ブロガー「水瀬まりも」とは?
就活の悩みを語る

内定が欲しいなら違うアプローチをしてみる

 

就活において「内定が欲しい」とずるずる悩んでいる人の特徴としてあげられるのは

  • 大手ばかり受けている
  • 企業を受けすぎている

というものがあると思います。

 

中には100社以上のエントリーシートを書いても、内定がもらえない、という人もいるようです。

 

しかし100社もエントリーシートを書いていたら、どんどん一つ一つの企業へかける想いが薄くなっていってしまうでしょうし

エントリーシートを書くのも嫌になってくると思うんですね。

関連記事:【就活生必見】エントリーシートが書けない人へ

 

一社一社をおざなりな感じで就活し続けても、内定はもらえません。

 

そして内定が欲しい、という気持ちの焦りから、さらに疲弊して行ってしまって、就活のモチベーションもどんどん下がっていってしまうと思います。

関連記事:就活はなんとかなる、くらいの気持ちが大事

 

内定が欲しい、という気持ちが強いのはいいのですが、大切なのは受ける企業のことをちゃんと理解し

この一回で絶対に内定をもらう、という気持ちで挑むことだと思います。

 

そのためには戦略的に就活を進める必要があるでしょう。

 

しかし、正攻法で就活を進めると、結局数打てば当たる形式になってしまいます。

本当に内定が欲しいならアプローチ方法を少し見直してみる、というのはどうでしょうか?

 

企業の人とゆっくりじっくり話ができるような就活が実はあるんです。

 

 

 

形式ばった手書きのエントリーシートに説明会も長時間、意味のないリクルートスーツで聞き続けなくてはいけなくて

正直本当にしんどいですよね。

関連記事:なぜエントリーシートは手書きじゃなければいけないのか?

 

そういった正攻法の就活ではなく、自分と合う会社を見つけるための就活方法は実はたくさん存在するんです。

 

そういった就活の方がもちろん内定もとりやすいでしょうし、どういう会社でどんな仕事をするのか、ということもイメージしやすいと思うんです。

 

そういったイメージができないまま内定が出た会社にそのまま就職して失敗する人だってたくさんいます。

 

座談会形式の就活

 

MeetsCompany は座談会形式の就活ができる就活サービスです。

 

実際に一つの机を就活生と企業側が囲んで座談会形式で就活をすることができるので、こちらもまた普通の就活とは違ったアプローチになります。

 

特徴としては1枚のエントリーシートで最大8社の会社の選考を受けることができる、というところが挙げられます。

 

内定直結型のサービスで、ここで開催されているイベントにいくと、一次面接が免除になったりすることもあります。

最短で即日内定がもらえることもあるようです。

 

こういった、企業側と近くで話ができる就活というのがむしろこれからは主流になっていくのではないかなと思います。

 

参考サイト:MeetsCompany

 

スカウト型就活

 

 

キミスカ はスカウト型就活サービスで、登録をしておくと企業側からスカウトがくるというとても効率的な就活方法なんです。

 

これまで内定がもらえなかった企業の履歴も登録することができ、就活でどれだけ頑張っているのか、ということも一緒に評価してもらえるようになっているので

一生懸命これまで就活していた期間も無駄になりません。

 

これまでのインターン実績なども掲載してアピールすることができます。

 

今までは内定が欲しいがためにたくさんの企業にこちらから出向くしか就活方法ってなかったと思うんですが

こういうサービスを使うことによって、企業側から選んでもらえるような就活ができるんですね。

 

また、基本的にスカウト型の場合は自分に興味がある企業がスカウトをしてくれるわけですから

内定につながりやすい就活方法と言えるわけです。

 

内定が欲しい、という人はこういった方法で就活をすればきっとすぐに内定がもらえると思います。

 

参考サイト:キミスカ

 

自分に合った企業とのマッチング

 

就職活動はいきなりやってくるもののように感じる大学生も多いと思います。

 

まだ自分のやりたいことも、自分自身のことについてもよくわかってないまま就職活動をしても

実際にどんな仕事をしたいのかなんてわからないし、そのまま内定をもらった会社に就職しても会社が合わないと感じて悩むことになると思うんですね。

 

だったら、マイナビ新卒紹介等のエージェントを使ってみても良いと思うんですよね。

 

自分の適性を判断してもらい、そこからプロの目線で「合っている企業」というものを探してもらうのです。

 

 

こうする事によって、ミスマッチングってなくなってくると思うんですよね。内定が欲しいならこういった違ったアプローチを考えみても良い場合があるんですよね。

関連記事:就活に失敗して引きこもりになったらするべき事。

 

 

自分の就活スタイルを見直そう

 

内定が欲しいのになかなか内定が出ない、という人はぜひ自分の就活スタイルを見直してみてください。

 

何枚も何枚もエントリーシートを書いて、合同説明会や面接にたくさん行く、というだけが就活ではありません。

 

きっとそういう就活方法で内定をもらうよりも

自分にあった企業をしっかり見定めることができる方法で就活して内定をもらったほうが、就職して働いてからも間違いがないと思います。

 

では今日はこのあたりで。

 

よく読まれている記事
関連記事だよ