海外旅行

ベネチアで両替するならここしかない!手数料のかからない両替所!

海外に行った時に困るのが両替場所じゃないでしょうか。

私も為替レートの計算がいつもごちゃついて結構わちゃわちゃしています笑

ベネチア旅行に行った時にとっておきの両替所を見つけたので紹介していきます!

サンマルコ広場近くの両替所は手数料がかからない!

ベネチアでも一番の観光名所といえばサンマルコ広場でしょう。

サンマルコ広場はやっぱり観光名所なので、この近くはぼったくりの店が多いです笑(今はGoogleMapを使えばある程度ぼったくりのお店を回避することはできますが)

ちなみに動画にもしています。笑

両替所も例に漏れず、結構手数料20%の両替所が多くて「マジか!ww」ってなります笑

だって10,000円替えたら手数料で2,000円とられるんですよ?ばからしくないですか?笑

そんな危険なサンマルコ広場ですが

実は手数料のかからないめちゃくちゃいい両替所があります!

グーグルマップ場では表記がないのですが、

この地図のディオールの向かい、コッレール博物館の建物に手数料のかからない両替所があります。

こんな感じの外観で

このディオールの向かいです。

ちなみにこの奥はシャネルやフェラガモなどの高級ブランド店が立ち並ぶ路地になっているので

歩いて回るのも楽しいかもしれません!

この両替所では手数料がかからず、1万円を70ユーロに替えてくれました(2018年12月時点)

1ユーロ142円くらいの計算なので多少損してる気もしますが、それでも手数料がかからないなら全然いいです。

ちなみに同じ日に手数料が20%とられるぼったくり両替所で1万円を両替したら51ユーロにしかなりませんでした…ツラァ!!!

両替するのにめちゃくちゃ手数料とってくるやん!!!

しかもね、別にみんな愛想いいし、なんなら他の国に比べたらいい人多いのがイタリアなんですよ。

ニコニコして親切にしてきてぼったくってくる。

こわい。

関連記事:【オーストリア】Wiseは留学やワーホリで最強の金融サービスである

ドルとユーロは日本で両替がお得

ちなみにまだ出発前なのであれば、ドルやユーロは日本で両替していった方がお得なんだそうです。

私も帰国してきてから知った…笑

どういうカラクリなのか、というと…

基本的にどこの両替所も自国の通貨を一番高く買ってくれるものです。

つまり中国元を欲しがるのは中国、アメリカドルを欲しがるのはアメリカ、ということ。

そして、自国以外の通貨で欲しがられる通貨はアメリカドルとユーロ。(ドルもユーロも世界の基軸通貨ですよね)

つまり

アメリカではドル以外は欲しがられないので、現地でドルを両替すると損をするし

ユーロ圏でもユーロ以外は欲しがられないから、現地でユーロを両替すると損をする、ということ。

ということでユーロは実は日本で両替して行った方がいいんですよね…笑

後から知ってすごく後悔しました…

もうすでにベネチアに着いてしまっている方は上記で紹介した手数料のかからない両替所がおすすめですが

もしまだ日本にいるなら日本の金券ショップなどで両替するのが一番お得みたいです。

ツラァ!

ちなみにヨーロッパ圏の旅行なら、1日1万円くらいで予算を考えておくといいですよ〜

私もベネチアは5泊でしたが、お土産も結構買った上で、使ったのは5万円ちょっとくらいでした。

関連記事:海外旅行にツアーで行くメリットもあるけどしんどい事が多い。

両替所の調べ方

ちなみに最寄りの両替所を調べるなら、グーグルマップで現在地をONにして「exchange」と入れて調べると両替所が出てきます。

たまに潰れていたりしてあまり正確ではないので、なんこか密集しているところに向かって歩いた方がいいと思います笑

こういう時にグーグルマップは必須なのでwi-fiを契約したり、e-simなんかをいれたりしておくとウェブが使えて便利です。

カフェのWi-Fiなんかも使えるところはありますが、ヨーロッパの場合だとWi-Fiがあるカフェばかりではありません。私の経験上。

e-simなんかに対応していない人は空港で物理simを買えたりもするので

ベネチア旅行の際はぜひ〜

関連記事:サンジョルジョマッジョーレ教会に行ってきたジョ。

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。