ブロガー「水瀬まりも」とは?
旅とあそび

リッツ・カールトン東京のひのきざかで天ぷらを食べてみた。

遠方から仕事関係の人が来ていたので、リッツ・カールトン東京の「ひのきざか」(鉄板焼き・寿司・天ぷらがある)の天ぷらを食べに行ってきました。

リッツ・カールトン東京と言えば、ミッドタウンの中にあるホテルとして有名ですし、

 

リッツ・カールトンのランチを食べてみたい、という人だっていると思うんですよね。私もその1人でした。

 

でも、リッツ・カールトンのひのきざかで天ぷらを食べるのは何となく怖い、と思っている人もいると思うので、

 

今回は食べてみた感想を書いていこうかな?なんて。

 

とにかく場所が難しい

 

リッツ・カールトンで食事をするのはランチ・ディナー合わせて3回目なのですが、未だにリッツ・カールトンの全容がわかりません。

 

リッツ・カールトン東京に行った事がなくても、ミッドタウンに行った事ああるなら、行き方くらいはわかるはず、と思うのですが、

 

そんな事もないんですよねえ。リッツ・カールトン東京、ひのきざかの天ぷらを食べるには、ミッドタウン1階入り口付近にあるリッツ・カールトン東京の入り口から入る必要があります。

スクリーンショット 2018-05-17 16.52.28

 

ここですね。わかりやすいと言えばわかりやすいのですが、私からすると「こんなところにあったのか」という感じで見つけられません。

 

中に入ってからも難しいんですよね。

リッツ・カールトン東京の中でも「ひのきざか 天ぷら」があるのは45階になります。入り組んだホテル内を進んでもらって、

45階まで上がります。

 

すると、

 

S__983500

 

こんな感じの風景が現れます。

 

S__983498

 

シャンデリアでさえもオシャレに感じてくる・・・

 

ひのきざか 天ぷら」に行くまでは少しだけ大変なのですが、リッツ・カールトン東京についてみると、別世界なので、面白いですよ。

関連記事:ヘイフンテラスでディナーをしてみました。

 

洗練された料理ばかりでした

 

という事で、ランチに行きましたが、今回のメニューは

 

雲居 浜防風と根三津葉の浸し

和風サラダ 自家製ドレッシング 温度玉子

天麩羅 車海老二尾 本日のおすすめ魚介二種 季節の野菜四種

食事 茗荷ご飯 あおさ 味噌汁 香の物 又は 白ごはん 味噌汁 香の物

デザート 白いコーヒーのブランマンジェ

¥4,800

引用:リッツカールトン公式HP

 

という感じです。

 

S__983497

個人的には最初に出て来た車エビが好きでした。小ぶりの天ぷらなのですが、しっかりと味の深みを持った料理になっていて、

好きな味でした。

 

全てのメニューを撮ったわけではありませんが、

 

S__983493

 

アスパラも美味しかったし、

S__983490 S__983491

魚の天ぷらも美味しかったですねえ。

 

リッツ・カールトン東京の場合は、こんな感じのメニューで4800円、これに飲み物を頼んだり、サービス料あ15%、消費税あ8%かかってくるので、

だいたい1人あたり、ランチで「8000円」はいく感じですね。

決して安くはないのですが、お店の雰囲気とか、味とか全てを考慮すると、高くはないのかな?

 

あ、あとですね、

 

S__983489

 

これもありました。

お飯ものですね。

 

リッツ・カールトン東京、ひのきざかの天ぷらはどれをとっても、美味しかったですねえ。サービスも良かったし、

全てが完璧でした。

関連記事:超一等地に佇む「銀座レカン」でランチをしてみた。

 

 

外の景色も良かった

 

美味しい食事には、綺麗な景色があると良いですよね。

 

リッツ・カールトン東京の何が良いのか?って景色も良い点だと思うのです。

 

食事が終わった後は、デザートタイムだったのですが、「景色が綺麗なお部屋に移動されますか?」と聞かれ、行ってみたのです。

 

S__983488

 

そしたら、綺麗でした。「ひのきざか 天ぷら」はリッツ・カールトン東京45階です。だからこそ、景色も良いんですよ。

 

女子会とかにはあまり向いていないかもしれないけど、商談であったりとか、大切な人と2人で、とかだったら結構良いんじゃないかな。

 

という事で、今回はリッツ・カールトン、ひのきざかの天ぷらのランチを食べてきました。

関連記事:穏やかすぎるマダムの街「麻布十番」を観光してみた。

よく読まれている記事
関連記事だよ