就活の悩みを語る

【就活】中小企業に就職するメリット

 

最近では大企業よりも中小企業の方が就職活動をしている大学生には人気なようです。

 

近年では大企業に就職したから将来安泰、というわけでもないので、

融通のききやすい中小企業の方が働きやすいと考えている人の方が多いのかもしれませんね。

関連記事:大企業に入るメリット・デメリットを考えてみた。

 

でもやっぱり親世代からしたら、自分の娘・息子は大企業に就職してくれた方が安心するし、誇らしい、というところもあるのでしょう。

そんな影響もあって、大企業に就職しようか中小企業に就職しようか悩んでいる人も多いはずです。

 

今回は中小企業に就職することのメリットをまとめてみました。

就職先選びの参考にしてみてください。

 

上層部との距離が近い

 

中小企業に就職することの一番のメリットとしては上層部との距離が近い、ということがあげられるでしょう。

 

大企業に比べて従業員数が少ない中小企業では、社長と机を並べて仕事をする会社も多いです。

そうすると、今会社がどのような方向を目指しているのか、ということがやはりわかりやすいんですね。

 

つまり目の前の仕事にとらわれすぎず、会社の方向性を長期的に考えた仕事をすることができます。

 

自分がやっている仕事がどんな風に会社の役に立っているのか、ということがいまいちわからないことが多いのが大企業だと思うんですが

中小企業だと自分の仕事がどう会社の運営に反映されているのか、ということが見えやすいんですね。

 

大企業で勤めている人がうつ病になってしまう話をよく聞きますし、実際私の周りにもそういう友人が多いですが

彼らに共通して言えることは「仕事に意味を見出せていない」ということなんです。

関連記事:うつになったら身体にこんな症状が出ます。無理なんてするな!

 

仕事する上ではやっぱり人間は「自分が必要とされている」というのを感じたいものなんです。

それがアイデンティティーになりますからね。

 

だからこそ、上層部や社長に直接関わることができる環境に就職することで、自分のアイデンティティーを感じながら仕事ができるようになるんですね。

関連記事:いい会社の社長は人になんでも聞く

 

意見しやすい

 

中小企業では社長や上層部と一緒に机を並べて仕事をすることも多いので、自分の意見もしやすいというメリットがあります。

 

中小企業側はやっぱり「会社を伸ばしていきたい」という気持ちが常にありますから、モチベーションも高いので

そういった周りの意見にも耳を貸しやすい状態になっているんですね。

 

なので、会社でおかしいと思ったことがあったり、改善点を見つけることができたら中小企業だと自分の意見一つでそれを改善できる可能性があるんです。

 

これが大企業だとそうもいかなくて、意見をするのにもまず自分の上司。

そこから上に意見が上がっていかないこともしばしば。

そうやって大企業は成長が止まってしまうんです。

 

自分の意見を反映しやすい、というのは中小企業に就職する大きなメリットとも言えるでしょう。

関連記事:リストラは大企業で起こる時代?

 

仕事にやりがいを感じやすい

 

中小企業に就職すると、任される仕事のウェイトはやはり大きくなります。

そもそも大企業のように人が余っていませんし、中小企業は少人数で効率的に仕事を回していかなくてはいけないようなところがあるんですね。

 

だからこそ、責任は大きくなるかと思いますが、一人一人がなくてはならない存在になることができるのが中小企業なんです。

 

大企業に就職すれば、中小企業に比べて確かに毎月良いお給料をもらうことができるでしょう。

 

しかし大企業の仕事はより細分化していて、会社のブランドイメージで就職したはいいものの

就職して働き初めてみたら思い描いていた仕事内容とは全然違う、なんていうことも多々あるかと思います。

 

そういったことも、中小企業だとあまりないんですね。

関連記事:就活に失敗して死ぬ?そんな必要はどこにもないでしょう?

 

仲が良いところが多い

 

複数の中小企業を見てきましたが、やはり大企業に比べると中小企業は社員同士の仲が良い会社が多いです。

 

大企業だとどうしても普段の仕事では接する機会の少ないお偉いさんがいるので、

下の人たちは下の人たち、上の人たちは上の人たち、という輪ができてしまいがちで、縦の繋がりが薄くなってしまうんですね。

 

中小企業だとあまり上下関係も明確にしすぎておらず、社員同士が交流できるような機会を多く設けているところが多いように思います。

 

就職採用も面白い形でやっているところもありますね。

キミスカ なんか良い例だと思います。

 

 

キミスカは登録した就活生に企業側からスカウトが来て自分に興味がある企業のみとマッチングすることができるサービスです。

 

就職採用の時点からこういった仕組みを取り入れているのは非常に良いことだと思います。

 

たくさんある企業の中から自分に合う企業を見つけるのは難しいですが

自分に興味を持ってくれてる企業だけを見据えて就職活動をする、というのはとても効率的ですよね。

 

参考サイト:ミスカ

 

中小企業への就職がおすすめ

 

中小企業へ就職することのメリットについて話してみましたがいかがだったでしょうか?

 

大企業へ就職することよりも、中小企業へ就職することを強くおすすめします。

 

今はフリーランスになる人も増えていますし、中小企業やベンチャーにものすごく勢いのある時代です。

関連記事:フリーで仕事をするメリット

 

自分が仕事を楽しめるような仕事を探す、ということに重きをおいて就職を考えた方がいいのではないかな、と思います。

 

最近は、転職をしようと思ったら、マイナビ新卒紹介等のエージェントから実際の企業の情報も手に入る時代ですし

中小企業に就職する時にも、良い条件で就職や転職が出来るようになったきたんですよね。だからこそ、中小企業に行ってみるという選択肢を考えても良いと思うのです。

 

では今日はこのあたりで。

関連記事:就活が苦しいと思うのはなぜか?

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。