ブロガー「水瀬まりも」とは?
旅とあそび

入間航空祭に行ったら予想以上にすごかった件【2018年】

入間の航空祭に行って来ました。航空祭ってみなさんご存知でしょうか。

私はね、全く知らなかったんですよ。そもそも日本にどれだけの基地があるのか?も知りませんでしたからね。

でも、ドラマの「空飛ぶ広報室」を見てから好きになってしまったのです。綾野剛と新垣結衣が出てた番組ですよ。

平和な世の中であって欲しいけど、そことは関係なく、単純に「戦闘機」というものがすごいな、と思った。

2018年の入間基地、入間航空祭について書いてみるよ!

入間航空祭は超人気のイベントだった

私ね、正直入間航空祭をナメていたんですよ。「航空祭なんて行っても、まあみんなブルーインパルスを見たい、くらいな感じで人も少ないでしょ?」なんて思っていた。

でも違ったんですよね。

私は西武池袋線の「稲荷山公園駅」で降りたのですが、降りた瞬間から人がたくさんいました。

いやあ、どんだけいるのよ……。

入間航空祭のために集まった人は何と「20万人」程度。例年これくらいですからね。そりゃこれだけ混むよね……。

入間航空祭なんて聞いたこともなかったし、百里基地とかさ、そういうところでやっているのかと思ったら、入間だもんね。

入間と言えば「アウトレット」くらいしか知らなかったよ……。

まあそんなこんなで、パンフレットを持って出発です。着いた時間は12時40分だったので、結構ギリギリでした。

え?何に?

13時05分からのブルーインパルスですよ。入間の航空祭には「ブルーインパルス」を見るために来ましたからね。

来ました。結構先頭の方まで歩いてきましたよ。ブルーインパルスが目の前にいるじゃないですか……。

ツイッターを見て欲しいんだけど、これ結構音がすごいんですよね。

関連記事:柴又を観光してみたら、東京下町の原点を見たような気がした。

ブルーインパルスの曲芸飛行が凄かった

ブルーインパルスの演技が始まったんですけどね。すごかった……。もうね、これ以外の言葉が見つからないよ……。

ブルーインパルスに乗れるのは、一握り。全国のパイロットから選ばれた精鋭たちが乗っているのです。

煙を出しながら飛行していきます。

5つのブルーインパルスが急上昇していきます……。すごい……。耳はどうなっているの……。鼓膜が破れそう……。

近距離で飛行したりもするんですよね。入間航空祭に毎年来るような人たちには珍しいものではないのかもしれないけど、私はこれに感動したよ……。

急上昇してからクロスして下がったりね。どうなっているんだ。

でね、入間航空祭の目玉と言えば、やはり「ハートマークになる煙」だと思う。ほら、空飛ぶ広報室でもあったじゃないですか……。

これに関しては少しだけ残念。1機はうまくいったのですが、もう1つの機体の方が失敗してしまったんですよね。

入間航空祭ではこれを楽しみにしていたので残念だったのですが、でもね、他の演技もすごかったから全然OK!

ちなみね、旅客機と違って、戦闘機は逆噴射装置がないんですよね。空気抵抗で止まるって不思議です……。

戻って来る時も、敵襲に備えてストレートインではなく、オーバーヘッドアプローチ……。格好良い……。

関連記事:バトゥ洞窟は危険だけど、おすすめスポット。

他の展示物も見てみた

他の展示物もあったんですよね。これは何だっけな……。

監視装置(SM)」という言葉が男子校出身の私には気になってしまう。

こんな感じで中にも入れるんですよね。入間航空祭と言えば「ブルーインパルス」とか「C1」とかね。

そういう戦闘機を「ただ見るだけ」だと思っていました。でも、違ったんですよ。

 

こんな感じでね、シャワー室とかも見られるので面白いんですよ。

戦闘機って近くで見ると大きいんですね。入間航空祭に行くまでは知らなかったんですよ。

 

入間航空祭向けの観光ツアーとかもあったので、地方に住んでいる人もバスとかで行けるからおすすめです。

 

入間航空祭、来年も行きたいな、と思う。

関連記事:豪華すぎる「エミレーツ航空のビジネスクラス」に乗ってみた。

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ
よく読まれている記事