海外旅行

ハワイでシュノーケリングしたらカメに会えた!

先日ハワイに行ってシュノーケリングをしてきました!

まんぼう

やっぱりビーチと言えばハワイですよね〜

ワイキキビーチはシュノーケリング初心者に向いているビーチだと思います。

ワイキキビーチの様子

運が良ければカメに出会うこともできます。

結構な浅瀬に突然カメが現れて、さらに私はその日が初シュノーケリングの日だったので本当にびっくりしました。

ワイキキのビーチは結構浅い!

ワイキキビーチは浜から結構遠く見えるところでもかなり浅く、足がつく場所が広いです。

なので家族連れで行っても十分シュノーケリングや遊泳を楽しむことができるでしょう。

まんぼう

ちなみに、第二次世界大戦中は「日本軍上陸」の可能性があったので、ビーチには有刺鉄線がはられ、遊泳不可になっていました!

綺麗で素敵なワイキキビーチにも暗い歴史があるんですね…。

この日はちょっとだけ天気が悪いんですけどね。笑

ビーチの砂も「北部のノースショア」等から運び込まれた砂(つまり人工の浜)

私自身あまり泳ぎが得意なほうではないので足がつかないところに行くととても不安です。

足がつく場所でもシュノーケリングは楽しむことができるし魚もたくさん見ることができるので、安心してハワイの海を楽しむことができます。

関連記事:ハワイのビーチに行く時の持ち物は?必要最低限で出かけよう!

シュノーケルスポット

ワイキキビーチはかなり広いです。

ワイキキビーチの周りに、シェラトン、ヒルトン、ハイアットリージェンシー等の大型ホテルがいくつもあることからも規模の大きさがうかがえます。

ちなみに今回は、ハイアットリージェンシーというホテル(→ハワイのハイアットリージェンシーに泊まってみたけど最高だった!)に滞在しました。

ハイアットリージェンシーの朝食です♡

ただビーチ内でも

  • サーファーの人が多い場所
  • 子供が遊ぶのに適している場所
  • ボディボードやシュノーケルを楽しむことができる場所

に分かれています。

シュノーケルスポットは地図で言うここら辺。

ワイキキビーチのシュノーケルスポット

近くにボディボードやサーフボードを借りることができる場所もあるので、ボディボードも借りてみましたが

泳げる人の場合はボディボードがなくても波に乗ってグンと進むことができます。

シュノーケルスポットは足元が岩場になっていて、浅いところと深いところが入り混じっています。

あまり沖の方に行かなければ足がつかないということはないと思います。

関連記事:ハワイのハイアットリージェンシーに泊まってみたけど最高だった!

カメがいた!

シュノーケルスポット泳いでる時に潜ったら人くらいの大きな影があってものすごくびっくりしたんですがカメがいました!

ハワイのワイキキビーチのカメ
人だと思ったらカメさんでした笑

ゆっくり近づいて行ったのですが特に逃げることもなく、岩場を突いて何か食べている感じでした。

ガイドブックには「カメには触らないようにしましょう」と書いてあったので近づきすぎないように気をつけましたが

何にせよ相手が逃げないので、どこまで近づいていいのかこちらが心配になるくらいです笑

まんぼう

頭の中で「Under the sea(リトルマーメイド)」が流れたのは言うまでもありません

かなりの浅瀬でもカメを見ることができてしかも一緒に泳ぐことができるなんて思っていなかったのでとてもびっくりしました。

カメと一緒に泳ぐ、というのはなかなかできない体験だと思いますので

シュノーケルする際にはカメを探してみると面白いかもしれませんね。

私は滞在中3回ハワイのワイキキビーチのシュノーケルスポットでシュノーケリングしていましたが

カメに会えたのは一回だけでした。

会えたらラッキーだと思います。

関連記事:ハワイ旅行の際は絶対にWi-Fiを持って行った方が良い理由

岩場ではマリンシューズ必須

ちなみにシュノーケルスポットの足場は岩場なので、裸足で歩いていると足の裏を絶対に切ります。

せっかくシュノーケリングを楽しんでいるのに途中で怪我をして歩けなくなってしまってはもったいないので

マリンシューズは用意していた方がいいでしょう。

ここらへんの価格帯のもので十分です。(どうせ壊れますから)

マリングッズは現地でも調達することができますし日本とあまり値段は変わらないので必要であれば現地で購入するのもいいと思います。

ワイキキを歩いていると必ず一定間隔で見かけるABCストアという最強コンビニがあるのでそこでマリングッズを買うことができます。

ちなみにビールももちろん買えますよ(品名:SkinnyJeans→IPAなので苦味が強い)

私もシュノーケルグッズは現地で調達したのですがだいたい1500円前後だったので安いですよね。

ハワイの物価自体はとても高いですが。

関連記事:ハワイの物価高すぎ!旅行に行く際の予算はどれくらい?

子供と泳ぐなら防波堤のあるところで

ちなみに子供と泳ぐのであれば防波堤のあるところで泳ぐといいと思います。

ワイキキビーチ、家族で

防波堤が波を遮ってくれるので、ゆったりした波の中で泳ぐことができます。

防波堤のある部分では浮き輪を使って泳いでる人も多かったです。

まんぼう

水難事故だけは起こしたくありませんからね!防波堤のところが安全安心!

波は日によって違いますが、やはり防波堤がないところだと波が来る度に足がつかなくなったり

海にあまり慣れていないと怖いと感じることがあるかもしれませんので、この防波堤エリアは初心者にもおすすめです。

関連記事:ハワイ旅行の際は絶対にWi-Fiを持って行った方が良い理由

安全に気をつけてハワイの海を楽しんでください。

思い出の写真をいつもとは違うカメラでパシャリ

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。