旅とあそび

マカオのカジノにはもう2度と行かないと誓います。

カジノで有名なところと言えば、ラスベガスとマカオだと思いますが、私はどちらも経験がなかったんですよね。

私が行った事があるのはシンガポールにあるマリーナベイサンズのカジノだけで、マカオやラスベガスのカジノには行った事がなかったんですよね。

しかし、今回は香港からマカオまでカジノをするために行ってきたのです。ただ、ただですね、今回のマカオ、カジノの旅で「もう2度とマカオのカジノには行かない事」を誓ったのでした。

今回はその時の話を書いていこうと思います。

 

香港からマカオへフェリーで出発

 

今回は香港の九龍島にあるホテルに宿泊していました。マカオのカジノに行くためには、フェリーで行かなければいけないので、

船着場まで行ってからマカオへ移動するのですが、これがまた難しいなと思ったんですよね。マカオに行くためのフェリーっていくつかあったのですが、

 

今回はその中でも、「尖沙咀チャイナフェリーターミナル」という乗り場からマカオに向かいました。大繁華街である「尖沙咀駅」の近くにあるフェリーなので、

ここからがわかりやすいんじゃないかな?

フェリー乗り場

 

私の場合には、マカオの中でも、「行きたかった場所」とは違う場所に出てしまったので、

困ったのですが…

香港からフェリーに乗る時には、チケット売り場かチケットを売っているお兄さん(怪しいとは思いましたが、そこまで高く売りつける感じではないです)から買えば良いと思います。

そこから、フェリーに乗って1時間くらいですかね。指定席なのですが、チケット売り場で席が決まるのではなく、

チケットを切ってもらうところで席が決まるので、「隣同士で座りたい」と思っている人は、早めに乗り場手前まで行った方が良いですね。

フェリーの値段的には行きが「171香港ドル」で帰りは普通のクラスの席がなかったので、スーパークラスという豪華な席をとったので、「380香港ドル」という値段でした。

 

帰りはスーパークラスだったので、

フェリーの食事

 

こんな感じで「機内食」が出ました。

スーパークラスならではですね。380香港ドルはさすがに高いと思いますが…

関連記事:香港に行くときはトイレ事情に注意!汚い、少ない、紙がない!

 

マカオのカジノでのマナー

 

という事で、フェリーに乗り、

マカオのフェリー

カジノにつきました。

カジノ

 

どこのカジノでも、それぞれの場所にマナーというものが存在していると思いますがマカオも例外ではなくマナーが存在しているものなんですよね。

 

簡単に紹介していきたいと思います。

 

チップに替える時は机に置く

 

これはどこのカジノでも同じだと思うのですが、現金をチップに変える時に直接ディーラーさんにお金を渡してしまう人も多いと思いますが、

 

カジノではトラブルを避けるためにテーブルに自分が替えたいだけのお金を置くのがマナーになっているのです。

 

手渡しでチップに替えてしまうと、後から「俺は3万香港ドルを出したはずだぞ」と言われてしまったらディーラー側は困ってしまうんですよね。

 

だからこそチップに替える時は机に置くことが大切なのです。

 

ある程度きちんとした格好で行く

 

これも一般的なカジノと同じように考えた方が良いことだと思いますね。カジノという場所は意外ときちんとした場所で、

 

短パンやサンダルなどを禁止しているカジノはたくさん存在しているんですよね。

 

マカオのカジノに短パンやサンダルを禁止しているところがあるかどうかというところは全てのカジノに行ったわけではないのでわからないのですが、

 

ある程度きちんとした格好で行った方が良いと思います。

 

写真撮影は禁止です

 

これはマカオのカジノでも同じだと思いますが写真撮影は禁止されていることが多いと思います。

 

私はカジノリスボアというところに行ったのですがそこでも写真撮影は禁止されていました。

 

様々な人が世界から来ている場所ですので、写真撮影をされたくない人もいると思いますし、

宗教的な理由も少し絡んでいるのかなというのが私の意見です。

 

Instagram に載せたいという気持ちも分かりますし、写真を撮りたくなってしまうのは私も同じなのですが、

マカオのカジノでは写真撮影が禁止されていると思いますので、避けるべきでしょう。

関連記事:成田国際空港近辺のホテル「成田空港エアポートレストハウス」が快適過ぎた。

 

マカオのカジノの最低料金が高過ぎる

 

マカオのカジノに行くまではカジノの最低料金でそこまで高いものではないと思っていたんですよね。

 

シンガポールのマリーナベイサンズにあるカジノとかでもそこまで高い値段の設定ではありませんでしたし、

 

マカオのカジノも同じようなものだろうと思っていたんですよね。しかしマカオのカジノというものは最低料金がとても高かったのです。

 

私がやったのはシックボーと言われるものでディーラーさんが三つのサイコロを同時に振り、

 

目の組み合わせを予想するというものなんですよね。私は三つのサイコロの和が 大きいのか少ないのか?

 

ということを予想するようなものに賭けたのですが、このゲームの最低料金が300香港ドルからだったのです。

 

日本円だとだいたい4500円くらいからですね。私の場合は2回ほどかけたのですが、どちらも当たらず、

 

一瞬で1万円ほどを失ってしまったのです。マカオのカジノの最低料金が高いことは知りませんでしたから、

 

「ミニマムベッドが安い所ってありますか?」とディーラーの人に聞いたのですが、「ここが一番安いテーブルになります」と言われてしまったのです。

 

マカオにはカジノだけではなく、「歴史的建造物」があり、街の雰囲気も非常に面白いので、マカオのカジノで大金をスってしまった時には、

 

マカオの街

 

こっちに行きましょう。

マカオノデザート

もう、お店の名前とかも覚えていないような小さなお店だったのですが、ここが意外と美味しかったんですよね……。

カジノなんてしても、お金が消えていくだけですから。もっと観光とか、グルメとか、そういうことにお金を使った方が良いよ……。

関連記事:「英語を話せるようになりたい」という気持ちはとても大切だと旅行ジャンキーは思う。

 

マカオのカジノに来ている人の金銭感覚はおかしい

 

日本にマカオのようなカジノがないからこそ、私のような日本人がマカオのカジノが高いと思ってしまうという部分もあると思いますが、

 

基本的にはマカオのカジノでかけている人の金銭感覚は日本人とは大きくかけ離れていると思った方が良いのです。

マカオという街がどうかしているんですよね……。

 

私の周りにいた人の中では、6万円程度のチップをバンバン使っている人もいましたし、誰もが多くのお金をチップに替え、投資していることがとても多かったのです。

 

日本人の感覚的には、パチンコとかパチスロ、競馬などから相場を考えることが多くなってしまうと思いますが、

 

そういったところに来ている人たちとの金銭感覚はマカオの人たちのそれとは全く違うので気をつけた方が良いのではないかと思います。

 

私もマカオのカジノで大金を稼ごうとは思っていませんでしたので、

 

少額の投資になりましたが、

 

海外で金銭感覚がおかしくなってしまっている人とかだと、日本人でも多くのお金を使ってしまいかねないと思うので気をつけた方が良いですね。

 

私はもうマカオでカジノはしません…

損をしたのに「スーパークラス」しかなかったからね。高い席で帰るぞ!うん……。

関連記事:『イモトのWi-Fi』を実際に使ってみた。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。