就活の悩みを語る

就活するなんてもったいない

私は就活をしているひとを見ているともったいないなって思う時があります。なぜか?それは学生だからといって誰しもが社会人に劣っているとは限らないからです。

 

社会人になると会社の規則とか色んなものがあって、その会社でしか使えないようなことをたくさん覚えることになります。

 

だからこそ、最初は「先輩ってすごいな….」とか「自分はまだ未熟だ….」って思いがちなんですけども

そうではないことだってたくさんあります。

自分で何かを始めるときって結局はそのアイデアとか人としての価値とかそういったところが重要になってくると思います。

最初は敬語がうまく使えなくたって実はそんなのたいしたことないというかそのうちにわかってくるものでして….

私なんて最初は名刺の受け取り方とかも全然わからなくてもらった瞬間に全て名刺入れにしまってしまって。

目の前に座っているひとの名前がわからなくなりましたからね。

しかし、いまでも関係は良好なわけですよ。何か自分でやりたいことがあるっていうことならやってみてもいいのになって思います。

 

 

 

志望する業界って正しい

 

就職活動をするときってまあ、第一志望みたいなものを決めますよね。それは商社であったり百貨店であったり様々かと思いますが

私からしたら思うんですよね….. 「どうやって選んだ!?」って。

 

だって短い時間のなかで志望する業界とかを選ぶわけですよね、そうするとその業界がどんな業界かはわかっていたとしても会社がどんな感じかなんてまったくわからないですよ。

 

でもそれでもなぜか志望度の高い(と思っている)企業を見つけて面接を受けるんですよね。これは本当に不思議なことだなって思います。

 

見つからないんだったらそれまで待ってみてもいいし、自分でなにかはじめてみてもいいですよね。

 

例えば「小説家になりたいです!」って人がいればいまは自分の書いた本を出版する機会なんて素晴らしいものも与えられているわけですからやってみればいいわけです。

 

それで売れないようだったら才能がなかったってことですしね。

 

実際にやってもみないで自分のことを否定的に捉えてしまっているひとって絶対にいると思います。私の周りでも凄い優秀なひとっているんですけど、就職を選んでいましたね。

 

業界最大手とかそういう一流企業にいきましたよ。そういう生き方ももちろんあるとは思うのですが、そうじゃない生き方のほうがあっているひともたくさんいると思うのです。

 

昔、知り合いの弁護士さんがよくいっていたことがあるんです。

 

「大企業にいたひとが起業すると大体失敗する。」

 

これ不思議だとおもうひともいるんじゃないですかね?逆にベンチャーとかにつとめていたひとは

「たしかに…」となっていると思います。

これなんでかっていうと大企業の場合、その企業ブランドというものがあるのでなにをするにもブランドの力というものが働くんですよね。

 

だから例えば営業成績が良くて有頂天になっているひとでもそれは大企業というブランドがあるからと言った場合がかなりあるんです。

 

その点、ベンチャーだとほとんど名前を知ってもらっていないなかで最初の段階からサービスなり商品を作っていくので「事業を作り、広めていく」能力があるんですよね。

 

単に大企業だから良いというわけではないと思いますし、自分自身が1番いきたいと思っていた企業が正しくないときだってあると思います。

自分自身に嘘をつかないでもう一度考えてみたらもっとよりより選択が出来るのではないかと思います。

関連記事:就活をしてない学生は本当に悪いのか?

 

 

忙しくてほかのことが考えられない現実

例えば、新卒で入社したと同時に自分の事業を新しく作ってそれが軌道に乗ったらやめよう!みたいに思っていたひとって結構いるんじゃないですかね。

 

しかし、実際のところ最初は覚えることもとても多いし現実的には平行で自分の事業をやるなんて全然できませんよ。

 

また、金曜日になったら頑張ろうって思っていたひとも会社にはいってみると意外と変わってしまうものですよ。

だって一週間ってかなり長いですからね。その一週間を慣れなくて好きじゃないことに費やしているともう金曜日くらいには死にそうな顔になっているんですよ。

 

でも、給料というものが毎月はいってくるからなんとなく嫌でも続けられるものなんです。賞与だってそれと同じで賞与の前ってたいていのひとがやめたくなってくる時なんですよ。

でも賞与がでるまではとりあえずいよう!となるわけです。でも実際に賞与をもらうと不満とかが少し軽減されているんですよね。

会社のシステムって本当によくできていますよね。

 

実際、会社にはいって色んな才能がなくなってしまうのがもったいなってやっぱり思ってしまうんです。人にはそれぞれ得意なことがあると思うのに

それを使わずして人生の多くの時間を消費していくなんてやっぱり少しおかしいなって思います。

というわけで今回は就活について書いてみました!

こちらの記事もどうぞ!私が就活をしない理由

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。