恋愛と私

女医と結婚したいと思った時に気をつけるべき事。

結婚したいと思う相手って人によってそれぞれ違うものなのですが、職業から相手を選びたいという人だっているわけなんですよね。

 

女性であれば、安定している公務員の人と結婚したいと思う人だっているでしょうし、社長と結婚したいなんて人もいるでしょう。

 

そんな中、男性には女医さんと結婚したいという人だっているわけなんですよね。女医って確かにかっこよく見えると思うんですよね。

男性の憧れ。

 

バリバリ働いている女性の象徴でもあると思いますし、専門職という点も大きいわけなんですよね。しかし、女医と結婚したいと思う時には、

 

それなりに気をつけるべき事があると思っているのです。

 

男性が結婚相手として実は憧れている「女医さん」だからこそ、きちんと考えるべきなのですよ。

 

 

女医は基本的に時間がない

 

 

これは言える事だと思いますね。私の友人にも女医さんっているのですが、女医ってどうやっても時間がないんですよね。

 

普通のサラリーマンをやっている夫であれば、「なんでそんなに忙しいのだろう?」と思ってしまう事もきっと結婚生活では出てくるでしょう。

男性側としては、「かまってくれないから寂しい」と感じてしまうこともあるかもね。

 

だからこそ、結婚において家庭を重視して欲しいという男性にとっては女医と結婚したいという感情はあまり合わないのではないかと思います。

 

女医さんだってもちろん、それぞれいろんな病院がありますし、担当する分野によっても違います。しかしながら、

 

女医と結婚したいと思うのであれば、ある程度妻をサポートするような姿勢を持っていないと成り立たないと思うんですよね。

女医さんの中には「主夫が欲しい」なんて言っている人もいるし……。

 

例えば、最近は少し変わってきましたが、未だに「家事や料理は女性にやってもらいたい」という人だっているわけなんですよね。

 

そういった人だと、どうしたって女医と結婚したいと思って結婚してもあまり良い結果にはならないのではないかと思います。

 

女医さんってサラリーマンとは違って、生命を扱う仕事ですし、勤務時間だって長い事が多いんですよね。

 

そうなってくると、家事を思うようにやってくれなかったりとか、料理を作る事ができなかったり等、女医さんと結婚するからこそ、

 

でてくる事情があるわけなんですよね。ただ、もちろんそういった事が嫌ではないという家庭的な男性であれば良いと思うのです。

 

家の事は自分がやっても良いし、妻が働けるようにサポートするような逆の体制になる事ができるという事であれば、

 

そういった道を行くという事も可能だと思うんですよね。まあ、最悪ダスキンさんに頼めば良いのですが……。

うちなんて、ダスキンさんのおかげでピカピカですよ……。

 

女医さんと結婚したいと思うのであれば、

自分が結婚において何を求めているのか?そして、恋愛において何が大切だと思っているのか?という事を知っておいた方が良いと思います。

 

最近だと、楽天オーネットの結婚チャンステストとかでも、そういった事の診断ってする事ができるので気になる人はやってみてください。

関連記事:結婚したいけど、相手がいないという人はどうすれば良い?

 

 

不規則な生活の女医

 

 

これもあると思いますね。知り合いで女医の方もいらっしゃいますが、その方から話を聞いていると「寝る時間も少ないし、不規則な生活で大変だな」と思うんですよね。

 

サラリーマンと女医が結婚するというケースはあるのですが、うまくいかないケースも多く、後で離婚してしまうという事だってあります。

 

そもそも、男性医師であれば引く手数多な医局ですが、女医はどうなのか?というと、病院には基本的に男性が少ないので、

 

結婚相手を探す事が出来ないのです。そうなってくると、大学の頃から付き合っていた人と結婚したり、外部のサラリーマンと付き合う、という事になるのですが、

 

外部のサラリーマンと結婚すると、「相手が理解してくれるのか?」というところが問題になってくるのです。

 

女医と結婚したいという気持ちはわかりますけど、相手が女医で不規則な生活をし、寝る時間も少ないため、きちんとした結婚生活を送る事が出来るのか?という事は予め考えておいた方が良いと思うのです。

 

女医と結婚したいという人は多いと思いますし、生活面では安心要素の1つでしょう。基本的には女医の年収は一般的なサラリーマンよりも高いわけですからね。

逆玉の輿状態になることも……。いいな……。

しかし、そこにはリスクもあるという事は考えておいた方が良いと思うのです。

関連記事:結婚への迷いがある人が考えるべき3つの事。

 

 

収入格差がある

 

 

これも言える事なんですよね。一般的なサラリーマン同士の結婚だと、まだまだ男性の方が収入が高いという事が多く、

 

家庭を支えるのも男性になる場合がほとんどだと思うのですが、これも女医と結婚したいという事であれば、

 

変わってくると思うんですよね。女医さんは忙しいという労働環境の代わりにある程度の賃金をもらっているわけなんですよね。

 

だからこそ、男性からしたら「俺よりも収入が高いのか」とプライドを傷つけられてしまう事があると思うんですよね。

男性のプライドってエベレストより高いから……。

ただ、これってこれからの時代だと普通の事だと思うんですよね。女性の方が精神的には強いわけですし、

 

女性の方が仕事だって辛いと思いながらも続ける事ができるものなんですよね。そのため、今後は女性がより男性よりも強くなっていくのでは?と思っているのです。

 

したがって、女医と結婚したいと思う方は、そこまで収入格差が気にならないという事であれば、良いと思うんですよね。

 

奥さんの収入の方が高いという状態の方が実は家庭ってうまくいくような気がしているのです。

 

 

本来的に強くない男が家庭を支えるというよりも、女性の収入の方が高く、男性はそれを支える意味合いでの労働という方が結果的に、

 

その家庭は強くなると思うんですよね。

関連記事:婚活って高望みしてしまうものです。

 

気が強い人が多い

 

 

これも気をつけるべき事だと思うんですよね。

 

女医さんと結婚したいと思う事だってあると思いますし、そういった男性もいて良いとは思うのですが、

 

女医さんって根本的に気が強い事が多いんですよね。もちろん、これは人によって違います。気が弱いような女医さんだって中にはいると思います。

 

ただ、私の知っている限りでは、女医さんって気が強い人が多いわけなんですよね。だからこそ、結婚において、

 

女性らしい奥ゆかしさ」「女性としての大らかさ」といった前時代的なものを求めているのであれば、

 

うまくいかない可能性だってあると思うんですよね。そんな源氏物語みたいな女性は現れないわけですよ、今の時代……。

 

これは好みの問題なので、人それぞれで良いのですが、

 

女医と結婚したいと思っているのであれば、気にしてみる必要性があると思います。

 

でもさ、女医さんと結婚したい、という男性が多いのは何となくわかってしまう。逆にベタベタした関係性にならないから良いな、と思っている男性も多いんじゃないかな。

 

今の時代のニーズにあっているような気がしている。

良いか、悪いかはわからないけどね。

関連記事:婚活が怖いと思う原因とは?

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。