旅とあそび

シンガポールで英語はどれくらい通じる?喋れなくて全然OK!

旅行に行くときに気になるのが「現地でどれくらい英語は通じるのか」ということではないでしょうか?

 

むしろ、英語が話せなくても大丈夫かどうか、ということかもしれません笑

シンガポール

結論から言うと、シンガポールは英語が結構通じる国ですが、

英語が話せなくてもそこまで困ることはありません。

 

むしろ英語があまり得意ではない人にこそ、シンガポールをオススメしたいくらいです。

 

シンガポールの公用語

 

シンガポールには実は公用語が4つもあります。

 

  • マレー語
  • 中国語
  • タミル語
  • 英語

これがシンガポールの公用語なんですね。

 

テレビをつけても英語のチャンネルがあったり、中国語のチャンネルがあったり

日本と大きく違ってびっくりしました。

 

日本のテレビは、基本的に日本語の番組しかやってないですもんね。

 

民族の割合としては一番多いのは中華系の民族です。

ただ、多民族国家のシンガポールは、それぞれの民族の伝統を大切にする風潮があり、

どの民族の言語も平等に公用語として認められているんですね。

 

シンガポールの「みんな違ってみんないい」という雰囲気は、むしろここから出来上がっていると言っても過言ではないかもしれません。

関連記事:シンガポールの治安は夜遅くまで遊べるほどいい!

 

みんな英語できないけど頑張ってる

 

実は先ほども書いたように、

シンガポールに住む人たちは中華系の民族の人が多いです。

 

なので、みんな英語が母国語、というわけではありません。

 

外国人観光客がとても多いので、英語は多くの人が喋れるようですが、

それでもみんな「拙いながらも頑張って英語を喋っている」という感じ。

 

「シングリッシュ」なんて言葉が生まれるほど、

みんな英語の発音もよくないし、文法もめちゃくちゃで喋ってくる人が多いです。

 

でもだからこそ、英語が苦手な日本人向けの土地だと思うんですよね。

 

お互いに英語が苦手同士だから、頑張って伝えあおうとすることができる

相手のつたない英語でも、それが気にならないんです。

 

日本人は「相手にどう思われるか」ということをとても気にする人が多いので

そういう意味でも、相手も英語が不得意であれば、話しやすいと感じる人が多いのではないでしょうか。

 

日常会話に必要な英単語の数は1000語だと言われています。

日本人であれば中学英語で習得できてしまう単語数です。

 

つまり、それくらいのレベルで全然大丈夫、ということ。

 

英語が苦手なら、なおさらシンガポールがおすすめです。

関連記事:英語が話せないけど海外旅行に行きたいならシンガポールがおすすめ

 

最悪、日本語でも大丈夫

 

海外に行ってよく感じることなんですが、

最悪、日本語でもどうにかなります笑

 

言葉って確かに意思疎通をするのに重要なツールだけど、でも人と相対して喋るのであれば、

身振り手振りでも十分に言いたいことを伝えられるものです。

 

まぁ最終的にはグーグル翻訳もありますしね笑

 

なので、英語が喋れなくても海外って楽しめるものなんですよ。

 

特にシンガポールは、それぞれの民族を尊重してくれるような風潮があるので

英語が話せなくても観光しやすい国だと思います。

関連記事:「英語を話せるようになりたい」という気持ちはとても大切だと旅行ジャンキーは思う。

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。
よく読まれている記事