国内旅行

チキン南蛮発祥の店「おぐら本店」で最高の南蛮を食べた!

いよいよやってきてしまいました。チキン南蛮です。みなさんもお好きでしょう?ええ、ええ。わかっていますよ。

チキン南蛮の何が良いのか?ってさ、やっぱりタルタルソースですよね。白くてボリューム感のある何とも言えないソースが最高です。

さて、そんなチキン南蛮ですが、当然のことながら「生み出した人」がいるわけですね。それがね、実は今回の「おぐら本店さん」なんですよ。

 

みんな大好きチキン南蛮をこの世界に生み出してくれた「おぐら本店」に行ってみたよ。

おぐら本店は狭い路地にある

 

おぐら本店はね、結構狭い路地にあるんですよ。チキン南蛮発祥のお店として知られているお店と聞いていたので、

はいはい!大通りの超わかりやすいところにあるっしょ」という感じで目指していました。1956年生まれのお店ですからね。もうそりゃ老舗なわけであって、「ドドンッ!」とあると思った。

そしたらね、超わかりにくいわけですよ。狭い路地の「再建築不可でしょ?」みたいな場所にお店は存在しているんですよね。

ほら、中々に良い雰囲気の場所ですよね。笑

宮崎県の中心地のところに、区画整理されていない感じの路地があるわけです。そこにおぐらさんはあるんですよね。

赤と黒の看板が何だかラーメン屋さんみたいですよね。正直、「チキン南蛮発祥のお店」というブロガー心を揺さぶるようなテーマがこの店になかったら入れなかった。

だって、常連さんっぽい人ばかりがいる感じで、とても私のような東京モンが行っても良い場所には思えなかったから。

だから、最初はこうやって外側を巡ってみたよね。笑

怖いんだもん。「愛犬の糞のあと始末をよろしくお願い致します」なんて書かれているのがどうにもシュールで面白い。犬も美味しそうなチキン南蛮の匂いを嗅いで、もよおしてしまうのだろうか。

さて、ということで宮崎県はチキン南蛮発祥のお店「おぐら本店」さんに入っていこうと思います。

関連記事:福岡県花畑にある昔のちょんの間跡を探索した

 

おぐら本店で食べてみた!

 

ということで、店内に入ってみました。店内に入ってみて、「1人です」と言ってみる。すると、「2階もありますけどどうします?」と言われた。

はて?目の前には1人用のカウンター席があったのでそちらを選択したのですが、なぜだろう?2階の方が何か良いのだろうか?

でも、私はそこまで気にする方ではないので、普通に1階で食べることにしました。

カウンターの席ってなぜだか落ち着く。2人席の方が広くて快適なはずなのに、1人を前提とした席に座っている時の方が落ち着くんですよね。

ほら、こんな風に長い机があります。メニューをみてみると、意外にもチキン南蛮以外のメニューがたくさんありました。

チキン南蛮発祥のお店、と言うくらいだから、「うちはな!チキン南蛮だけでやってんだ!他のもん食べたいならうちくんな!」みたいな古風な洋食屋さんを想定していたのですよ。

でも、違った。普通に手広くやっていました。

ハンバーグなり、ヒレカツ、カツカレーとか、街の食堂っぽいメニューはだいたいあります。お子様セットを頼みたくなったけど、私は「おぐらのチキン南蛮」を選択してみました。

ビジネスセットなるものもあったけど、こちらはチキン南蛮にプラスしてハンバーグが付いているやつみたいです。無理だ……。多すぎるよ。

ああ、やっぱり店内は良い感じに古びている。

というわけで食事をひたすら待っているまりも。

 

店内を見渡すと、「ああ、この人いつも来ているんだろうな」という人ばかりだった。きっと、地元の人たちにとっての憩いの場でもあるのだな、と思いました。

店員さんの対応も、何というか、距離感が近いわけでもなく、遠すぎるわけでもなく、安定した感じ。

 

こういうところに来ると、変に「私は常連ですよ」感を出したくなってしまって、すぐに注文してしまう。この悪い癖を直したいw

 

注文してやってきたのがチキン南蛮発祥「おぐら本店」のこちら。

 

めちゃくちゃ美味しそうでしょ。そして、タルタルソースが重そうでしょ?私も最初はそう思いました。でもね、意外とこれが重たくないんですよ。

もちろんカロリーはあると思うんですけど、思っていたよりもしつこい味がじゃないというか。胸肉とマッチはしているのだけど、しつこすぎず、良い感じでご飯をかきこみたくなる感じ。

チキン南蛮発祥のお店ということで行ったのだけど、そもそも宮崎県がチキン南蛮発祥の地だということは知りませんでした。

宮崎と言えば、東国原。東国原と言えば宮崎マンゴー。でも、違ったね。

関連記事:博多の太宰府を梅ヶ枝餅食べながら歩いたら日本の平和を感じた

 

宮崎に来たら絶対に食べてよね

 

さて、ということでごちそう様でした。

何かぶれちゃいましたね。ごめんね。笑

こういうところでしめることができないのが私の良いところです。まりもクオリティ。ええ。

 

おぐら本店さんはね、思っていた以上に最高のお店でした。

発祥の店と言えどもまずい店はまずい。発祥だから美味しい?そんなことはないもんね。でも、ここは美味しかったです。

 

厨房の方ももっとちゃんと見れば良かったんですけど、私が座ったのが厨房の前のカウンターで、しかも厨房が見えないくらいの高さがあったので見えませんでした。

こんな写真しか撮れませんでした。チキン南蛮と猫にはどんな関係があるのだろうか。不思議だ。

おぐらさん」はどんな顔をしているのだろう?……

 

なぜか、今になって物凄く気になってきた。だって、こんなキャラクターを使っているんだもん。こういう顔なのかな?とか想像しちゃうじゃんね。笑

この顔ですよ。この顔だとしたら、めちゃくちゃ優しい感じがするけどね。てか、「味のおぐら」って名前だったのね。おぐら本店という名前しか知りませんでした。失礼しました。

いや、そもそも「本店」じゃなくて、「本の店」だったのか。本屋さんじゃないか。どういうことだ。

私が行った時間は夜になりかけの19時くらいだったかしら。その後もお客さんが絶え間なく入って来ていました。やっぱり人気店なんですね。

今度は2階に行ってみるというのも1つの手ですね。宮崎県という土地、私は物凄く好きだたので、また行ってしまいそうな気がします。

 

ということでね、おぐら本店でチキン南蛮発祥の味を楽しんでまいりました。あ〜、美味しかったなあ。

宮崎LOVEです。結構良い都市だな、と思いました。ちょっとね、動画にもすると思います。またみてちょ。

関連記事:GoToTravelキャンペーンで格安旅行に行っちゃおう!

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。