恋愛と私

婚活デートが割り勘でもいいじゃない。

婚活におけるみんなが気になるところ、

それは婚活デートにおいて食事代やデート代は割り勘か、それとも男性側が持つのか、ということだと思います。

 

婚活も無料でできるものではないですし

男性も女性も同じように自分の身なりに気を遣うのにお金がかかるでしょう。

 

今回は女性目線で、婚活デートを割り勘にするべきか、それとも男性が奢るべきか、ということについてお話してみたいと思います。

 

デートは割り勘の方がいい

 

奢られたいという女性は確かに多いですが、婚活ってそもそも結婚を前提に活動しているものですよね。

 

もし男性側がデートは割り勘にしたい、と考えているなら、

婚活デートにおいてもその考えをきちんと通した方が良いと思います。

 

というのも、お付き合いの延長上に結婚があるわけですから、

一度相手に奢ってしまうとそこからデート代を割り勘に戻すのって難しいと思うんですね。

 

女性の中には「最初くらい奢ってくれてもいいのに割り勘にされた」というようなことを言う人がいますが、

そういう女性はそもそも最初だけでなくずっと奢って欲しいと思っている女性です。

 

せっかく婚活をしていてたくさんの人とデートする機会もあるわけですから、

根本的にそこの考え方が合わないような人は一度きりのデートで終わってしまって良いと思います。

 

割り勘にすることによって、お互いが対等な立場でいることができますから

ずっとお互いを尊重し合っていけるような関係が築けると思うんです。

 

もちろん男性側が「専業主婦になってくれるようなお嫁さんが欲しい」と思っているなら別ですよ。

 

そういう女性とお付き合いしたいなら婚活デートでも相手に奢ってあげるべきです。

そもそも専業主婦になってくれる女性は「養われたい」と思っている女性なのですから。

関連記事:専業主婦になりたい!なんてもう古い

 

逆に共働きやお互いの人生を尊重し合える人と結婚したいと思って婚活をしているなら

やはり婚活デートにおいても割り勘を最初から通すべきでしょう。

 

そうすることによって、男性側も「男なんだから何々しなきゃ」といった古い考え方から解放されると思います。

 

女性が社会進出してきて、男性と肩を並べて働けるようになった今、

男性の方が年収が高いとは限りませんし、男性の方が強いわけでもありません。

 

精神的な面で言えば女性より男性の方が弱いところの方が多いでしょう。

 

婚活においても、「男だから女だから」というところを意識しすぎず、

結婚を考えてお付き合いするような相手ならやっぱり自分が自分らしくいられるような相手とお付き合いするべきだと思うんですね。

関連記事:彼女の尻に敷かれる男

 

割り勘にして欲しい女性の心理

 

婚活デートにおいても割り勘にして欲しいと思う女性は

支払いを割り勘にすることによってこれからも対等な立場でありたい、と望んでいる女性のはずなんですね。

 

男性側からいつも奢られてしまうと、やっぱりどうしても引け目のようなものを感じてしまって、

自分が思ったことをストレートに表現できなくなってしまったり、我慢することが多くなってしまうと思いますし

奢ってくれる男性ってそういう節があるように感じます。

 

いつも奢っているんだからこれくらいは我慢して欲しい、みたいなところです。

 

でもきちんと自分の仕事で生活が成り立っている女性からすると、

婚活デートにおいても割り勘にしてもらって、お互いが対等な立場でいつもいられるようなスタンスでいたいんですよね。

関連記事:美人なのに結婚できない理由とは?

 

割り勘で気をつけたいこと

 

ただ、割り勘にするにしても気をつけて欲しいことがあります。

 

それは、1円単位で割り勘にしない、ということ。

できれば端数は男性が持った方がなんとなく女性も気分が良いと思います。LINEPayのような割り勘が容易なサービスがあっても、端数は男性が出した方が気分が良いのです。

 

女性として扱われている、大切にされている、というのは多くの女性が感じたいものです。

 

でも全てを奢られてしまうとやっぱり女性としても「女性らしくしなくては」というプレッシャーを感じてしまうものです。

 

また1円単位で割り勘をするような男性がいますが、

あれは割り勘にするかしないかという問題ではなく、そもそもが細かすぎてめんどくさいと感じる女性が多いと思います。

 

1円単位で割り勘なんて普段から小銭をたくさんもっていないとできないし

他のお会計で帳尻を合わせるにしてもかなり面倒くさいと思うんですね。

 

なので例えばお会計が6480円だとしたら「3000円で」と言ってくれる男性が一番ちょうどいい塩梅なのではないかなと思います。

関連記事:社会人の彼氏が欲しい女性の心理とは?

 

金銭的価値観は結婚において大切

 

婚活デートでかかるお金を割り勘にするかしないか、というお話をしてみました。

 

例えば婚活ではなくて、普通に出会って付き合うのならまだしも

婚活の場合はお互いにかなり結婚を意識した状態からお付き合いが始まります。

 

ならばやはり最初から自分の価値観はきちんと相手に伝えておくべきだと思うし、

それで相性がいいなと感じられる相手の方が結婚にも辿りつきやすく、また結婚してからもも円満な家庭を築くことができると思うんです。

関連記事:結婚相手を見極める時のチェックポイント7

 

なかなか婚活でそういう人と巡り会えない、という人は会員数が最大ともいわれている楽天オーネットで結婚チャンステストを一度試してみるといいでしょう。

 

お相手への希望を詳細に設定することができるので、かなり効率的に自分と価値観の合う人と出会うことができると思います。

では今日はこのあたりで。

関連記事:結婚する時は学歴差も重要になってくる気がしているよ。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。