恋愛と私

結婚において学歴を気にする必要はない

結婚において、

  • 男性は女性に対し学歴を求めない
  • 女性は男性に対しある程度学歴を求める

という傾向があります。

 

これは今までの社会が、高学歴な方が収入がいい、という社会だったことに起因しているのでしょう。

 

ただ、これからの時代、高学歴だからといって収入が安定するか、というとそんなことはありません。

現に高学歴プアという言葉が流行ってしまうほどです。

関連記事:【高学歴プア】学歴の関係ない社会がすぐやってくる

 

すでにネットで受けられる授業だけで高校卒業の資格がもらえる時代です。

これからの時代は教育のあり方もずいぶん変わっていくでしょう。

そして必要なことは「頭の良さ」ではなく、「スキル」になってくると思います。

 

社会がどんどん効率化していくことによって、増える需要もまた様変わりしていく、ということですね。

 

これから結婚する人に向けて特に、結婚するのに学歴は関係ない、という話をしたいと思います。

 

学歴と理解力は違う

 

高学歴な人の方が理解力があるのか、というとそれは違うと思います。

 

というのも、高学歴な人の方が勉強だけに熱中しすぎて融通が効かない、ということが多々あるからです。

 

日本では特に高学歴な人がありがたがられるような風潮がありますが、その社会の流れのせいで「高学歴だから偉い」という不思議な構図が出来上がってしまっています。

 

高学歴な人はその学歴のためにプライドが高く、自分より学歴が下の人を卑下し、意見を聞かない、ということはよく見られることです。

もちろん高学歴な人全員が全員そう、というわけではないですが。

 

仕事をしていて求められるのは「知識」ではなく「理解力」の方です。

 

  • 状況認識能力
  • 判断力
  • 決断力

こういったものがある人は、どんな仕事をしてもそれなりにうまく行く人だと思います。

理解力がある人はこの項目に該当しますが、高学歴な人がこの項目に必ずしも該当するとは限りません。

関連記事:仕事が早い人に共通する6つの特徴とは?

 

学歴と理解力はニアイコール

 

学歴と理解力は違うものだ、というお話をしましたが、

学歴と理解力はある程度比例するとは思います。

 

この人理解力があるな」と思う人はやっぱり高学歴な人が多いですし、

高学歴な人の方がやはりいろんなことを知っていて理解力があるな、と思うこともしばしばあります。

 

ただイコールではなくニアイコールといった感じなのだと思います。

 

一つ言えることは「学歴」というのはあくまで「表層のレッテルでしかない」ということです。

 

学歴だけを見るととても簡単に人のことを判断することができますが、学歴はあくまで表層しか捉えていません。

 

高卒の人でも、ものすごく頭のいい人がいたとします。

でもその人の家庭の金銭事情的に大学に通えなかった、という背景があるかもしれません。

 

私の友人でも実際にそれなりの大学に通っているのに学費が払えずずっと休学をしていて、卒業を諦めるか悩んでいる子がいます。

 

逆に、いい大学を出ていたとしても、エスカレーター制の学校だとしたら、勉強をちゃんとしないで遊び呆けている人もいるし

その大学名に助けられて生きている人もいるでしょう。

 

しかし結婚をする、ということは一生その人と付き合っていく、ということです。

表層の部分ではつながることはできません。

 

「理解力」の部分は自分で判断するしかないのです。

つまり結婚相手も本来は学歴で選ぶべきではないのです。

 

もちろん最初から結婚相手を探すのに学歴を指標にするのはいいことだと思いますが、

相手が低学歴だと知ったら気持ちが冷める、というようなことがあるのは間違いと思います。

関連記事:私が考える離婚の原因ランキング!だから別れるんだ。

 

同じ学歴くらいの結婚相手が多い

 

実際に結婚した夫婦はどうか、というと、実は日本で結婚している夫婦は自分と同じくらいの学歴の人とと結婚している夫婦が多い、と言われています。

 

学歴が理解力とある程度比例する、ということを考えると、やはり自分と同じくらいの学歴、つまり同じくらいの理解力がある人と結婚するのが幸せなのではないかなと思うんです。

 

私にも経験がありますが、自分より理解力があって高学歴な相手とお付き合いをした時は

相手の言っていることにいまいちついていくことができず、なんとなく孤独感を感じるようなことがありました。

 

逆に自分よりも理解力のない人とは話がかみ合わず付き合う、というシーンまでも発展しません。

 

同じくらいの理解力をもった結婚相手と結婚生活を送ることによって

夫婦で乗り越えなくてはいけない困難が訪れた時も、同じレベルで物事を捉えることができ、問題解決もスムーズにいくのではないでしょうか。

関連記事:初めての彼女と結婚する事が不安?

学歴がコンプレックスだと思う事が問題

 

だからこそ、これは思う事なんですよね。結婚においては学歴ってそこまで考えるべき事ではないと思っているんですよね。

 

しかしながら、結婚おいて学歴が邪魔になってきてしまう事だってあると思うんですよね。それはどういう時か?というと、

 

「自分が学歴コンプレックスを抱えている時」だと思っているのです。結婚においては相手は学歴なんて気にしていないのに、自分がコンプレックスだと思っていると、

 

それだけで「なんでこの人は学歴なんかで悩んでいるんだろう?」と思われてしまうわけなんですよね。

 

結婚において学歴を気にしない人なんていくらでもいると思っていますし、別に気にする必要はないと持っているんですよね。

 

結婚において学歴がマイナスになると自分で思っているからこそ、マイナスになってしまうだけであり、本質的には関係ないと思っているのです。

関連記事:婚活が辛いという人はもっと楽しむべき

 

幸せな結婚をするために

 

結婚相手がまだ見つかっていない段階ならば、結婚相手を探す上で学歴を加味することはある程度有効なのかもしれません。

自分に理想とする学歴の程度があるなら、その条件を踏まえた上で結婚チャンステストを試してみてもいいでしょう。

 

しかしもし、結婚するかもしれない相手の学歴が気になって結婚にいまいち踏み切れない、というなら

自分が合っていると感じるならその人と結婚するべきだと思います。学歴はあくまで指標でしかないのだから。

 

結婚で重視するべきは、学歴ではなく理解力だと思いますよ。合っている人と結婚することが何よりも大切だと思う。

 

では今日はこのあたりで。

関連記事:結婚がめんどくさいと思ってしまう女子の心理

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。