恋愛と私

年収は結婚に影響するのか?女である私が本音を語る。

男性はとても真面目な人が多く、私の友人の中でも

  • 職が安定しないと女性としっかりしたお付き合いができない
  • 年収がもう少しいい会社じゃないと結婚できない

という意見をよく聞きます。

 

正直、未だに女性の多くが男性を年収で見ているようなところはあると言えるでしょう。

 

女性が付き合うなら優しい人がいいけれど結婚するなら年収のいい人がいい、というリサーチ結果も出ているそうです。

 

しかし、女性の社会進出が進んできて、主婦がストレスをためやすい社会になっていたり

熟年離婚という言葉が叫ばれるようになるなど、社会の風潮も徐々に変化しつつあります。

 

最近の若い世代は特に女性でも「結婚しても自分も働き続けたい」と言っている女性が多いんですね。

 

年収は結婚に本当に影響するのか、ということについて話してみたいと思います。

 

結婚して仕事をしないことはストレス

 

実は女性に「結婚後も仕事をしたい」という人が増えてきています。

 

これは少し考えれば当たり前のことなんですよ。仕事をして給料をもらうことができれば、自分の努力を数値で表すことができますからね。

つまり年収がそれなりにあれば、それだけ働いたからイコール偉い、という指標になる、ということです。

 

しかし女性が結婚して仕事をせずに家庭に入ってしまった場合、やることは主婦業、つまり、数値では表すことのできない仕事なわけです。

 

そうしたときに仕事をしてそれなりの年収を稼ぐ夫は妻や家族にありがたがられるのに

毎日一生懸命家事をしている妻は家族に感謝されにくい、という状況が生まれてしまうんです。

 

家事をあまりやらない人にはわからないかと思いますが、家事ってかなり時間も労力もかかるんです。

掃除機をかけるにしたって洗濯物を干すにしたって結構な力仕事なんです。でもそこに給料は発生しません。完全なる善意で頑張る必要がある。

 

だから働きたい、という女性が増えているんですね。女性が進学しない時代でもないし、女性が働けない時代でもない。

そんな今の時代において、働きたい女性が増えているのは当然のことなのです。

関連記事:専業主婦でも働きたいという人は結構いる。

 

世帯年収が増えれば暮らしも豊かに

 

働きたい、という女性と結婚する、もしくは奥さんが働くことを良しとしてくれる男性と結婚することができれば

世帯年収はおのずとあがります。

 

それぞれの能力値があるでしょうから年収が単純に2倍になるとは限りませんが、それでも

結婚した二人がそのまま仕事を続けることで、住居や生活に必要なものは1つにまとまるのに働きでが二人になるわけですから

絶対に一人で暮らすよりは支出がミニマムになるはずなんですね。

 

つまり結婚して二人が働けばより豊かな暮らしができるようになる、ということです。

 

その浮いたお金で例えば家事代行サービスのCaSy なんかを頼んでしまえば、家事の心配もありませんし

それでも二人がそれぞれに働いてそれなりの年収をあげることができたら、家事代行を頼んだとしても今までより裕福な暮らしができるはずです。

分業化して、より良い暮らしを実現することができるようになるのです。

そもそも女性だからこそ活躍することができる現場だってあるのに、男性が外で働いて女性は家を守る、という考え方自体が古いんですよ。

何なら男性が戦争に行っていた時代には男性の場合、3年間は兵役で不在になってしまうため、企業が女性労働者を使う流れがあったりもしたんですよね。ほら、日本史で「工場法」とか習ったじゃないですか。

19世紀前後の話です。

仕事は男性が主役の時代だけではないし、今は女性が強い時代だと思います。

関連記事:女性は向いてる?営業職の仕事内容について解説。

 

これからはシェアする時代

 

これからはいろんなものをシェアする時代になってくると思います。

 

社会の風潮からしてそうですよね。

昔は技術はその人だけの専売特許じゃないですが、企業秘密みたいなものがたくさんありました。

今はいろんなものがオープンソース化していて、同じ誰でも無料で簡単に技術を学べるようになってきています。

 

結婚する夫婦の形のあり方もまた同じなのではないでしょうか。

 

家事も仕事もシェアしていくことが、精神的にも経済的にもきっと生活を豊かにすると思います。料理を作るのが面倒な時には、作ってもらえば良いし、掃除だってやってもらえば良い。

社会全体で役割を分担していけば良いのです。

 

ただ、確かに、それは結婚する相手次第、というところになってしまうのはありますよね。

自分の考えに合った結婚相手を見つけることができなければ、やっぱり年収で男性を判断する女性もまだまだいますし、

女性だって働きたいのに家で家事をしなくてはいけない結婚生活になってしまうかもしれません。

お前は家で家事をしてなさい」みたいな亭主関白系男子を捕まえてしまったら、家に引きこもることになりますから。

もし、年収を気にしない、本当に心から好きだ、とそれだけで結婚したいと思える相手と巡り会いたいと思っているなら結婚チャンステストで一度診断してみてもいいかもしれません。

 

簡単な設問に答えるだけで、どれくらい自分の結婚条件に合う人がいるのか、ということを無料で診断してくれます。

 

また、結婚する機会をより増やすために、自分の年収を見つめ直す、というのもまた一つのてだと思います。

 

MIIDAS(ミーダス) では自分の適正年収を調べることができます。

 

転勤のない職業

 

自分が今もらっている年収が本当に適正年収なのか、まず一度調べてみて、もし自分の年収が適正年収よりも低いようなら

ミーダスは診断結果から転職先を探してくれるサービスなので適正年収をもらえる職場に転職することも可能です。

 

結婚するのに必ずしも年収が影響するとは限りませんが、結婚しようと思っている相手次第ではそういったこともあり得るかもしれません。

 

自分の感覚に合う結婚相手を見つけるか、

どうしても結婚したい人がいるなら自分の年収を見つめ直すか、というのが最善の方法でしょう。

関連記事:結婚できるか心配な人がやるべき事。

 

では今日はこのあたりで。

 

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。