転職

有給を取れない会社を辞めたいというのは普通だと思う。

有給ってサラリーマンにとってはとても大きなものですよね。ゴールデンウィーク等の連休と重ねて使うような人も多く、

 

7日しかなかった休みを9日間に増やすような人だっているわけなんですよね。しかし、これができるのは有給が取れるからなんですよね。

 

有給というものはどこの会社にも存在していますが、実質的に有給が取れない、取りにくいような会社にいる人だっているわけです。

こうなってくると、結構辛いものがあると思うんですよね。

 

有給が取れないとなると、好きな事だってできないわけです。海外旅行が好きだった人でも、有給が取れないような会社に入ってしまえば、

 

 

旅行だってできないわけなんですよね。だからこそ、有給が取れない会社を辞めたいと思う人だって実はたくさんいると思うのです。

 

しかし、有給が取れないから辞めたいと思う感情を周りの人は「給料はそこそこもらってるじゃないか!他にもそういう会社ってたくさんあるし、マシだよ!」と言われてしまうと思うのです。

 

ただ、私は有給が取れない・取りにくい会社を辞めたいと思う事は別に悪い事ではないと思うし、普通の事だと思うんですよね。

 

今回はそんな事について書いていきたいと思います。

 

 

有給が取れないと精神的にキツイ

 

これはありますよね。有給が取れる環境にいると、仮に取れなかったとしても「まあ、いざとなれば有給を取れば良いわけだし」と思うわけです。

 

しかし、有給を取れないような状況にいると、これも変わってきてしまうんですよね。風邪を引いても簡単には休めないし、

 

ストレスが溜まってきて、海外旅行や温泉旅行に行こうかな?なんて思っても、気軽に行く事ができないわけなんですね。

 

これって実はとても辛い事なんですよ。

 

人間は「いつでも休める状態」の方がパフォーマンスが良かったりするんですよね。精神的な余裕があると、

 

いざという時はどうにでもなるという安心感を持ち、仕事をする事ができ、それが結果的に健康な身体、健康な働き方に繋がってくるわけです。

 

 

仕事って本当に長い間やらなければいけない事なんですよね。

 

22歳の大卒で就職するとしても、約40年間は会社に勤めて働くという事を考えている人、そして実際に働いている人がほとんどでしょう。

 

だからこそ、「精神的に余裕を持って仕事をするという事」が大切になってくるのです。有給って本来であれば、取れないものではなく、

 

誰もが自由に取って良いものなんですよね。しかし、有給を取れない環境で働いている人だっているわけです。

 

そういった環境で働いていると、長期間働くという事ができずに、ただただ体力や精神がすり減っていくだけだと思うんですよね。

 

自分が働く事ができるのって自分の身体が健康だからなんですよね。健康でなければ働く事もできませんし、

 

自由に生きる事だってできないわけです。だからこそ、長期的に考えるのであれば、有給を取れない会社を辞めるという選択をする事だって大切な意思決定だと思うわけですね。

関連記事:転職において、ヘッドハンティングが存在する理由。

 

 

有給を取りにくい雰囲気の日本

 

 

これはありますよね。有給って確かに本来的に取りにくい雰囲気が日本ではどうしてもあると思います。

 

日本人の精神性的にも、

 

「自分から休みを取る」という事って恥ずかしさがあったりとか、休む=怠けると捉われがちな点があると思うんですよね。

 

確かに、私が以前働いていた会社でもそういった雰囲気ってあったわけなんですよね。有給を取る時には上司の顔色をうかがって、

 

なるべき機嫌が良さそうな時に「有給を取りたいのですが」という事を言わないと、快く有給を許してもらえないような文化・気質があったのです。

 

これって他の企業でも同じだと思うんですよね。有給を取れない原因って日本人の気質的な問題にもあると思うのです。

 

 

ただ、有給が取れないという現状を我慢する事に慣れてきてしまうと、身体を壊してしまう事になりかねないと思うんですよね。

 

有給が取れないのなんて当たり前だし、有給を取る時には上司にきちんと相談して、周りとも仕事のスケジュールを合わせて、

 

それで取るという一連の流れは確かに重要なのですが、その流れの中に少しでも「有給を取ったら怒られそう」という気持ちがある場合、

 

精神的・肉体的に疲れてしまうわけです。人間ですから、誰でも疲れて有給を取りたいと思う時があるはずなんですよね。

 

そういった時に、有給が取れないような環境で働いているという事が大きなストレスになってしまう事だってあると思うのです。

関連記事:転職活動は会社にばれるのか?

 

 

有給が取れる会社に転職しても良い

 

 

これは思う事なんですよね。有給が取れないような会社を退職して、他の会社への転職を考えた事があるという人が多いでしょう。

 

しかし、実際に実行に移す事ができる人ってまだまだ少ないように思うんですよね。家族の事もあるし、ある程度会社にも慣れてきたからという理由で、

 

有給が取れないという環境を我慢する人が多いのです。

 

もちろん、それを我慢するのはそれぞれの自由ですが、転職考えるという選択肢も1つにあると思うんですよね。

 

今は会社に所属しながらでも、Nexstar等のスカウト型の転職サービスなら転職をする事だってできますし、

会社にもバレずに転職活動ができます。

 

今は、エージェント方式の転職サービスもたくさん出てきましたよね。リクルートエージェントとかであれば、非公開求人が75%を超えますし、

非公開求人

 

実際にそういったリクルートエージェントを使って転職をしている人も多いのではないでしょうか?

 

だからこそ、有給が取れないという環境に不満があるなら行動を起こしてみても良いと思うのです。

 

では、今日はこの辺で。

関連記事:私がリクルートエージェントをおすすめする理由。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。