ブロガー「水瀬まりも」とは?
プログラミング

アプリの作り方を学べば、何でも具現化できる時代。

アプリの作り方について知りたいという学生の人って最近はとても多いように思うんですよね。アプリを作りたいけど、

 

何をすれば良いのですか?そんな質問をする人が増えてきているように思うわけです。でも、今ってアプリの作り方を学べば、

 

誰でも、自分のアイデアを具現化できるような時代だと思うんですよね。今までは、「これを作りたい」と思っても、

 

学生だと、資金が足りなかったり、サラリーマンだと勇気が出ないからこそ、できなかったものだったと思うんですよね。

 

しかし、時代は変わり、アプリの作り方を学べば、自分のアイデアを形にする事ができるような時代になってきたと思うのです。

 

 

結局は基礎を知っているという事が強み

 

 

これはアプリの作り方を考える時に大切な事だとおもんですよね。確かに、今は様々なプラグインやライブラリが存在しますし、

 

APIだって多種多様なんですよね。だからこそ、アプリの開発やウェブサービスの開発って昔よりも全然楽になってきているように思います。

 

昔だと、ほとんど機械語のようなプログラムを自分で書いて運用していたという事ですから、今は昔と比べると、

開発が本当に楽になったと思うのです。

 

ただ、アプリの作り方を学ぶ時においては、基礎的な事を仕組みを理解している事がだんだんと大切になってくると思うんですよね。

 

アプリの作り方を学ぶ時には、省略された形でプログラミングの作り方を学ぶと思うんですよね。確かに、最短でサービスを提供したいという意向を実現する事ができるという点では、

 

非常に優れているし、良いと思うのですが、何かあった時にはわからなくなってしまう事があると思うんですよね。

 

機械語に近いものを勉強した方が良いという事ではありませんが、知識としてどんな風にしてプログラミングは動いているのか?

 

サーバーの仕組みはどうなっているのか?VPSとはオンプレミスとは?そんな基礎知識もプログラミングを学ぶ段階では学んでいった方が良いと思うんですよね。

 

それが最終的には強みにもなってくると思います。プログラミングの根本を理解しているという人ってだんだんと少なくなっていってしまうものですしね。

関連記事:オンラインでプログラミングを学ぶメリット

 

 

作りたいと思ったらまずは作る事が大切

 

 

これは思う事なんですよね。

 

アプリの作り方を学ぶ時には、確かに本を読む事だって大切なんですけど、結局は作ってしまった方が早いですよね。

 

プログラミングの作り方を学ぶ時って「あれ?これって理解はしたけど、実際どんな風に使うの?」と思ってしまう事があるんですよね。

 

いや、そういった人がほとんどでしょう。だからこそ、私はプログラミングの作り方を学ぶ時には、まずは作ってみるのが早いと思うんですよね。

 

プログラミングの初心者だと、「どうやって作っていいかもわからないのに、どうやって作るのか?」と疑問に思うはずなんですよね。

 

ただ、作り始めるとわかる事ってたくさんあるんですよね。アプリの作り方をそこまで知らなくても、今はウェブで調べれば、

 

たくさんの方法が出てくるわけなんですよね。だからこそ、別にそこまで理解していなくとも、プログラミングってだんだんと書けるようになってくるんですよね。

 

「何をしたいのか?」さえはっきりしていれば、プログラミングをアプリの作り方の基礎さえわかっていれば作れるようになるんですよね。

 

 

実はこれが一番の近道だったりするんですよね。実践的な事をした方が、人って身につくものなのです。座学でいくら学んでも、

 

最初に作り始めた人の学習スピードに勝つ事ってなかなかできないわけなんですよね。だからこそ、アプリの作り方を学ぶ時には、

 

作り始めてしまった方が良いのです。簡単なものからでもやってみてください。

関連記事:プログラミングは独学かスクールか?

 

 

 

アプリが作れるだけで変わって行く

 

 

これは思う事なんですよね。今ってアプリの作り方を学ぶ事によって、様々なアプリを作る事ができるわけなんですよね。

 

家計簿アプリを作っても良いだろうし、メモ帳でも良いでしょう。Uberのようなアプリを作っても良いわけなんですよね。

 

アプリの作り方を学習する事ができ、それをある程度体得する事ができれば、何でも作る事ができるのです。

 

最近だと、テックアカデミー を代表とするプログラミングのオンラインスクールを活用すれば、アプリの作り方を学ぶ事だってできるわけなんですよね。

 

昔ならスクールに通う交通費や時間も必要だったのですが、今はそんな事もなくなってきていて、アプリの作り方を学びたいと思ったら、

 

オンラインでアプリの作り方を学習する事ができるようになっているのです。こういったところを使って、アプリを作ってみるのも良いと思うんですよね。

 

そこまで長い期間をかけなくとも、やる気があれば、作れるようになりますしわからない事があれば、知恵袋のプログラミング版teratail を使う事だってできますしね。

 

 

という事で、今回はアプリの作り方とアイデアの具現化について書いてみました。

関連記事:プログラミング初心者がやるべき事

よく読まれている記事
関連記事だよ