→ニューヨークのトップオブザロックで景色を一望したら実感が湧いた)とか、

ブロードウェイ(→【NY】本場のブロードウェイでアラジンを観たら、最高だった!)が近かったからね。

ブロードウェイミュージカル「アラジン」を観てきました

タイムズスクエアを歩いてみると、こういう仮装みたいなことをしている人たちがいました。

一緒に写真を撮ると、チップを要求されるらしいw

これね、普通にチップを取られるし、高い場合もあるんですよね。笑

私は緑髪だったので、「そのヘアー好きだぜえええ」なんて言って近付いてくる着ぐるみマンたちがいっぱいいたけど、スルーしました。笑

まりも

チップを払わないと殴られる、という話も聞いたのでちょっと怖かった……。

まあね、やっぱりタイムズスクエアに行けたことは嬉しかったです。感謝祭とかブラックフライデーが近いからこんなに盛り上がっていたのかな。

アメリカ人ってそもそも身長高いから、まじでスーパーマン感しかないw

どんな格好だよww」って感じしない?

ちなみに今はニューヨークタイムズの本社はここにはありません。元々は「タイムズスクエア駅」もタイムズスクエア社員が要請してできたものなのに、移転しちゃうとか面白いよね。

まりも

え!?置いてくん〜?みたいなw

タイムズスクエアの西側なんて「ヘルズ・キッチン」と呼ばれるエリアで危険なエリアだったのに、今では観光客がたくさんいて、誰でも楽しめる場所になっているのが不思議ですね。

関連記事:ニューヨークでの朝食は「Le Pain quotidien」で決まりでしょ?

赤い階段の三角地帯

さて、進んでいってみると、赤い階段の三角地帯みたいなものが見えてくるんですよね。観光客はそこに集まっているのです。

動画では割と詳細に映しているので、詳細はそっちを見て欲しいのだけど、雰囲気的にはこんな感じです。

観光客たちが写真を撮っていて大混雑でごぜぇます

これだとちょっとわかり辛いですよね。私が今立っている場所がちょうど赤い三角地帯のところなんですよ。

ここはダフィー・スクエアというのが正式名称です。ほら、記念碑みたいなものがあるでしょう?それは「従軍牧師であったフランシス・P・ダフィー 」のものです。

ダフィー・スクエアの由来となった人物ですね。

こっちの銅像がブロードウェイの父である「ジョージ・M・コーハン」です。

タイムズスクエアという場所は世界恐慌後にはかなり治安が悪化して、1990年代くらいまでは危険な状態だったみたいです。

風俗街とかも普通にあったんだって。危険エリアとして認知されていた場所なのに、今は平和なのは嬉しいね。

まりも

日本の歌舞伎町だって昔はもっと危険だったわけだしね?

まあそんな感じでタイムズスクエア周辺を散策してみました。ブロードウェイとか、後はトップオブザッロックも近いのでそっちも行ってみてね。

写真はロックフェラーセンターの近くです。

動画も出すことができました。こちらです。チャンネル登録よろしくね。

では。

関連記事:JFK国際空港からミレニアムヒルトンまで電車で行ってみた!

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。