恋愛

旦那といると疲れるのはなぜだろう?原因を考えてみる。

旦那さんといると疲れるって人っていると思うんですよね。結婚した時には「この先はずっとずっと幸せな日常が続くのだろうな」

 

と思っていたかもしれませんが、実際にはそうでもないわけなんですよね。恋愛になると、普段は冷静な人でも判断を誤ってしまう事ってあるんですよね。

各国のスパイでも美人を使ったりするじゃないですか?それくらい色恋と判断力というものには関連性があるのです。

しかし、そういった感情が結婚と共にだんだんと薄れて行くと、「あれ?なんでこの人といるのだろう?旦那といるとなんか疲れるな」と感じてしまう事だってあると思うんですよね。

夫が仕事から帰ってくる時間になると、気持ちが重たくなってきたりとかね……。そういう奥さんもいると思う。

 

ただ、旦那といると疲れるのはなぜだろう?って実際に考えてみた事ってありますか?意外にもないと思うんですよね。

 

上から目線の発言が多くなった

 

恋愛の時にはお互いに尊敬しあう気持ちがあっても、結婚をしてからだんだんと旦那さんが横暴な態度になってきてしまう事ってあるんですよね。

全てが当たり前になってくるんですよ。家事とか、子育てとかね、奥さんの話を聞かないとか。

 

そうなってきてしまうと、だんだんと旦那さんといるのが疲れるようになってきてしまうんですよね。昔は家事をやってあげたり、

 

掃除をやってあげたり、料理を作ってあげたりすると、感謝の言葉を言ってくれたりもしたが、最近はそういった感謝の言葉なんて一切ないという方も多いと思うんですよね。

 

確かに結婚してしばらく経つと、色々なものが当たり前になってきてしまうんですよね。一緒に暮らしている事も、

 

料理を作ってくれる事もだんだんと当たり前になってきて、そのありがたさを忘れてしまいそうになるわけです。

 

しかし、そういった当たり前の事ができないと、だんだんと旦那といると疲れるという状態になってしまうわけなんですよね。

 

こういう人って実は多いと思っています。男性が上から目線になってしまう事ってなぜか多いんですよね。

「私はあなたのお母さんじゃないのよ」と言いたい女性も多いのでは……。うん。

 

本質的には女性の方が強くても、男性が家の生活費を稼いでいるという場合が多いからか、男性が上から目線になり、

 

奥さんのストレスになってしまうんですよね。

 

せっかく生活費を稼いで、家族からは感謝されているかと思ったら、「旦那といると疲れる」と思われているのですから、何かかわいそうな気がします。

関連記事:夫が帰ってこないのって妻の責任じゃないです。

 

女性としての品格を強制されるようになった

 

これも旦那といると疲れる原因だと思いますね。男性ってなぜか女性に対して「女性らしさ」というものを求める傾向があると思うんですよね。

結婚してからも男性は女性に女性らしさとか、可憐さみたいなものを求めてしまったりする。

 

しかし、そうなってくると女性は旦那といると疲れるという状態になってしまうわけです。女性って男性が思っているよりも、

 

雄々しかったりしますよね。精神的にも女性の方が強いわけですし。

 

しかし、結婚においては男性側が女性に「女性らしさ」を求めてしまうものなんですよね。

 

  • 服装
  • 化粧
  • 日々のケア

等。

 

男性が思い描く理想の女性というものを奥さんに体現し続けて欲しいと思ってしまうのが男性だと思うんですよね。

夢を見すぎなんですけど……。

 

ただ、こういうものって女性でもなかなか難しいと思うんですよね。メイクの時間だってそれなりにかかるだろうし、

 

短い人でも1日に10分はかけますよね。それくらい時間のかかる事で大変な事なのです。

 

疲れている時にはメイクが甘くなってしまう事だってあるでしょうし、服装がダサい時だってあると思います。

 

そういった1つ1つを指摘してくるような人だと、旦那といると疲れる状態に陥ってしまうわけなのです。

関連記事:離婚して寂しい?その孤独と向き合えば変わるものもある。

 

 

旦那といても話が続かない・ネガティブになる

 

これもあると思いますね。夫婦間においては会話って本当に大切なものなんですよね。

 

だからこそ、旦那といても話が続かないという状態や旦那と話しているとネガティブになるという状態だと、

 

 

旦那といると疲れてしまう事もあると思うんですよね。しかし、実際にこういう人っているのです。

 

一緒にランチに出かけても、「なんでそんなつまらない話しかできないの?」と思ったり、「なんか話しているとネガティブになる」と思う事ってあるんですよね。

だったら、女友達とランチでもしていた方が楽しいしね。

 

例えば、会社の愚痴をずっと言っていたりとか、人間関係についてぼやいていたりなど、プラスにならない事ばかりを言われると、

 

言われた方も「旦那といると疲れる」と思ってしまうものなんですよね。ただ、旦那といるのが疲れるからといって、

 

すぐに替える事ができるわけではありません。だからこそ、2人の関係性をもう1度最初の状況に戻す必要があるんですよね。

 

もちろん難しい事ですが、1度好きになった人じゃないですか。関係性は修復できると思うんです。

家庭には見えなくても、それぞれ問題があるものですよ。それぞれの家庭が適宜、問題を解決しているのです。

関連記事:結婚を焦るなら、まず考えるべきこと。

 

ただ聞いて欲しいだけなのに論理的なことを言われる

 

女性には「ただ聞いて欲しいだけの時」がありますよね。もちろん、アドバイスを求めている時もある。

でも、8割くらいは「ただ話を聞いて欲しいだけの時」だと思うんです。でも、男性は相談されると、「論理的な解決方法を提示してあげなければ」という気持ちになってしまう。

結果的にそれが「旦那といると疲れる」という状況を生んでしまったりするんですよ。

女性からしたら、何も言わずにただ聞いて欲しいだけなのに、「あ、その場合はね」と論理的な説明をされたところで、疲れてしまうだけ。

旦那が先生みたいに見えてきてしまって、何だか疲れてしまうのです。ただね、男性からすると、アドバイスをしたくなってしまうものなんですよ。

 

男性ってそういう生物なんです。だからね、「今日は相談じゃなくて、ただ聞いて欲しいだけの話をするね」と言ってから話せば良いんじゃないかな。それで気分が悪くなる男性はいないと思うし、喧嘩もなくなると思う。

私ならそうやって言ってもらった方が良いな。

旦那といると疲れるなら、こういう根本的なコミュニケーションの仕方から変えていった方が良いと思う。

 

思っていることは相手に伝えた方が良いと思うんです。

関連記事:離婚は遺伝するものじゃないと思う。大事なのは自分の人生だ。

自分が生きやすい環境を作る

 

という事で、今回は旦那といると疲れる原因について書いてみましたが、いかがでしたか?旦那さんといると疲れるという人って実は多いと思うんですよね。

 

でも、これってなかなか解決が難しい問題でもあるのです。

 

だからこそ、まずは自分の環境から整えるのもありなのではないか?と思っているんですよね。

 

自分が普段感じている小さなストレスから解消していく事がまずは大切だと思っているのです。例えば、日々の仕事から削るというのが最初の方策かな、と思う。

小さなストレスが大きなストレスになることだってあるからね。

CaSy 等の家事代行サービスを使えば、自分の時間が増えるだろうし、ストレスだって少なくなっていくと思うのです。

 

こういった小さなところからやっていくのも手段の1つです。

関連記事:家事をやりたくないという感情は実は普通の事。

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。