仕事

新入社員が転職する時にやるべきこと

新入社員として会社に入ってみて、「なんだか思っていた感じと違う」と思うことって実は結構多いんじゃないかと思います。

 

でもそれは当たり前のことで、

就職活動の時に面接をするのはその会社の人事担当なわけで、実際に会社に入って一緒に働く人とは全然違うわけですよね。

 

就職活動の時点では会社のブランドや大体の業務内容で会社選びをするかもしれませんが

新入社員として配属される部署によっては想像していた業務内容とは全然違う、なんて往々にしてあることだと思うんです。

 

まだまだ入社したての新入社員でも転職を考える人もいるでしょう。

新入社員だけど転職を考えている、という人が絶対に考えるべきこと、やるべきことをまとめました。

 

新入社員が早く転職するべき理由

 

新入社員は会社が合わないと感じて「転職をしようかな」と考えたとしても、会社に入ったばかりの新入社員のうちから

会社を辞めてしまうなんて人間としてだめだろう、と思う人が多いと思います。

 

ただ、新入社員で会社が合わないな、と感じたらむしろ早く会社を辞める方がいいんですね。

 

新入社員としていればいるほど仕事を覚えることになります。

せっかく仕事を覚えてから辞める、ということになると余計に迷惑がかかってしまうんです。

 

長くいればいるほど人間関係もできてしまいますし、会社に愛着も出てきてしまって転職しづらくなってしまうと思うんです。

関連記事:会社を辞められない人の特徴

 

会社にばれないように転職活動を始める

 

新入社員こそ転職を決めたらさっさと動き始めるべき、とはいったものの、転職先が決まらないうちに会社を辞めるのも不安でしょうし

かといって在職している間から転職活動を始めるのは、職場の人に転職活動がばれたときが厄介ですよね。

 

だからこそ、そんな時にはリクルートエージェント等のエージェントと一緒に転職活動をしてみたら良いと思うんですよね。

リクルートエージェント

 

年収交渉とか、面接の日程調整もしてくれますし、未経験業界のセミナーとかも開催しているんですよね。

 

転職をしたいと思った時に、「やっぱり他の業界も興味がある」という人でも、対応してくれるのです。こういったところって珍しいと思うんですよね。

 

 

業界もWEB業界に特化しているため、第二新卒で業界に入る人も多い、というのが特徴なんですね。

WEB業界に自信がない、未経験だ、という人はまずはフリータイムで学ぶことができるパソコン教室ならKENスクールにを使ってみるだとか

プログラミングのことを無料でなんでも質問することができるteratail を使ってみても良いと思いますよ。

関連記事:現役エンジニアがteratail(プログラミングの質問サイト)を絶対におすすめする理由

 

新入社員だと会社の中でも立ち位置的に微妙なところがあると思うので、まずは会社を辞める前にこういった周囲にばれない転職活動を始めてみるのが良いと思います。

関連記事:私がリクルートエージェントをおすすめする理由。

 

 

転職先の決め方

 

転職先の決め方は絶対に失敗しないようにしましょう。

 

就活の時は会社のブランドでほぼ決めていたようなところがあるかと思いますが、就活の時と同じように転職をしてしまっては結局また自分に合わない会社に転職してしまう可能性があります。

 

なので転職先のリサーチは徹底的に必要だと思うんですね。

そんな時に役に立つのキャリコネ がです。

 

キャリコネは無料会員登録をするだけで企業で実際に働いている人の企業への口コミをみることができます。

 

企業口コミのキャリコネ

 

労働条件はもちろん、給料や会社の雰囲気についても生の声をみることができるので

こういったものを転職を考えている人は絶対に見るべきだと思うんですね。

 

サラリーマンの年収

 

キャリコネに無料会員登録をするとこういった形で企業の詳細を調べることができます。

 

就職活動ではどうしてもその企業の人事担当にしか会うことはできませんし、

実際に仕事に入ってみないとどういう仕事をするのか、ということがいまいち想像できないと思うんですね。

 

だから新入社員として会社に入ってしまってから間違いに気づく、ということが多々起こってしまうんです。

 

ただ、こういった企業の口コミサイトを調べて転職先を決めることによって、転職を失敗する可能性がぐっと下がってくるでしょう。

関連記事:転職においてワークライフバランスは大切なのか?

 

新入社員は賢く転職

 

新入社員が転職する、というのは決して悪いことではないと思います。

 

ただ、転職活動を賢くやらないと、また転職した先で会社が合わないということになってしまったら

再度転職をしなくてはいけないような状況になってしまいます。

 

新入社員でも転職したい、と思うなら賢く転職情報を集めてきちんと自分に合う転職先を見つけられるようにしましょう。

 

もし自分のやりたい仕事がいまいちわからない、という状況なら自分の強みや活かせるスキルを診断してもらえるグッドポイント診断もつかってみるといいかもしれません。

 

では今日はこのあたりで。

関連記事:仕事での強みと適職を「グッドポイント診断」で研究してみた。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。