私の仕事論

休みが多い仕事をした方が良いと思う。

休みが多い仕事をしたいと思っている人って実はたくさんいると思うんですよね。今の職業が業務内容的・時間的にもキツイ場合、

 

どうにかして休みが多い仕事に転職したいなと思っている人ってたくさんいると思うんですよね。ただ、転職に対する風あたりって強いわけなんですよね。

 

例えば、奥さんとかが反対する場合が多いんですよね。休みが多い仕事に転職したい!という意思を伝えても、

 

奥さんとしては

 

  • 給料が落ちないのか?
  • 今後も続く会社なのか?
  • 今の仕事のままで良いのではないか?

 

そんな考え方をする人が本当に多いと思うんですよね。家族にしたって同じような感想を持つ人が多いでしょう。

 

そうなってくると、休みが多い仕事に転職したいと思っても、「やっぱり今の職業で不満が大きくあるわけではないし、我慢すれば良い話か。」と思い、現状を維持するわけなんですよね。

 

しかし、休みが多い仕事に転職したいと思うのであれば、それはそれで大切な事だと思いますし、大切な事だと思うのです。

 

 

 

家族との時間が増える

 

 

休みが多い仕事をした事がない人にとってはわからない事かもしれませんが、休みが多い仕事に就くと必然的に家族と過ごす時間が増えるわけなんですよね。

 

今までは夕食も一緒に食べる事ができなかったような状態から夕食をしっかり一緒に食べて、土日には家族で旅行に行くなんて事もできるようになる可能性があるわけなんですよね。

 

休みが多い仕事に就く事によるメリットとして家族と多くの時間を共有する事ができる事って実際にあると思うんですよね。

 

 

休みが多い仕事に就くと、仕事がそこまで大変ではないため、休日にずっと寝ているなんてことにならないわけなんですよね。

 

だからこそ、家族との実質的な時間も増えるわけです。休みがないような仕事だと、だんだんと感覚も麻痺してくるのですが、

 

休みが多い仕事に変われば、「あれ?私はこんなにも仕事のせいで家族を犠牲にしていたのか?」という事に気がつくと思いますよ。

 

家族との時間って実は大切なものなんですよね。確かに、仕事をしなければ家族との時間を有意義に過ごす事だって難しいと思いますし、

 

休みが多い仕事に転職したらそれなりにリスクがある場合だってあるでしょう。しかし、そこは自分の考えようであって、

 

休みが多くても成り立つような会社のシステムを擁しているのであれば、そういった会社に転職するという選択肢を考えてみても良いと思うんですよね。

関連記事:転職が初めてという人がするべき事とは?

 

 

 

ストック型のビジネスが鍵

 

 

では、どんな企業が休みが多い仕事を与えてくれるだろうか?というと、これはストック収入で成り立っている企業だと思うんですよね。

 

例えば、飲食店とかが反対の例としてはわかりやすいわけです。飲食店だと、月々で固定の収入が入ってくるわけではありませんよね。

 

 

お客さんをお店に呼んで、そこでお肉やお酒を注文してもらうという事を繰り返す事によって収入を得ているフロー型のビジネスなわけです。

 

しかし、これだと休みが多い仕事にはならないわけなんですよね。なぜか?それは蓄積されていくお金がないからです。

 

焼肉屋さんに来る人を毎日毎日集めなければいけないわけなんですよね。しかし、その人たちが毎月一定の金額を必ず焼肉屋さんに落としていってくれるのか?というと、

 

決してそうではないはずです。また、仮に月一回きてくれるようなお客さんだったとしても、毎月使う金額ってそこまで大きなものではないはずなんですよね。

 

 

高いところでも、8000円程度しか1回の焼肉では使わないでしょう。4月は8000円使って、5月は16000円、6月は32000円使ってくれたなんて事にはならないわけなんですよね。

 

そうなってくると、馬車馬的に働いて、そういったお客さんを常に呼び込んで来るしかビジネスを成り立たせる方法がないわけです。

 

そうなってくると、自然と休みが多い仕事ではなくなってしまうわけなんですよね。だからこそ、休みが多い仕事をしたいのであれば、

 

ストック型のビジネスをしている会社に就職した方が良いのです。例えば、わかりやすい例で言えば、月額課金のメルマガとか、サーバーとかそうですよね。

 

 

毎月固定の額が入ってくるようなビジネスを扱っていると、それだけ1人あたりのやらなければいけない仕事量って減るわけなんですよね。

 

だからこそ、休みが多い仕事をしたいという事であれば、まずはストック型のビジネスをしている会社を探した方が良いと思うのです。

関連記事:転職において、ヘッドハンティングが存在する理由。

 

 

スカウト型の転職をしても良い

 

これは言える事だと思いますね。

 

休みが多い仕事を探す事ってできるのですが、自分できちんと調べる必要性があるんですよね。会社側は会社に都合の良い事しか基本的には言いません。

 

だからこそ、転職する時には「この会社はどんな特徴を持っているのか?」という事をきちんと調べる必要があるのです。

 

休みが多い仕事なのか?という事だってきちんと調べる事ができればわかるものなんですよね。キャリコネ 等の企業口コミサイトとかもありますし。

 

 

また、エージェント型の転職がこれからは主流になってくると思いますしね。リクルートエージェントとかが最大手ですが、

リクルートエージェント

 

それ以外にもたくさんあるんですよね。

 

 

こういったところで、自分の条件を自ら提示し、在職時から「転職待ち状態」を作っておくのも良いと思います。

 

休みが多いような会社を見つけてもらえば、受ければ良い話ですしね。会社にも転職情報はバレませんし。

 

休みが多い仕事をした方が身体的にも精神的にも絶対良いと思いますよ。私はそう思います。

関連記事:私がリクルートエージェントをおすすめする理由。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。