国内旅行

ヘイフンテラスでディナーをしてみました。

仕事で疲れた時には、少しだけ高いディナーに行ってみて、しばしの休息をとるという事もとても大切な事だと思うんですよね。

まりも

だって疲れちゃうもんっ!!!

常に仕事をして、頑張っている姿もかっこいいのかもしれませんが、人生は1度だけですから、どうせなら楽しむ時間を増やしていった方が良いのです。

という事で、今回はペニンシュラホテルにある中華「ヘイフンテラス」に行ってきました。ペニンシュラホテルというと、

入口からすぐのところにある、ダイニングを思い浮かべる人が多いと思うのですが、中華もあるのです。

あ、ちょっと関係ないけどさ、ペニンシュラホテルの中に入っている「GRAFF」というダイヤモンドのお店があるんですけど、ここのアクセが本当に綺麗なんですよね……。

どこかの王女様みたいな。笑

物凄く高いけど、そのうち絶対買ってやる。笑

ということで、

ヘイフンテラスのディナーについて、ご紹介していこうと思います。

少し早めに現地へ

19時からの予約だったのですが、意外にも早くついてしまったので、20分程度の時間があったんですよね。

不思議な位置にあるペニンシュラ

そこで、少し時間を潰してみようと思い、ヘイフンテラスでのディナーの前に、地下にあるザ・ペニンシュラブティック&カフェを見てきたのです。

日本庭園っぽく作られていて、和と洋が融合している

私もお土産で買って行った事があるのですが、ここはマンゴープリンが有名なんですよね。

遅い時間に行っても既に売り切れている事も多く、人気の商品なのです。

ちなみに私が以前「8個爆買い」したのは内緒ですw

(1個あたり777円します)

そんなペニンシュラブティック&カフェなのですが、ここって外から作っている様子を見る事が出来るんですよね。

どんなお菓子をどのように作っているのか?という事を見る事が出来るようになっているのです。

まりも

実は幼なじみの妹が働いているんですよね。笑

そして、今回、私はここで不思議な事に気がついてしまったのです。

「お菓子が売っているといっても、少し甘い匂いがし過ぎないのか?」という事です。ここがとても面白いところなんですよね。

まりも

いくら何でも匂いしすぎだろwと思ったわけ

何と、

ヘイフンテラス_171204_0002
外側もお菓子で作られています(凄すぎる……)

外側がお菓子でデコレーションされていたのです。これにはさすがに驚きました。

「蟻が寄ってこないのかな?」という一般人の考えを起こしてしまったのですが、なぜか大丈夫なようです。

ヘイフンテラスでディナーをする時に、少しだけ早くついてしまったのであれば、地下に行ってみるのもありだと思いますよ。

関連記事:軽井沢に観光で行くならおすすめの場所はどこ?

内観と前菜について

という事で、本題であるヘイフンテラス のディナーについて書いていきたいのですが、今回はネットからの予約である程度安くする事が出来たので、

1人当たり、全て込みで1万円を超えないような感じになりました。飲み放題もついてこの値段なので、結構安くなっているのではないでしょうか?

内観はそうなのか?というと、非常に落ち着いた雰囲気を出しているお店ですね。席と席の距離も遠いし、

夜景が見える席がほとんどなので、ゆったりと食事をしたいという人であれば、最適かと思います。

最初は前菜なのですが、前菜の前に

ヘイフンテラス_171204_0003

中華版ピーナッツのようなものが出てきました。これに関してはごめんなさい、説明をきちんと聞いていなかったので、わかりませんが、

癖になるような味でした。味としては甘いピーナッツといった感じ。

そして、前菜ですよね。

ヘイフンテラス_171204_0005

前菜はこんな感じですね。

前菜の盛り合わせなのですが、前菜といっても、最初から重めの料理を出すようなレストランもあります。

しかし、ヘイフンテラスのディナーだとそういった感じでもなく、適度な量だったのでそこまでお腹の調子が良くなかった私のとっては良かったですね。

女性3人とかでディナーを食べるという事であれば、結構良い感じの量になっているので、ちょうど良いと思いますよ。

関連記事:財政破綻した街、夕張の現在を見てきた。

メインまでの料理も魅力的

という事で、次はメインの料理に迫っていくわけですが、全部で6品という事でまだ5品もあるんですよね。

ヘイフンテラス_171204_0006

これですね。これは何か?というと、干しナマコと細切り鮑入り四川風酸辣スープなのですが、見た目以上にだいぶ辛いです。

私は辛いものが好きなタイプの人間なので、むしろ美味しくいただいたのですが、辛いものが苦手な人だと食べるのがちょっと厳しいかも?という感じです。

四川風という事もあり、辛いのは当然ですし、ヘイフンテラスにディナーに来るという事であれば、ある程辛いものが好きな人が来るとは思います。

しかしながら、これは予想以上に辛いので、辛いものが苦手な人は予めウェイターさんに言っておいた方が良いと思います。

ヘイフンテラス_171204_0004

次はこちらですね。海老の特製チリソース煮込みです。

チリソースは私も好きなのですが、一般的なチリソースよりも、ややお上品に作られたものですね。味の繊細さがあり、

チリソースが好きな人であれば、結構ハマるんじゃないかな?と。

ヘイフンテラス_171204_0007

次が鶏肉とピーナッツ唐辛子の甘辛炒めですね。ヘイフンテラスで食べたディナーメニューの中でも、これはかなり好きな味を出していました。

甘辛な部分ももちろん良いのですが、食材の比率がとても心地良いのです。

ヘイフンテラス_171204_0008

次は中華の代表とも言える、担々麺ですね。こんなに食べて担々麺まで食べれないでしょ?」と思っている方も多いかと思いますが、

この担々麺はそこまで量が多くありませんし、味の方もしつこいものではありません。きちんと胡麻の風味は残していますが、

それでも重たいものではないので、楽に食べられると思います。

関連記事:小樽の観光ならかま栄の工場見学がおすすめ!

最後にデザートと感想

という事でラストは杏仁豆腐ですね。

ヘイフンテラス_171204_0009
まろやかな杏仁豆腐

ここまで四川風の料理が続いていたので、甘いものは身にしみますね。

杏仁豆腐といっても、固い杏仁豆腐ではなく、非常に柔らかいものだったので、食後のお口直しには最適でした。

今回はヘイフンテラス でディナーをした時の事について書いてきたのですが、いかがでしたか?ヘイフンテラスのディナーって食事ももちろん美味しいのですが、

雰囲気が抜群に良いんですよね。

日比谷とか、東京駅周辺は街の雰囲気も良いしね。

デートとか、家族での利用にも適していると思うので、ディナーを検討している人はぜひ。

ちなみに日比谷近辺には「帝国ホテル」や「パレスホテル東京」なんかもあります。【バイキングの王様】「帝国ホテル」のインペリアルバイキングサールがすごくなった。という記事や、

【5つ星ホテル】パレスホテル東京が楽園で幸せだった。という記事でも紹介しているのでこちらのホテルもぜひっ!

関連記事:銀座イタリアンサンミ高松8F『サント・ウベルトス』でランチをしてみた

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)ワーキングホリデービザでウィーン在住(2022年〜)の29歳。中高6年間男子校で生活。海外をふらふらしながらなんだかんだ生きています。応援は「アマゾン欲しいものリスト」からお願いします。