仕事

仕事に行くのが怖いと感じる時って実は危ない。

多くの人は生活をしかなければいけないため、仕事をするわけなんですよね。ただ、世の中には色んな会社があるわけなんです。

 

優良企業もあれば、ブラック企業だってありますよね。中にいる人たちだって実は多種多様なんですよ。

 

だからこそ、会社になじめなかったり、仕事内容に満足できずに仕事に行くのが怖いと思ってしまう人だっているわけなんですよ。

 

新卒として入社したての頃ならまだしも、それが2年目以降にも続くのであれば、実はかなり危険な状態だと思うわけなんですよね。

なぜ仕事に行くのが怖いのか?

 

仕事に行くのが怖いといっても、様々な理由があると思うんですよね。なんとなく仕事に行くのが怖いという人って実際には少なくて、

ほとんどは何かしらの原因があるわけです。そこで、まずは仕事に行くのが怖いと思ってしまう原因について書いていきたいと思います。

私の実際の経験も交えて話していく。

上司と性格が合わない

これは仕事に行くのが怖いと思ってしまう原因だと思いますね。会社によって社風というものはもちろんありますが、

基本的に、会社って様々な人がいるわけなんですよね。

 

だからこそ、合わない上司というものが存在してしまう事があるのです。もちろん「合わないな」と思っても、ある程度の範囲は我慢しなければいけないと思います。

まあ社会人だしね……。

人それぞれに考え方って違うものですし、同じ考え方をする人たちとだけ働く事ができるという事はありませんからね。

 

しかしながら、上司と性格が合わない、その度合いが強くなってきてしまうと、これは大きなストレスになってしまうと思うのです。

私も上司と合わなくて大きなストレスを感じていましたから……。

部下は基本的に上司の考え方に大きな影響を受けるのです。だからこそ、性格が合わない上司の元で働く事になってしまうと、

 

仕事に行くのが怖いと感じてしまう事だってあるわけなんですよね。

私の場合、神経質な上司がいて、イタリアンをその上司と食べに行った時には、「ピザでも投げてやりたい」と思うくらい嫌いでした。

いやあ、つらかったな……。

朝起きて、仕事に行くのも一苦労でした。休んでしまう日だってありましたよ。

仕事がない

これも仕事に行くのが怖いと思ってしまう原因だと思うんですよね。一般的には忙しいからこそ会社に行くのが怖いと思っている人も多いと思う。

ただ、実はその反対に「仕事がないから仕事に行くのが怖い」というパターンだってあるわけなんですよね。

 

仕事がないような状態でも、サラリーマンは会社にいなければいけないわけなんですよね。

だからこそ、仕事がないと逆に疲れてしまうわけです。

 

何かをしている5時間と何もしない5時間だと後者の方が圧倒的に辛いわけなんですよね。

仕事がないと、「明日会社にいっても俺は何をすれば良いのだろう?また、ひたすら仕事をするフリをしなければいけないのかな?」と思ってしまうわけなんですよ。

会社側もそういった事を把握していない事だってあるんですよね。

 

そうなってくると、「あれ?あの人、そこまで辛い仕事をしているわけではなかったのに、なぜか辞めてしまった」という事が起こるのです。

隠し事がある

これも仕事に行くのが怖いと思ってしまう原因だと思いますね。仕事と言えども、ミスをしてしまう事ってあると思うんです。

 

ただ、それを言えない・言い辛いような状況の場合、隠してしまうという事があるんですよね。しかし、そういった隠し事ってバレてしまうものです。

 

すると、どうなるのか?

 

いつ怒られるのか?」という事が心配で仕事に行くのが怖い状態になってしまうのです。

私もありましたよ。

あれはもう辞める直前くらいだったけど、処理しなければいけないお客さんからの申込書を溜め込んだり、電話の記録を適当に取ったりしていました。

上司が鬼のような人でしたからね。そうするしかなかったんです。自己防衛的な行動ですよね……。

 

そういう時って本当の事をいった方が最終的には良いんですけどね。

私の場合はただただ怖くて憂鬱な気持ちになっていたような気がします。

関連記事:転職したいけど、何がしたいかわからない時に考えること

 

仕事に行くのが怖いという事を相談するべき

また、仕事に行くのが怖いという事を相談できない人って多いのも悪い部分だと思うんですよね。表面的には大丈夫そうでも、

精神的には「もう辛い」と思ってしまっている人だってたくさんいるわけなんですよね。だからこそ、本当は仕事に行くのが怖いという事を周りに相談した方が良いのです。

 

人間は誰しも弱い自分を見せたくないものなんですよね。特に精神的に限界がきている事なんて他人に言えない事も多いんです。

 

ただ、そうやって我慢して抱え込んでしまうと、どんどん精神的に辛くなってきてしまうのです。人間は他人に相談する事によって、

 

ストレスを解消する事ができるものです。格好つける事も大切かもしれませんし、プライドだってあるでしょう。

 

でも、そんなもののために仕事に行くのが怖いという事を打ち明けられず、精神的に参ってしまうのであれば、

いってしまった方が良いと思うんですよね。

 

意外と相談を持ちかけると周りの人は「実は俺も辛いんだよね」と教えてくれるものですよ?相手だって本当は相談したいのに言えないというジレンマを抱えている事があるんです。

関連記事:転職時に言える自分の強みとは何だろう?

 

仕事に行くのが怖いなら逃げても良いじゃない?

 

でも、結局は逃げても良いと思うんですよ。「やまだかまち」じゃないけど、「逃げて、逃げて逃げまくれば良い」と思っているんです。

仕事に行くのが怖いからといって、我慢する必要性って実はそこまでなかったりするんですよね。

 

仕事に行くのが怖いのであれば、辞めてしまっても良いわけです。

 

エージェント方式の転職であるリクルートエージェントを使えば、年収の交渉代行や面接対策も一緒にしてくれますし、

リクルートエージェント

関連記事:私がリクルートエージェントをおすすめする理由。

 

未経験の業界セミナーも多いので、違う業界へ転職したいと思っている人であれば、良いと思いますし、

キャリコネ とかを使えば、企業の口コミを把握した上で転職をする事だって出来るんですよね。

キャリコネ

 

年収が気になるのであれば、転職後の想定年収を算出する事が出来るMIIDAS(ミーダス) とかを使っても良いですしね。

 

仕事に行くのが怖いのであれば、逃げても良いんですよ。誰も教えてくれないけどね。「逃げても良いよ」とは誰も教えてくれない。

でも、自分の人生なのだから、自由なんですよ。

 

転職を成功させる方法なんて実はいくらでもあるんですよね。

人間の命なんて長くても100年しかないじゃないですか。たった100年です。

我慢し続けるのも良いかもしれない。でも、100年のうちの5年とか10年とかを「仕事に行くのが怖いな」と思いながら過ごすのはあまりにも悲しいじゃないですか。

好きに生きて良いのよ。正しいことが常に正しいわけではないのだから。

関連記事:仕事がしんどい原因は何だろう?

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。