人生に悩む君へ

嫌いな人との接し方を教えよう。

嫌いな人って誰にでもいるものなんですよね。私たちには個性というものがあります。それぞれに「正しいと思うもの」があるわけなんですよね。

 

しかし、正しいと思うものって人によって違いますし、もちろん性格だって違うんですよね。

 

 

そのため、嫌いな人がでてきてしまうという事はある種、当たり前の事だったりするのです。ただ、嫌いな人との接し方って難しいんですよね。

 

職場や学校等でも嫌いな人と接する機会ってどうしてもあります。だからこそ、そんな時に嫌いな人との接し方マニュアルがあれば良いと思いませんか?

 

今回はそんな嫌いな人との接し方について書いていきたいと思います。

 

 

 

自分の話は控えめにする

 

 

これは嫌いな人との接し方で大切な部分だと思いますね。嫌いな人の前だと「どうにかして取り繕いたい」という感情が働いてしまうため、

 

自分の話をしてしまうという人が多いんですよね。

 

嫌いな人と接する時には相手の話を聞いていた方が良いんですよね。そうする事によって相手との関係性が良好になっていくからです。

 

人間は自分の話を聞いてほしいと思っている生物です。そのため、自分の話を聞いてくれる人と接すると

 

「この人の事、好きかも」と思うものなんですよ。もちろん、嫌いな人と接する時に冷たい態度をとってしまったりとか、

 

自分の話ばかりをしてしまう人っているのですが、そういった事をしてしまうと、かえって相手が自分の事を嫌いになってしまいます。

 

 

そうなってしまうと、自分の立場や関係性だって面倒になってしまうわけなんですよね。

 

嫌いな人との関係性でもそれが仕事やプライベートの付き合いのある人であれば、ある程度良好な関係性を築いていく必要がある場合があるんですよね。

 

だからこそ、嫌いな人との接し方としては、

 

 

相手の話をトコトン聞くという事が大切になってくるのです。トコトン聞いてあげるという事をする事によって変わってくるものって実はたくさんあると思っているのです。

関連記事:フリーターは転職エージェントを使うべき理由。

 

 

 

周りの人に嫌いな人の良い噂を立てる

 

 

これも大切な事だと思いますね。嫌いな人との接し方という事について考えている時点で「あの人と関わりたくない」と思ってはいないんですよね。

 

 

嫌いな人ではあるけど、どうにか仲良くしていきたいと思っているのが実際のところだと思うのです。だからこそ、そんな時に有効なのが、

 

 

「周りの人に嫌いな人の良い噂を立てる」という事なんですよね。私たちは直接褒められるよりも「他人を介して褒められる」という経験の方が

 

喜びを感じるものなんですよね。直接言われても「え?お世辞でしょ?」と思われがちですが、他人からの伝聞だと、

 

「あれ?本当にいってくれているのかも?」と思うわけなんですよ。嫌いな人との接し方としてはこれは実は簡単な事なんじゃないかな?と思っています。

 

 

共通の友人に良い噂を流してみても良いだろうし、なんなら飲み会等の場でポロっといってみても良いんですよね。

 

 

方法なんていくらでもあるのです。人間関係がうまくいっている人って基本的に「他人の良いところ」を口に出して言っているんですよね。

 

嫌いな人との接し方では、相手にどれだけ自分の事を好きになってもらえるのか?という事が実は鍵になってくるものなんですよ。

 

 

嫌いな人だからといって、露骨な態度で接してしまう人だっているかと思いますが、そういった事をしてしまうと、

 

かえって良くない結果を産んでしまうと思うのです。嫌いな人との接し方としてはかなり効果的なものだと思いますよ。

 

自分が嫌いな人という事は周りの人だって嫌っている人がいるという事です。つまり、嫌われている人って基本的に良い噂を他人から聞いた事がない人なんですよね。

 

だからこそ、逆に効果的だと思うのです。

関連記事:転職先の選び方で絶対に失敗しない方法

 

 

 

ある程度の距離感はとる

 

 

ただ、印象を良くする事は大切なのですが、だからといって、近付きすぎると疲れてしまうのが人間なんですよね。

 

だからこそ、近づきすぎないとい事も大切になってくるんですよね。嫌いな人との接し方を考える時には、

相手と良好な関係を築くという事も大切なのですが、それと同時に自分がストレスを感じない範囲での関係が好ましいんですよね。

 

 

嫌いな人との接し方を考えれば、それが実は1番良いのです。あまりに好かれてしまい、自分は嫌いなのに、相手から好かれすぎてしまうという事って実際にあるんですよね。

 

嫌いな人に好かれるってどういう事でも書いたのですが、ある事なんですよね。

 

 

誘われても断るとか、2人で会うのは辞めておく等の対処をする事によって、逃れる事ができると思うんですよね。

関連記事:経営者は決断の疲れを減らすべき。

 

 

 

自分と相手の価値観の違いを理解する

 

 

 

これも嫌いな人との接し方の1つだと思いますね。自分と相手の価値観って違うものなんですよね。

 

 

しかし、人付き合いをしていくと、だんだんと価値観の違いを許せなくなってしまうんですよね。同化していきたいと思うのが、人間であり、

 

 

自分とは異なる考え方を持っている人を排除しようとするのが私たちなのです。しかしながら、やはり考え方とか価値観とかって

 

 

人によって違うんですよね。嫌いな人って自分とは価値観が違う事が多いのですが、嫌いな人との接し方としては

 

やはりそういった価値観の違いを認めてあげるという事が大切になってくるのではないか?と思っています。

 

 

「私は違うけど、この人はそう思うんだ。」と客観的な目線で見る事により、両者の関係性はより良いものになっていくのではないか?と思います。

 

生きてきた背景だって、経験した事だって人それぞれ何もかもが違う事がほとんどなんですよね。だからこそ、

 

様々な考え方があるんだという事を認識する事が大切なのです。

 

という事で、今回は嫌いな人との接し方について書いてみました。

関連記事:嫌いな上司が誕生する理由を教えよう。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。