恋愛と私

家事をやりたくないという感情は実は普通の事。

女性として生まれて、結婚をし、主婦として家にいるとどうしても家事をしなくてはいけなくなってしまうわけなんですよね。

 

また、1人暮らしの人だってそうですよ。一人暮らしの人だと自分で家事をやらなくてはいけないんですよね。

 

ただ、こういった人たちも実は家事をやりたくないと思っていると思うんですよね。本当は家事なんてやりたくないけど、

 

仕方なくやっているという人が多いのです。しかし、その感情は本当に悪いものなのでしょうか?そうではないと思うのです。

世間的には「家事をきちんとこなしてこそ一人前」みたいな感じに思われているけど、そうじゃないと思う。

 

家事をやっている時間って凄く長い

 

家事をやっている時間って皆さんはどのくらいでしょうか?これはもちろん人にもよりますが、2〜5時間程度はやっているという人がほとんどだと思うんですよね。

食事を作るだけでも1時間程度はかかったりしますよね……。

つまり、1日の多くの時間を家事に使ってしまっているのです。これだと、家事をやりたくないと思うのも当たり前だと思うんですよね。

 

ただ、その一方で1日という単位でみればそこまでの時間ではないと、感覚的には思っている人も多いですし、

家事が習慣化している人にとってはそこまで苦痛ではないという場合だってあるでしょう。

まあ、慣れているから」というセリフを言う人は多い。うん。確かに慣れるものなんですよ。数ヶ月もやれば、自分なりに効率的な方法だって見つけることができる。手順だってはっきりする。

しかし、家事の時間を年間時間に換算すると、

大きな時間になってくる。

人間の人生なんて長くても100年そこらしかないのに、貴重な人生の時間を使って、家事をする。もちろん、それが楽しいなら良いでしょう。

でも、もしも楽しんでやっていないのだとしたら、効率化した方が良いんじゃないかな、って。

関連記事:子育てと仕事は両立できるのか?

家事をやる時間って非効率

 

家事というものは時間がかかるものです。家事というものが自分のためになっているのであれば、もちろん良いと思いますし、

 

それが楽しいのであればこんなに良い事はないでしょう。ただ、そうではなく、家事をやりたくないのであれば、

家事の時間って実はとても非効率な時間になってしまうと思うんです。別に家事をやったからといって、何かのスキルが上がるとか、

 

知恵がつくとかではないじゃないですか?だったら、その時間を別の事に使ってしまった方が良いと思うんですよね。

私もさ、ダイソンで一生懸命掃除をして、部屋が綺麗になったけれど、何かのスキルを得たわけじゃないからね……。

家事だって最近は家事代行サービスが流行っているので、簡単に頼む事ができるんですよね。

CaSy とか使えば、1時間2,190円でやってくれますし、家事をやりたくないのであれば、代行サービスに頼んでしまった方が良いと思うんですよね。

 

家事をやりたくないという感情って実は普通の事なんですよ。誰もが抱える感情だと思う。

 

 

人間として生まれたからには、何か人間としてできる事をやるべきなんですよね。考える能力は人間が他の動物よりも長けている部分だと思うんですよね。

 

だからこそ、思考が必要な事に全ての時間を使ってしまった方が良いと思うんですよ。よりクリエイティブなことに自分の力を使った方が良い。

新しいビジネスを考えても良いですし、遊びに使っても良いでしょう。

家事の時間を削るという行為により、自分の負担というものはなくなっていくわけなんですよね。

 

家事をやりたくないという感情は実は大切にした方が良いものなのです。「家事をしたくない自分=怠け者」だと思っているかもしれませんが、そんなことはない。

家事をしたくない、というのは当然の感情なのだと思う。あなたが純粋無垢な子供だったとして、「ねえお母さん、家事やりたい!」と泣いて訴えますか。違うよね。

関連記事:結婚をしないという選択肢をとるメリットとは?

 

 

家事が下手な人だって当然存在する

 

また、家事をやりたくないという人の中には、そもそも家事が苦手だという人がいると思うんですよね。家事にかかる時間って本当に人によって違うという事なのです。

 

 

家事が苦手な人は得意な人よりも多くの時間がかかってしまうものですし、それがストレスになってしまう事だってあるわけなんですよね。

 

家事をやりたくないと思うのであれば、家事が得意な人に任せてしまった方がやはり良いと思うのです。

家事が得意な人ってやはり実際に存在しますよ。

 

 

片付ける順番だったりとかでもそうですし、手際等が得意な人っているわけなんです。また、その人たちだって自分の得意な分野でお金がもらえるとなったらやりますよね?

 

皆さんも得意のギターでお金がもらえるのであればやるだろうし、料理でお金がもらえるならやりますよね?

 

そういう事なんですよ。ちなみにCaSy では、料理の代行サービスとかもあるので、そういったものを利用してみるのもありですよね。

 

 

時代は変わっていき、人々は「自分が得意な事」をやらなければ、生き残っていけない時代になるのです。

 

だからこそ、家事をやりたくないのであれば、その他の自分が得意な事に全力を注げば良いだけの話なのです。

関連記事:一人暮らしじゃない女性はなぜ婚活に不利なのか?

アウトソーシングする時代になると思うよ

 

家事をやりたくないという感情って、

だらしない印象を相手に与えてしまう事がありますが、そんな事ないと思うんですよね。家事が苦手でやりたくないという人は、

 

家事が得意な人に任せてしまった方が効率的だと思うんですよね。得意な人に任せて、自分自身は自分が得意なことをやる。

例えばさ、私なんかが家事をやったりすると、部屋が余計に汚くなったりするんですよね。

苦手なものは得意な人に任せた方が良い、というのが当然の考え方になる時代が必ずやってくると思う。

家事代行サービスに2,000円で頼んだら1時間、余分な時間が生まれるとする。そうすると、あなたは3,000円程度の時給の仕事をすれば良いわけです。

自営業でも、アルバイトでも、正社員でも良い。こういう計算になると思うのです。まあ別に遊びたければそれでも良いけれど。

最近は周りでもだんだんと家事代行サービスを使う人が増えてきました。

 

そして、今後もそういった流れがますます加速していくでしょう。家事だけでなく、料理や買い物、子育てなど、

 

様々なものが、アウトソーシングされる時代になっていくのです。

 

家事をやりたくないという人はCaSy 等の家事代行サービスで家事をアウトソーシング化してしまえば良いんですよ。

 

1時間で2,190でやってくれますからね。様々なものが分業化される時代がすぐそこまで近づいてきているのです。

関連記事:女性の職場の怖さ

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。