ブロガー「水瀬まりも」とは?
旅とあそび

コンラッド東京のチャイナブルーでディナーしたら帰りたくなくなった。

新橋や銀座から徒歩圏内にあり、

東京湾や浜離宮の絶景を望むことができるコンラッド東京。

 

今回はこちらのチャイナブルー(CHINA BLUE)でディナーをしてみました!

おしゃれで大人な空間で楽しむディナー…食べ終わる頃にはもう帰りたくなくなってましたよね笑

 

天井が高く落ち着いた大人の空間

 

コンラッド東京はいうまでもなくもう入り口からおしゃれなのですが、

チャイナブルーはいくつかレストランがある中でも天井がとても高くて高級感があって、「ザ・大人の空間」という感じでした。

こんな表現だと全然大人な感じじゃなくなってしまうのが悔しい…語彙力…笑

 

銀座が近いからなのか、宿泊客なのでしょう、チャイナブルーに食事をしにきている人は外国人の方が多く

とても国際色豊かな雰囲気でした。

 

そして窓際の席から見えるこの絶景ですよ。

東京湾が見えるので、お台場のレインボーブリッジなんかも綺麗に見えますね。

 

素敵な空間なので、おもてなしや接待のために利用するのも良いお店なのではないでしょうか。

 

大きなワインセラーもお店の奥にあって、本当に素敵です。

関連記事:ヘイフンテラスでディナーをしてみました。

 

お腹いいっぱいの大満足メニュー

 

今回いただいたメニューがこちら。

順番に紹介していきたいと思います!

先付けはしっかり味のついた牛肉の煮こごり

 

あれだけたっぷりメニューのコースなのに、なんとメニュー表に載っていなかった先付けが最初に出てきました!

 

牛すじだったかな…煮こごりなんですけど、しっかりお肉がごろごろ入っていて

少し固めですが、噛めば噛むほど味が染み出す感じですごく美味しかったです。

 

クレープ料理

 

メニュー表に「クレープ料理」とあったので、原宿の甘いクレープしかイメージできない貧困な発想力の私だったわけですが笑

なんだかおしゃれなクレープ料理が運ばれてきました…

 

お皿かと思ったら下に敷いてある黒いスクエア型のものがクレープだったんですね!

黒ごまを練りこんであるそうでこれをまきまきして食べます。

 

お肉のしたに実は湯葉も隠れていて、これがクレープで巻いて食べると黒ごまの風味とお肉の味と湯葉のシャクシャクがマッチしてとても美味しいんですよ!

初めてのお料理でしたがこれは永遠に食べていたいと思いましたね…

 

すごく好きな味でした。

浮き袋入りスープ

こちらはカニとお魚が入っているとろみのあるスープなのですが

中に「魚の浮き袋」が入っているのが一番の特徴です。

 

中国では結構メジャーな乾物なのだそうで、食感は少し固めの油揚げ、という感じですね。

これがスープとよく絡んでいて美味しかったです。

 

中国ってこういう珍しい食材がいっぱいありますよね〜

いつも発見があって楽しいです。

 

このスープ結構ボリューミーで、まだまだコースは続くのに結構ここらへんでお腹が膨れてきました笑

 

鶏肉の揚げ物

 

これは油淋鶏みたいな感じなんですけど、

ソースはオレンジのソースで、なんだか不思議な味わい、初めて食べる味でした。

 

オレンジのソースなので甘いには甘いのですが

デザートっぽくなりすぎず、噛めば噛むほどお肉の味がしっかりと出てきて、初めての感覚ですがとても美味しかったです。

 

煮込みそば

 

 

こちらは最後のお料理、煮込みそば。

かなりボリューミーなコースですが、最後の煮込みそばまでしっかりとボリュームあります。

 

玉子麺という変わった麺で、

普通の麺より甘みがあり、もちっとした食感でした。

これはお腹にたまるー!笑

 

デザート

デザートも豪華!

 

右手のは確かパッションフルーツのジュースだったと思います。

ジュースまでついてくるデザート…すごい。

 

マンゴープリンがメインのデザートで、口直しに揚げ菓子がついていました。

 

これでコースは全て終了!

最初から最後までおしゃれで、とてもボリューミーな大満足のコースでした。

関連記事:麻布「幸村」さんでディナーをいただきました。

 

たまにご褒美として行ってみるのがおすすめ

 

ディナーとなるとやはりチャイナブルーは1万円代〜になってしまうので豪華なディナーですが

たまにご褒美としてこういうディナーに行ってみるのも良いのではないでしょうか。

 

外国の方が多かったのもあってか、なんだかちょっとした海外旅行をしたような気分になりましたね笑

 

窓に対して正面になるソファ席もあったので、カップルで訪れる際はソファ席もおすすめです。

 

天井も高くて東京湾も一望できるので本当に上質な空間、という感じで

コースを食べる頃にはもう帰りたくなくなってしまいましたね笑

 

一休.comで予約すると時期によってはかなり割引価格で予約できるコースもあるので調べてみてください。

関連記事:琥珀宮でランチをしてみた。

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。
よく読まれている記事