恋愛と私

婚活において、結婚の決め手になるのはどんなこと?

婚活において結婚を決めるかどうか、ということを判断する時の決め手になることってどんなことでしょうか?

婚活をしれば、色々なタイプの人に会うじゃない?

婚活でいろんな人と出会って、結婚を前提に人を見ることによって、

普通に出会ったら付き合わないだろうなぁと感じるような人ともお付き合いをする場合が多々あると思います。

 

そういう機会がたくさんあると、自分の恋愛観や結婚観がよくわからなくなってくる、

何を決め手に結婚したらいいのか、という迷いが生じるのが普通だと思うんです。

「ああ、もう婚活なんてどうでも良いや」と思い始めた人もいるはず……。

 

婚活でなかなか結婚をする決め手がわかならい、という人へ、

今回は結婚の決め手になることがどんなことなのか、ということをお話してみたいと思います。

 

相手の嫌いなところを考える

 

まずは婚活で出会った結婚するかもしれない相手の嫌いなところを考えてみましょう。

 

婚活において、結婚する決め手を考える時に、相手のいいところを考えていてはダメです。

それではやっぱりイマイチ踏ん切りがつかない、ということ婚活においては多々あるんですね。

 

相手のダメなところ、嫌だなと思うところを考えた時にそれを全て許せるでしょうか?

もっと言えば、嫌いだと思うところを持っている相手と同居することができるでしょうか?

一生付き合っていくことができるでしょうか?婚活の決め手は「相手の嫌いなところ」でもあるのです。

 

もしどうしても嫌だと思うことが相手にあるのだとしたら、それを相手に話すことができるでしょうか?

 

実はこれが一番大切なことで、結婚をする前に、相手の嫌なところは直してもらうか、自分が我慢するか、ということを決めておくべきなんですね。

 

そして問題を解決するにあたって話し合いがちゃんとできるのか、ということが夫婦としてとても大切なことです。

結婚する前には「あの人はここが良い」と良いところをたくさん見つけてしまうもの。背が高いとか、優しいとか。

 

でも、婚活の決め手は「相手の嫌いなところ」だったりするのです。そこが折り合えない相手とは結婚してもうまくいかないのですよ。

関連記事:理想的な夫婦になろうとするから離婚するのです。

 

自分のダメなところを見せられるか

 

次に自分のダメなところをどれほど相手に見せられるかということを考えてみてください。

これが婚活で知り合った人と結婚する決め手になった、という人は結構います。

 

相手に自分の本当にダメなところをきちんと見せられることこそが、結婚してもずっと一緒にいられる証拠になると思います。

 

  • 化粧をとっても気にならない
  • 家事もしたくないし、しない
  • 掃除も苦手

 

そんなことも相手に見せることができるでしょうか?私だったら「だらしない自分」を受けいれてくれる人じゃないと結婚できないかな……。

 

婚活はしてる最中はどうしても相手に対して見栄をはっているところがあると思うんです。

 

でもお付き合いの中で、それを脱ぎ捨てて、本当の自分を徐々に見せることができるようになってきたら

それが結婚の決め手にもなる、ということもあります。

 

一緒にいて頑張る必要がない人なら、結婚したあとも、我慢したり、自分のキャパを超えて頑張ろうとしなくても大丈夫な相手でしょう。

 

婚活の決め手として「自分のダメなところを見せられるのか?」という点は考えた方が良いと思う。

関連記事:結婚相手を見極める時のチェックポイント7

 

父親としてどうか

 

婚活をしていて、結婚する決め手がいまいちわからない、という人は結婚するかもしれないお相手が男性としてではなく父親としてどうか、ということをぜひ考えてみてください。

 

男性としてその人を見るのか、父親としてその人を見るのか、というのはかなり違う視点になると思います。

 

婚活で結婚して、その後に二人の間に子供を設ける予定があってもなくても、この視点を持つことはとても重要です。

 

というのも、女性は特に「付き合いたい人」と「結婚したい人」の条件にギャップがあって、

男性として人を見るのか、家族として人を見るのか、という視点にものすごくズレがあるんですね。

 

なので、子供ができたときにいい父親になってくれそうか、という視点を持つことが大切で、

やはりいい父親というイメージというのは尊敬できる人間のイメージと近いと思うんです。

 

頼り甲斐があって、きちんと人を導いてくれるのがいい父親だと思うんですね。

そういう理想に合っているかどうか、というのを結婚の決め手にしてみてもいいと思うんです。

 

まあ、実際には女性の方が頼りがちがある強い人物の場合が多い。でも、男性にもやっぱり頼りがいを求めてしまうのです……。

関連記事:結婚したいけどできない人の特徴を徹底解説!

 

匂いが嫌いではないか

 

これは遺伝的に相手のことが好きかどうかをチェックするポイントです。

 

その人の体臭が嫌いだったら結婚するのは危険かもしれません。

その人の体臭が好きであれば、遺伝的、本能的にその人は好きな人です。

 

というのも、匂いにはその人のフェロモンが含まれており、本能的に遺伝子配列が近い人の匂いは嫌な匂いに、

そして遺伝子配列が遠い人は好きな匂いに感じるようにできています。

 

これは生物多様性の観点からのお話で、

人間を含め、動物は自分とは遺伝的に遠い個体と結ばれるように仕組まれているんです。

 

全ての個体がより自分とは異なる遺伝子配列の個体と繁殖することによって、第二世代はより多様な子孫が生まれますよね。

それは種を絶滅させないための生物の知恵なのです。

 

いろんな種類の個体が生まれれば、それだけ一つの問題で死んでしまう個体を減らすことができます。

 

大規模な疫病が流行ったとしても、いろんなタイプの人がいれば人間という種が生き残る可能性が高くなる、ということです。

 

だからこそ、匂いという本能的なもので、自分と相性のいい相手を判別できるようになっているんです。

 

いよいよ混乱してきて決め手がわからない、という人は

相手の体臭を決め手にしてみても、それは動物的観点から言えば間違いではないんですよ。

関連記事:いい匂いの人は本能的に好きな人。

 

結婚したら変わる、はダメ

 

結婚したら相手が変わる、と思っている人が多いですが、その考えは今すぐ止めましょう。

 

結婚してから最初のうちは確かに楽しいと思います。

今まで付き合っていた時と比べたら格段に一緒にいる時間が長くなりますし

お互いにウキウキする気持ちがあるでしょう。

 

しかしやることはもっともっと増えます。

一人で暮らしていた時より洗濯物も洗い物も2倍になるんです。

 

相手の悪いところだってもっと見えるようになってくるでしょう。

 

だから、結婚したら相手が変わってくれるはず、という考え方はやめましょう。

 

もしそういう相手なら、結婚の決め手を探すよりも

婚活を続けてもっと違うお相手を探した方がいいと思います。

 

自分が本当に理想とする相手と結婚できる確率を調べることができる結婚チャンステストを使ってみてもいいかもしれません。

 

決め手を考えることも大切ですが、婚活で妥協してしまうのは良くないでしょう。

 

ずっと一緒に過ごす相手を探すのですから。

関連記事:結婚できるか診断したいなら結婚チャンステストをおすすめする理由。

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。