仕事の悩み

証券会社のリアルすぎる現場

証券会社ってみなさんはどんなものを想像していますか?残業が多いとか大変とか上司が怖いとか色々ありますよね。

面白い都市伝説とかが一番多いのも証券業界の特徴でしょう。

でも、実際どんな感じの業界なのか?どんな会社があるのか?ってなかなかわかりませんよね?

私の周りでは、結構証券系で働いている人が多いんですよ。だからね、そんな私だからこそ外側から書いてみようかな?と思いまして。

いってみましょ〜!

証券会社の飲み会

 

証券会社の飲み会ってやっぱり凄いです。それは飲む量もそうですが、飲み会になると一発芸をしなければいけないという風習がある会社だってあるんですよ。

そもそも、飲めないひととかってどうしているんですかね。飲めない人だったら、もう本当に証券会社で生きていけないんじゃないかな?とすら思っちゃう。笑

私の友人も証券会社に勤めているんですけど、その話といったらもう面白いことこの上ないです。

どこか昭和チックというか、前時代的というか。笑

同じ日本で働いているとは思えないような状態なんですよ。

だって、花見の席では色んなもの(食べられないもの)を食べさせられたり、飲み会でも脱ぎ芸をやらされるなんて結構普通のことみたいなんですよ。

食べられないものってのは、例えばタバコの灰とかね。「タバコの灰 on the 茹で卵」という素晴らしい料理。

まあ、会社によるし、今はまたちょっと状況も変わってきていると思うけども。

もはやブラックとかそういう次元ではないですよね。でもなんかここまでくるとむしろすがすがしいような気もします。

しかし、だからといってそんなことではへこたれないのが証券マンです。

休日ともなるとクラブにいったりとか外でナンパしたりして日々女の子を口説いているのです。

そういう意味でいったら証券ってたぶんモテるでしょうね。男らしいし、お金もあるし。

しかし、ずっといれるような企業ではないなと思いましたね。私の友人も始めから起業することを目標に証券会社にはいっています。

ただ、意外とね、飲み会が多いこともあってか、仲は良さそうだったよね。証券会社を辞めてからも同期飲みみたいなのには参加していたり。

たまに同期の逮捕者が出てしまった時なんかは、「あれって元○○支部のあいつじゃね?」みたいな会話が繰り広げられるとか。笑

関連記事:どんな上司がいいか、女性目線で考えてみた

騙して売るのが辛い

 

これはよく聞いておりました。

がやはり厳しいですよね。株式市場って上がり下がりがとても激しいのですが、やはりそこには安いと判断するときと高いと判断するときがあります。

しかし、証券会社にとっては手数料こそが全てなので相場に関わらず売上をあげなくてはいけないのですよ。

するとどうなるのかというと、全ての株価が高いときに口車で買わせなくてはいけなくなってしまうのです。

今は高いから買うべきじゃないよなあ……俺なら現金で持っているか、既に株を持っているならホールドしちゃうなあ」と思うような時でも、どうにか売らせる必要がある。

まだまだ、高齢者層というものはたくさんのお金を貯蓄しています。それを投資に回すようにしむけるんですよ。

ここで葛藤が生じるんですよね。老後のために貯めていたお金がどんどん減っていってしまうことだってあるんですよ。

それで生活出来なくなることだってあるんですよ。退職金なんかで投資を始めたパターンの人はすぐに現金を溶かしていくアイスマンタイプです。ええ。笑

君が良いと言ったから買ったのに!」みたいなことになるのよ。

そう考えるとなにが正しいのかわからなくなりますよね。実際、証券会社が辛くなってやめるひとの大半の理由ってこれだったりするんですよね。

でもまあそもそもなんですけど、

もしも「いま買ったほうがいい!」って本当にわかっているならそのひと証券会社で働く必要なんてないですよね。

だって自分のお金を投資してしまえばずっと儲けられるわけですから。証券マンが言っていることを信じてしまっている顧客側も悪いけど、やっぱり騙す側の方がつらいし、大変ですよね。

そう考えるとなんか矛盾しているなって単純に思ってしまいます。

関連記事:上司のスモハラと徹底的に戦うべし

毎日罵倒される

 

毎日罵倒されるってこわいですね。

私なら絶対にむりです。

でも、証券の世界って本当にこういう感じのところもあるんですよ。

だって、普通に考えて「株買いませんか?」なんていう勧誘がきても絶対断りますよね。

私なら絶対断ります笑

つまりは成約率が低いってことなんでして….
だから数をこなさないといけないということになるんですよ!

特に今とかそうですよ。相場が不安定な時期ですからね、そんなときに買う時のリスクといったらもう凄いですよ!

私自身、初めて株を買った時の年齢がもう小学生の低学年とかなんですけども、その時ですらちょっと不安ありましたもん笑

ぼ、ぼくのお小遣いがなくなっちゃうよ〜」という。笑

だから何もわからず、お金の使い方にも制限のあるひとはもっと大変だなって思います。

罵倒しなければ売れない時なんて本当に買うものではないし、売るのもおかしいと思いますね!

そうすると証券会社は利益を追求できなくなってしまうので難しいのですが笑

というわけで今回は証券会社のリアルということをテーマに書いてみました。
どうでしょうか?もちろん会社によっても全然違うと思うので一概には言えませんが

こういった側面はある程度はどこの会社もあるものだと思いますよ。

こちらの記事もどうぞ!

→「ブラック企業はこうすれば見分けられる!就活生必見!

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。