ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

不動産仲介へ転職する時、ブラック企業を見分けるコツ。

業界って本当に色々ありますよね。新卒として企業を探す時に四季報を買ったという人も多いのではないでしょうか?

 

 

実際、見てみると、本当に様々な業界があるんですよね。保険業界もあれば、ディベロッパー業界もある、銀行や商社だってあるんですよね。

 

 

その中でも、今回は不動産仲介業に転職する人だっているわけなんですよね。不動産を仲介するって実はとても魅力的な事なんですよね。

 

 

オーナーである不動産投資家と話す機会だってありますし、最終的には不動産投資家として独立するという人だっているんですよね。

 

しかし、不動産仲介に転職する時にはブラック企業かどうか?という事を考える必要性があるのです。実際、不動産仲介の会社にはブラック企業って多いんですよね。

 

 

いくら不動産仲介の仕事が魅力的だったとしても、実際働いてみてブラック企業だったら大変ですよね。

 

そこで今回は不動産仲介の会社に転職する時、ブラック企業を見分けるにはどうすれば良いのか?という事について書いていこうと思います。

 

 

 

 

 

客付会社はブラック企業が多い

 

 

これは言える事だと思うんですよね。不動産仲介の会社でも会社毎にカラーは違うものなんですよね。不動産仲介の中でも、

 

「客付を中心に行なっている会社」というものはブラック企業である可能性が高いわけなんですよね。客付会社は基本的には

 

物件の契約毎に、お金をもらうわけなんですよね。仲介手数料を求めて営業をしているわけです。ただ、客付専門とかだと、

 

 

「ずっと不動産仲介をしなければいけない」という辛さにストレスを感じてしまう事が実は多いのです。

不動産の管理(入居者からのクレームを受けたりとか、内装・外装関係の見積もりをとる仕事)を中心にやっている会社だと、

 

 

「家賃の数%をオーナーから定期収入」としてもらっているんですよね。つまり、これがストック収入になるわけなんです。

 

しかし、不動産仲介だけをやっている企業に転職してしまうと、「いつもいつも仲介料で稼がなくてはいけない」という重いプレッシャーがかかってきてしまうわけなんですよね。

 

フルコミの会社等もあり、もちろん歩合だってそれなりに良い会社もあるのですが、ずっと仲介で稼がなくてはいけないという状況は辛いものがあると思うんですよね。

 

 

だからこそ、不動産仲介の会社へ転職する時にはその会社が管理に力をいれているのか?それとも営業に力をいれているのか?

 

という事を考える必要性があるのです。これだけでも割とブラック企業を排除できると思いますよ。不動産仲介の会社へ転職を考える時には、

 

少し注意する必要があるのです。

関連記事:転職時に言える自分の強みとは何だろう?

 

 

 

1人あたりの管理戸数は?

 

 

これも不動産仲介の会社に転職する時には気をつけた方が良い事だと思いますね。営業をやるといっても、総合職として採用される事が多いと思うので、

不動産仲介だけではなく、管理にもまわる時がくるんですよね。

 

 

中には兼任しているという人もいるでしょう。そんな時に気をつけなければいけないのが、1人あたりの管理戸数なんですよね。

 

 

不動産仲介の会社に転職する時には会社の雰囲気や成長性ばかりに気を取られがちですよね。ただ、不動産仲介の分野へ転職する時には、

 

まずは「ブラック企業ではないか?」という事を考えた方が良いと思っているのです。1人あたりの管理戸数の平均だと、地方にもよりますがだいたい400戸程度でしょう。

 

 

それを超えたらブラック企業というわけではありませんし、家賃にもよるので一概には言えないのですが、

 

 

概ね400戸を基準にしても良いのではないかと思います。さらっと「だいたい1人あたりの管理戸数ってどのくらいなんですか?」という質問をしてみると、

 

人にもよりますが、答えてくれると思います。

 

 

不動産仲介の分野に転職するという事はとても良い事ですし、高級物件等を専門に扱っている業者さんとかも知っているので、

 

そういった方の話を聞いていると、「やはり不動産仲介への転職って良いな」とも思いますが、ブラック企業なのか?という事に関しては、

 

きちんと調べた方が良いのです。

関連記事:転職先の選び方で絶対に失敗しない方法

 

 

 

扱っている物件の価格を見る

 

 

これも不動産仲介の会社に転職する時には考えた方が良い事だと思うんですよね。地方とかだと、ワンルームて2万円前後の物件とかを仲介している会社ってたくさんあるんですよね。

 

しかし、2万円の仲介をする時の仲介料と100万円の部屋を仲介した時の仲介料では全然違うわけなんですよね。

 

だからこそ、不動産仲介の会社を選ぶ時には「どのくらいの物件を扱っているのか?」という事を考えた方が良いのです。

 

 

これはエリアである程度わかるものなんですよね。銀座とか麻布とかそこらへんだったら仲介手数料だって高くなるので、

 

その分、仲介するべき戸数だって減るんですよね。だからこそ、どのくらいの物件を扱っているのか?という事を考えた方が良いのです。

関連記事:自分に合う仕事を考える事が大切な理由。

 

 

 

 

ブラック企業を見分けよう

 

 

ブラック企業を見分ける事によって、良い企業に入れたらそれはそれで良い事ですよね。多少、その作業に時間がかかってしまったとしても、

 

 

ホワイト企業に入るのが身体的にも精神的にも1番だと思いますしね。最近は新宿・大阪エリアでの転職に限りますが、

 

紹介先からブラック企業を排除しているウズウズキャリアセンター 等のサービスもありますし、ブラック企業か?を調べるのであれば、

 

キャリコネ で企業の口コミを見ても良いですしね。不動産仲介の会社に転職する時、ブラック企業を見分ける方法なんて実はいくらでもあるわけです。

不動産仲介の会社に転職する事自体は間違っていないと思います。ただ、ブラック企業を引き当ててしまう事が多いのですよ。

 

「ババ抜き」でいったら、ジョーカーがたくさんいるような感じ。慎重に選んでいかないとね。

という事で、今日はここらへんで。

関連記事:ブラック企業に入りたくない人はウズキャリを絶対に使った方が良い理由。

 

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。
よく読まれている記事