ブロガー「水瀬まりも」とは?
プログラミング

脱サラして起業するならプログラミングを学ぶべき。

脱サラしたいと思っている人って多いと思うんですよね。今まではサラリーマンとして精一杯働いてみたけど、

 

サラリーマンというものに、嫌気がさしてきたなんて人もいるでしょうし、起業するという事が夢だったという人だっているでしょう。

 

また、最近は起業するという事がだんだんと当たり前の事になってきていると思うんですよね。最年少上場する年齢はどんどん下がり、

 

高校生でも起業する人がでてきていて、起業に対する「抵抗感」というものがだんだんとなくなってきているように思うのです。

 

だからこそ、確かに、脱サラして起業するという事はとても良い事だと思いますし、推奨するべき事ではあると思うのですが、

その一方で脱サラして起業するのであれば、プログラミングを学んだ方が良いと思うんですよね。

 

なぜでしょうか?

 

 

これから先はウェブ系の会社が伸びていく

 

 

これは思う事なんですよね。確かに、様々な会社の形態があり、業種があり、そして成功している人がいると思います。

 

しかし、最近目立っているのが「ウェブサービス・アプリ」等で起業している人たちだと思うんですよね。

 

既存の産業でも、まだまだIT化が進んでいない産業ってたくさんあるわけなんですよね。だからこそ、これから先はよりIT分野の会社が必要になってくると思うのです。

 

 

営業代行の会社を考えているという人だっているでしょうし、不動産の会社を考えているという人だっているでしょう。

 

しかし、これから先もずっと続ける事ができるような起業の仕方、脱サラの仕方をしたいのであれば、プログラミングを学んで、

 

ウェブサービスなり、アプリなりを作るような会社をやっていく事が良いと思うのです。もちろん、プログラミングができるエンジニアを雇うのであれば、

 

自分が完璧にプログラミングをマスターする必要はありませんが、それでも一定の知識というものは必要になってくるわけなんですよね。

 

だからこそ、脱サラして起業したいという場合には、プログラミングを学ぶ必要性があると思っているのです。

関連記事:プログラミングは独学かスクールか?

 

 

何度でも失敗できる分野

 

これもありますよね。

 

脱サラして起業する時ってある程度の軍資金を貯めてから起業すると思うんです。しかし、事業がうまくいかなかったり、

 

成長に時間がかかった場合、その軍資金が尽きてしまう事だってあると思うんですよね。その点、プログラミングを勉強して、

ウェブサービスやアプリ等を出すのであれば、何度でも失敗する事ができるわけです。

 

 

「これはいける」と思ったものでも、簡単に成功しないのが事業というものですよね。起業した経験を持っているという人なら、

 

誰でも失敗を経験しているのが当たり前だと思うのです。

 

だからこそ、脱サラして起業したいという事であれば、プログラミングを勉強した方が良いと思うんですよね。

 

ウェブ系だと、必要なのは自分のアイデアと努力がほとんどです。かかる経費も最小限に抑えればそこまで大きな金額になる事はないでしょう。

 

医療系のアプリをやっても良いし、映画館を効率化するWebサービスだって良い。自分がやりたいと思った事を実現する事ができるのも良いところですし、

 

失敗できる環境を構築する事ができるツールなのです。

 

今はVC(ベンチャーキャピタル)からの出資を受けて起業する事だって出来ますし、脱サラしたいと思うのであれば、資金を集めやすいIT分野に飛び込んでみるのもありだと思うんですよね。

 

私の知り合いでも、IT系の企業をおこして、VCから資金調達をして今も経営をしている人がいるのですが、海外にも展開していて一生懸命やっているんですよね。

そういった姿を見ていると、やはり脱サラして起業するならプログラミングはやった方が良いなと思うのです。

関連記事:プログラミング初心者がやるべき事

 

 

これからは小学生でもプログラミングを勉強する時代

 

 

これもありますよね。プログラミングを勉強するのって、今の社会人の世代だとオタクのような人たちだけだったと思うんですよね。

しかし、これからは小学生でもプログラミングを学校で勉強するようになるわけなんですよね。

 

 

脱サラして起業するという過程において考えなければいけないのは、「より早く新しい分野に進出する事ができるのか?」という事なのです。

 

同じ分野では3社までと一般的にも言われていますしね。

 

これからは小学生でもプログラミングができるような時代になっていき、高校生が起業するなんて事も普通の事になっていくでしょう。

 

 

だからこそ、その前にプログラミングを勉強し、脱サラし、起業した方が良いのです。

関連記事:オンラインでプログラミングを学ぶメリット

 

 

では、どのように学べば良いのだろうか?

 

 

脱サラして起業する前にプログラミングを学ぶ事が大切だという事はわかった。でも、プログラミングってどうやって勉強すれば良いの?と思う人もいると思うんですよね。

 

でも、今ってプログラミングを教えているスクールって多いんですよね。

 

私が実際に試したものだと、通いのスクールであれば、KENスクールとかが良かったですね。実際にフリーランスとして働いてる方が講師をやっているというパターンもあり、

 

脱サラして起業したいと本当に思っているのであれば、良いと思うんですよね。システムの受託を受けるにはどうすれば良いのか?

 

そんなところを聞けるのも魅力の1つだと思います。

 

 

また、通いの教室以外でも、今はオンラインでプログラミングを学ぶ事ができるわけなんですよね。テックアカデミー とかがオンライン受講システムとしては大きいですし、

 

今の大学生とかでも使っている人が多いわけですね。

 

 

脱サラして起業するという事は、現在はサラリーマンとして働いているという事です。そうなってくると、オンラインじゃないと厳しいという人だっているわけなんですよね。

 

自分にあったスタイルで勉強した方が良いのです。

 

 

という事で、今回は脱サラして起業を目指しているという方向けに書いてみました。

関連記事:プログラミングは独学かスクールか?

よく読まれている記事
関連記事だよ