国内旅行

キロロリゾートでスキー!小樽とか余市で過ごした3日間。

まりもですぅ!おはようございます。いやあ、最近はちょっと暖かくなったきたと思うけど、ちょっと前までは寒かったよね。

で、今回はそんな中ですね、キロロリゾートに行ってきました。

と言っても、最初は空港からでございます。ここは新千歳空港。ここからまずは小樽に行くんですよ。今回宿泊するのは小樽市内だったので。

新千歳空港って札幌とか小樽まで遠いんですよね。札幌までも1時間くらいあるし、小樽までだと結局1時間30分くらいかかっちゃう。

まあ太陽が綺麗だったので良いんですけど。笑

ということで今回はキロロリゾートでスキーをした時のことを書いていくよ〜!

 

ノスタルジックな小樽駅に到着

 

私、よく小樽駅には行くんですよね。極楽とんぼ加藤さんの出身地でもある小樽。

この駅の感じが何とも素敵。

小樽駅が反対に書かれた「るたお」駅の看板も何とも時代を感じさせるものです。気がついた?ほら、小樽で有名な「LETAO」というお菓子。実は小樽を逆から読んだものだったんですよ。

私はもう小樽自体には20回以上くらいは来ていると思う。だから、この時計ももう馴染みの時計という感じがしますね。SEIKOの古そうな時計が光っておる。どこの駅にも割とSEIKOが使われていて感心する。

今回宿泊するホテルはですね……

 

ここの近くですね。

HOTELTORIFITOOTALCANAL」という超カッコイイ名前のホテルです。結構新しめな感じのホテルだけど、安かった。

やっぱり小樽と言えば、倉庫街ですよね。何度も来ているけど、やっぱり素敵です。この小樽運河沿いはノルタルジックな雰囲気なのよ。

エモい写真が撮れたので撮影しておきますね。やっぱり被写体はエモいものではありませんが、やっぱりカメラってすごいね。何でもお洒落に見えます。笑

この日の雪はちょっとべちゃっていて、悲しい感じ。しかも雨も降っていましたから。この雰囲気がたまらなく好きなまりも。動画におさめます。(動画も公開するのでみてね。笑)

ちなみにこの日は「和楽」さんという回転寿司屋に行ってきました。ここがたまらなく美味しいのですよ。小樽の大工さんに連れていってもらってから、好きになりました。

カメラの存在なんて1mmも覚えていない私です。ただただ真剣に今日あるネタを見ている。だって、みんなが思っているお寿司の10倍くらいは美味しいんだもん。

関連記事:ドーミーインプレミアム小樽は温泉好きには最高の環境だった

 

キロロリゾートへ行くぞ

 

さてさて、で、翌日はやっぱりキロロリゾートでのスキーですよ。昨今、若者の間では「スノボなるもの」が流行しているらしいが、私はスキー。おじさんスキーが好きなの。

時刻は11時20分。この時間から来る人はあまりいないらしいです。笑

みんなもっと前からがっつり滑っているらしい。でも、私は朝起きたくないし、面倒なのでこの時間になってしまった。まあそれくらいののんびりさが必要よ(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

こういう時期なのでゴンドラは基本的にグループか個人単位で乗るようなイメージ。

昔のスキーリフトだと、隣の人とお尻がぶつかっているくらいの感じだったのに、何だか変わってしまった。まあ、これはこれで快適だから良いんですけどね。お尻……。

滑るのはやっぱり楽しいですね。「滑る」と聞くと、私のつらい浪人経験を思い出してしまうのだけど、その話はやめましょう。

ちなみにパノラマで撮影するとこういう感じです。キロロリゾートはね、やっぱり雪質が良い上に広いので最高の環境ですよ。

この画像とかやばくないですか?雄大な自然の中にいる私まりも。不思議な感じ。小樽にもあるんですけどね、スキー場。でも、キロロはキロロで好きです。小樽のは天狗山ってのがあるんですけど、キロロの方が規模が大きいのでこちらへ。

スキー場と言えばやはりカツカレーですよね?

私の頭の中にはカツカレーという選択肢しかありませんでした。だって、好きなんだもん。この……「油たっぷりカツカレー」という感じが良いんですよ。衣なんかも2度3度揚げてるやろ?と思ってしまうくらいの感じ。

これがマジでたまらない。不思議ですね。普段食べたら嫌なんですけど、スキー場だと嬉しい。

美味しく食べましたとさ。

キロロリゾートはね、良いよ。楽しいよ。ちなみにゴールデンウィークくらいまでやっているので、そういう点でもキロロは良いんですよね。前は中国人でいっぱいだったらしいけど、今はこういう時期なので日本人ばかり。しかも混雑していませんでした。笑

キロロの待合室ではこの顔。

 

さて、帰ってきました

 

さて、それが終わったら、今度は小樽に帰還して小樽の名物料理である「なると」ですよね。

これがたまらなく美味しいのよ。これも前述の大工さんと一緒に食べた時からハマってしまった。まあ美味しい。さっぱりした味わいなんですけど、コクがある鳥。

はい。でまあ次の日になるわけですけど、割とすぐ帰ってしまったと言いますか。そこまで何もしていないんですよね。

ホテル前のコンビニで立ち尽くすまりも。何だか哀愁みたいなものが出てきてしまった。アイドルグループの最年長リーダーみたいな背中。

50代だけど、何とか頑張っているよ……的な。何その妄想。

振り向いてみると意外と楽しそうにしていました。安心です。読者のみなさまもほっとされたことでしょう。

まあ、という感じでね、今回はキロロ・小樽の旅でした。実は千歳駅にも行ったんですけどね。ええ。

ご当地のうどん屋さんに行ってみました。でも、これ東京にもあったような……あ、すみません、これは香川……あ……丸亀を名乗っているのに香川でもない……

ではでは、まりもでした。

関連記事:余市のニッカウヰスキー蒸留所、小樽からバスで行ってみた!

ABOUT ME
まりも
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。