旅とあそび

ウィーンの料理はまずい!?実際に現地で食べてみた感想

オーストリア東部の首都であるウィーンに観光に行ってきました。

 

音楽の街で知られるウィーンですが、

実際の現地のお料理はどうなのでしょうか?

 

観光でウィーンを訪れようと思っている人にとっては気になる部分だと思います。

 

単刀直入に結論を申しますと、

まずい料理も結構あるし、私はお腹を下しました。笑

 

何を食べてもある程度のクオリティーを保って提供してくれる日本の料理とは大違いです。

 

ただ、全部が全部まずい、というわけではなく

美味しい料理もありました。

 

実際に現地で食べてみたウィーンの料理について今回は紹介してみたいと思います。

 

ピザは間違いない

 

ウィーンの繁華街を歩いていて面白いと思ったのは

ピザを売っている路面店がとても多い、ということでした。

 

pizza-vienna

 

ピザは薄焼きのピザで、サラミやハム、チーズが中心に乗っています。

結構日本で食べるピザに近いかも。

 

これを一切れごとに買うことができるのがウィーンのピザ屋さんの特徴で、

日本だと、ピザを食べようとすると1枚まるまる頼まなくてはいけないので、

それなりに人数がいないと食べることができませんが、

ウィーンなら一人でもピザを食べることができます。

 

これは日本でもやったら流行りそうだ、と思いました。

 

味も普通に美味しく、特に加工肉やチーズはやはりウィーンでは種類が豊富ですので

ピザがまずいわけがないですよね。

 

ウィーンのピザ

 

店先からお店のおっちゃんがピザを作っている様子を見ることができるところがありました。

 

お店の地図はこちら。

 

店の入り口付近でスタンド席でも食べることができるとてもカジュアルなお店で

ピザ1枚3ユーロ(430円くらい)だったで結構お買い得だと思います。

多少物価が高いと感じるウィーンでも安く済ませることができるメニューがピザですね!

関連記事:ウィーンに移住したい。

 

クリスマスマーケットの屋台で辛い目にあった

 

ウィーンへ旅行に行く際はやはりチェックしたいのはクリスマスマーケット。

 

11〜12月はウィーンの街のいたるところでクリスマスマーケットが開催されており

街中がキラキラときらめいています。

 

しかしそこで私は衝撃的にまずい料理と出会ってしまったのです。

 

S__17539222

 

名前はわかりませんがパスタのような食感でした。

 

味付けが薄く、多分塩胡椒だけ。

さらにベーコンとほうれん草のような青菜が入っていたのですが、それも味のアクセントになるかと思いきや「全く味がしない!」

 

周りにいた現地の人っぽい方達もこれを注文している人がたくさんいたのですが

普通に「パスタみたいだね〜」みたいな感じで黙々と食べていたので、ウィーン人の感覚からするとそこまでまずいものでもないのかもしれません。

 

しかし日本人にはきついと思います。

小麦粉っぽいものを見たら気をつけてください。

 

お米の文化がないからこういう小麦粉が主食になるみたいですね…

でも全然芯がなくてニャクニャクで、量も結構あるし、さらに粉っぽいからもう「エサ」って感じがすごいんですよ…

 

もう私はウィーンの小麦粉系のご飯は「ハトノエサ(鳩の餌)」って呼ぶことにしましたからね。

関連記事:ウィーンの気候は?旅行にはどんな服装で行けば良い?

 

クヌーデルでお腹を下す

 

ウィーンに行ったら食べてみたい、と思っていた伝統料理の一つに「グラーシュ」というものがありました。

 

グラーシュ

ハンガリー起源の料理で、

ハンガリーだとスープのようなサラサラの料理のようですが、ウィーンではどろっとした感じで

ビーフシチューに近い感じです。

 

私が頼んだのはビーフが入ったものでしたが、

味は濃いめではあるものの美味しいと感じました。

 

しかし問題は写真手前に写っている白い団子のようなものです。

 

これはクヌーデルというもので、

小麦粉や古くなったパンを団子状にして茹でたものらしく、ウィーンでは一般的に主食となるものらしいんですね。

 

しかしこれは本当に日本人の味覚には合わないと感じました。

 

そもそも古くなったパンをこねて茹でたってどういうことなの。

それもう廃棄物やん…w

 

最初はマッシュポテトのようなものを想像していたのですが、

ナイフを入れてみるとニャクニャク、っとした感触で「!?」となりました。

 

さらに食べてみると、若干ハーブのようなものが入っていて、味は小麦粉100パーセント。

もう本当にしんどかったのと、身の危険を感じたので半分も食べずに残しました。

 

入っていたビーフも少し脂身が多く、いわゆる「保存食」という感じ。

 

そもそもウィーンのお料理自体が保存食文化があったようですし、寒い地域だから味が濃いの当たり前で

なかなか日本人にはきついものがありますね。

 

このクヌーデルを食べてから見事に胃腸にきて、

お腹は痛くなるし、くだすし、で結局この後はあまり料理を食べられなくなってしまいました。

 

冒険だと思って食べてみるのはいいかもしれませんが

「美味しいのだろうな!」と思って食べるのはおすすめしません。

 

無理だと感じたら早めに「残す」という選択肢をとる勇気を出しましょう。

 

途中でやめたのに吐き気したもんな…

関連記事:歴史と壮麗のウィーン「ホテル・ザッハー」に泊まってみたらあまりにも豪華だった話。

 

ウィーンの水事情

 

ウィーンは世界で15カ国だけ、と言われている数少ない「水道水が飲める国」です。

 

アルプスの湧き水をそのまま首都の方へ引っ張ってきているため

水道水も飲むことができるんですね。

 

ただ、ウィーンの水は日本の水と違って硬水です。

 

日本の水は軟水。

軟水に比べると硬水はマグネシウムとカルシウムが多く含まれているため、胃腸に負担がかかりやすくなってしまいます。

 

腹痛や下痢の症状が出ることもあるので、

ウィーンへ旅行に行く際はお腹の調子を整える薬を持って行った方が良いでしょう。

 

 

今回は実際に行ってみてわかったウィーンの料理についてお話ししてみました。

 

ヨーロッパへ旅に行くならウィーンはぜひおすすめしたいです。

治安も良いですし、まずい料理もありますが、美味しい料理もあります。

 

特にチーズは種類が豊富で美味しかったです。

ウィーンへのツアーもぜひ調べてみてください。

関連記事:ウィーンの生活に根付く「レイドバック(laidback)」の意味を知れば楽に生きられる。

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。