ブロガー「水瀬まりも」とは?
旅とあそび

ウィーンの物価は日本より少し高い!現地レポート。

世界的に見て平和で、観光先としてはおすすめなのがオーストリアの首都ウィーンです。

 

スリはいるようですが、

外国だと思って注意していればスリに合うこともなく、

危険だな、と感じることも街中でなかったのでウィーンの観光は非常に楽しむことができました。

 

ウィーンに観光しようと思っている人が気になる情報はやはりウィーンの物価がどうなのか、というところでしょう。

 

現在のレートだと大体1ユーロが日本円で130円くらいです。

 

実際にウィーンの物価は日本より少し高めだな、と感じました。

項目ごとに紹介してみたいと思います。

 

飲み物の物価

 

まず観光地について一番最初に買うものといえば飲み物ではないでしょうか。

 

ペットボトル1本は常に持っておきたいですよね。

 

ウィーンに着いて繁華街のケルントナー通りを歩いていると

コンビニもスーパーも見当たりませんでした。

 

 

日本でいう銀座のような場所なのかな、と思います。

 

有名なブランドのお店が立ち並んでいて、私が観光に訪れたのは12月だったので

シュテファン寺院の近くにクリスマスマーケットが出ていました。

 

ウィーンクリスマスマーケット

 

クリスマスマーケットに出店しているお店で飲み物を買おうとしたのですが

ここだと大体ペットボトル1本のジュースが3ユーロくらいしました。

 

大体400円くらいですね。

 

まぁ日本でもお祭りなんかで飲み物買うとそれくらいの値段でしょうか。

 

高い気がしましたがコンビニやスーパーが見当たらなかったのでここで買いました。

 

他の美術館やスーパーなどで買うと2ユーロくらいが主流のようです。

それでも260円くらいですから日本よりは少し物価が高いと感じますね。

 

ちなみにウィーンの街を結構散策しましたが、コンビニのようなものは見当たりませんでした。

その代わりスーパーが、日本よりはたくさんあったように感じます。

 

とはいえスーパーでもジュースは少し高めでした。

関連記事:ウィーンに移住したい。

 

交通費

 

ウィーンの地下鉄のホーム

 

交通費は日本に比べると安いです。

 

  • 地下鉄
  • トラム
  • バス

どれに乗り換えても、どこまでいっても、料金は一律2.2ユーロ。

これがスタンダードな一回乗車券の値段です。

 

他にも24時間乗車券などがありますが

ウィーンは狭い街なので歩いて観光する事も可能で、

一回乗車券を乗る時に買う、というようにした方が結果的に安く仕上がるように感じました。

 

一駅だけの移動とかだとそれでも2.2ユーロ、つまり300円くらいかかってしまいますからちょっと高いですよね。

 

ただウィーンの一駅なら歩いてもそこまで遠くないと思います。

 

どこまでいっても300円しかからず、

乗り換えもできるし、交通手段も変えることができますから

交通手段、という面だけ見ると物価は安い、という感じでしょうか。

 

ちなみにウィーンの鉄道は乗り方を調べておかないと、なかなか難しい乗り方です。

乗車券の種類もたくさんありますし、チケットに時間を打刻する、という変わった風習もあります。

関連記事:ウィーンの地下鉄の乗り方が性善説に基づき過ぎていた

 

美術館が高い

 

ウィーンの旧王宮

 

ウィーンにはたくさんの美術館があります。

 

観光のルートで美術館巡りを考えている人もいるでしょう。

 

ウィーンの美術館は結構入館料が高かったです。

大体12〜14ユーロくらいで、日本円に直すと1500円〜1800円くらい、といったところでしょうか。

 

日本と比べると少し物価が高い、と感じませんか?

 

美術館もいくつもあるので

美術館巡りをするだけですぐに1万円くらい吹っ飛んでしまうような感じですね。

 

とはいえウィーンだけでしか見られない貴重なものがたくさんありますから、

やっぱり美術館は見ておくことをおすすめしたいです。

関連記事:豪華すぎる「エミレーツ航空のビジネスクラス」に乗ってみた。

 

レストラン

 

Gulasch

 

レストランは大体メインディッシュ一皿のお値段が22ユーロ〜25ユーロくらいです。

 

この写真はウィーン料理のグラーシュというもので

グラーシュゼウム、というお店で食べました。

 

こちらも確か23ユーロくらいだったので

この一皿だけで3000円以上します。

 

特にディナーではなかったのですが日本だったら1000円ランチで十分食べられそうなメニューですよね。

お店もかなりカジュアルな方です。

 

グラーシュゼウム、といってグラーシュの博物館という意味の、

そこそこ有名なお店です。

 

 

日本人からすると、お味はイマイチでした…。

関連記事:ウィーンの料理はまずい!?実際に現地で食べてみた感想

 

路面店

 

ウィーンには路面店がたくさん出ています。

 

  • ホットドッグ
  • ピザ
  • ヌードル

といったメニューが多く、大体が3〜6ユーロくらいで

日本円だと400円〜800円くらいでしょうか。

 

軽食でこの値段ならまぁ日本とあまり変わらないかなぁという感じですかね。

 

しっかりしたレストランで3000円使うよりは

路面店に出ているものを食べ歩く方が良いかなという印象でした。

 

ピザやホットドッグは大体美味しく食べることができました。

レストランよりは当たり外れなさそう。

関連記事:英語が話せないけど海外旅行に行きたいならシンガポールがおすすめ

 

ウィーンの物価は少し高め

 

ということで今回はウィーンの物価についてお話してみました。

 

ちなみにウィーンはカフェ文化が強くて

日本と違ってカフェに何時間いても怒られませんし、たくさんの人がカフェでコーヒーを飲みながらだべっています。

 

カフェの値段はスタバ価格くらいかな。

大体1杯が5ユーロから8ユーロくらいでした。

日本円え650円〜1000円くらいですね。

 

1杯で粘れる分、日本より良いかもしれません。

 

全体的には日本より少し物価が高いと感じたウィーンでした。

とはいえ街並みはロマンチックで治安も良いですし観光にはおすすめです。

 

観光に行く際はウィーンへのツアーもチェックしてみてください。

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。
よく読まれている記事