転職

転職を妻に相談するべきではない理由。

転職をする事って結構大きな決断だと思うんですよね。転職をする時には、給料がどうなるのか?果たしてきちんと転職する事ができるのだろうか?と不安になると思います。

 

そして、家庭がある人であれば、妻に相談するべきか?という事を悩む人だっていると思うんですよね。

 

でも、個人的には、転職する事を妻に相談するという事はやめたほうが良いと思っているのです。

うん。妻は家族です。だから、相談するべきだ、と言われればそうかもしれない。

ただ、正しいことが常に正しいとは限らないんですよ。

妻は確実に反対するから

 

転職を妻に相談したら「明るい答え」が返ってくると思っていませんか?そんな事はないんですよね。

転職するの?良いじゃない!次の仕事も楽しみだね!一緒に探していこう!」なんて言ってくれる人はいません。

 

奥さんが専業主婦の場合だったら、なおさら転職活動には反対する人が多いのではないでしょうか?転職を妻に相談する時って、

 

転職しようか迷っている時」だと思うんですよね。転職活動を始めた後ではないはずです。でも、そんな事をしたら、

 

絶対に反対すると思うんですよね。子供がいる場合とかだと、月にかかる費用だって大きなものになってしまいます。

だからこそ、転職は妻に相談するべきではないのです。

家計は男性を中心に回っていることが今でもやっぱり多いから。

 

妻に相談した事によって、何か変わりますか?これって変わらないと思うんですよね。もしも反対されて転職をやめるのであれば、

 

それまでの転職意欲だったという事ですしね。

 

本当に転職をしたいという事であれば、自分が本当に信頼している人だけに話した方が良いのです。私の周りでも妻に転職をする事を黙っていた人がいたのですが、

 

その人も、「きっと反対されるだろうし、転職の事を妻に相談して疲れるのは自分だからやらなかったんだ」とおっしゃっていたんですよね。

 

それくらい男性は考えているものですし、転職の時って精神的にも不安定になりがちなんですよね。

だからこそ、転職を妻に相談して余計に不安な気持ちにさせられるのが辛いと思っているのです。だったら、自分で決めて転職をした方が楽だと思うんですよね。

決断する時には1人の方が良い。

関連記事:転職したいけど、何がしたいかわからない時に考えること

妻の心のケアをしなくてはいけなくなるから

 

これも言える事だと思いますね。

転職を妻に相談して、なんとか転職活動が出来たとしても結局面倒なのが「妻の心配」だと思うんですよね。

 

自分だって転職ができるのか?が心配なのに、妻の心のケアまでしなくてはいけないというのは辛いものがあるんですよね。

 

1度でも転職を妻に相談した事がある人なら転職を決めるまでの「微妙な感じ」を理解している人がも少なくないのではないでしょうか?

 

妻と夫というものは生活を共にしている共同体です。だからこそ、夫の収入に頼っているのであれば、心配になって当然なんですよね。

夫の収入が無くなってしまったら、家計そのものが回らなくなってしまうから。

 

でも、夫からしたら「1度しかない自分の人生」なんですよね。だからこそ、やりたい事をやるために転職をしたい時だってあると思うし、

 

転職をするのであれば、それに集中したいものですよね。転職を妻に相談したところで何も良い事ってないんですよ。

それくらいの決断をしないくらいだったら転職しない方が良いわけですしね。

 

妻に相談するのは「楽になりたいから」という自分のエゴだったりするのですが、それが結局は自分に返ってきてしまう事もあるのです。

 

だったら、最初から相談しない方が良いんですよね。

関連記事:転職の時の仕事の選び方

お金の管理が厳しくなるから

 

これもありますね。転職活動をする時ってどうしてもストレスが溜まってしまうものなんですよね。本当に転職ができるのか?

 

という事を考えながら転職をするって辛い事なんです。だからこそ、ストレス発散のためにお金を使いたくなる人もいると思います。

 

ただ、これも転職を妻に相談してしまうと、どうしても反対されてしまうのがオチですし、お金の管理がより厳しくなって、

 

ストレスを発散する場所がなくなってしまうわけなんですよね。

こうなってしまうと、成功する転職も成功しなくてなってしまうんですよね。妻に相談した事によって、様々な制約が出来てきてしまうのが、

 

転職活動というものです。

 

妻に転職する事を相談して良い事なんてないのです。

関連記事:転職を失敗してすぐ辞めるのは悪い事?

ある程度の貯金を作っておいた上で相談をするなら良い

 

これも思う事なんですよね。基本的には転職の事を妻に相談するという事によって起こる良い事なんてないと思っているのですが、

 

それでも、「内緒にしているのは何か申し訳ない」と思う人だっていると思うんですよね。こういう場合に関しては例外的に言ってみても良いと思います。

 

ただ、それでもある程度の貯金がある状態の方が良いと思うんですよね。ある程度の貯金がある状態であれば、

 

転職の事を妻に相談しても、「まあ、貯金があるからそれまでに転職すれば大丈夫でしょう。」と思うものなんですよね。

失業保険も90日程度は出ますしね。自己都合での退職でも。日本って素晴らしいよね。そういう面に関しては。

 

まあ、でもさ、私は1年間生活出来るくらいのお金は持っておいた方が良いと思うんですよね。だいたい200万円程度もあれば、生活をする事が出来ると思うので、

 

転職を妻に相談したい!とどうしても思うのであれば、ある程度の貯金を貯めておいた方が良いと思うんですよね。

 

それによって奥さんの反応って変わってくると思いますし、その方が疲れないと思うんですよね。転職の事を妻に相談しないなんてありえないという考え方の人もいると思うので、

 

そういった場合には貯金を明示した方が効果的だと思っているのです。

あとでバトルになるのも嫌ですしね。私の場合は単純に言ってしまいそうです……。

関連記事:仕事を変えたい人が当たり前に転職する時代。

妻に相談しないで転職するなら在職中

 

ただ、会社を辞めてから転職活動をするとなると、

どうしてもバレてしまうと思うんですよね。「あれ?会社はどうしたの?」となってしまうと思うのです。

また、妻にどうしても相談する時でも、「在職中の転職活動」なら許してくれる可能性も高いわけなんですよね。

 

だからこそ、私は在職中に転職活動をする事をおすすめしているのです。

リクルートエージェントを使えば、エージェントと共に転職活動が出来ますし、年収交渉とか面接日程調整もしてくれるんですよね。

非公開求人

非公開求人も75%以上ですし。

関連記事:私がリクルートエージェントをおすすめする理由。

また、転職を妻に相談しない理由の1つに「給料が下がるかもしれない」という不安がある方も多いかと思うので、

 

そういった方は転職時の「想定年収」を算出できるMIIDAS(ミーダス) とか使って、転職をしてみると良いんじゃないかね。

私の場合は「700万円」を超えました……。転職したらそんなにもらえるのか、と……。

まあ、私はサラリーマンにはならないんですけどね。

 

妻に転職の相談をしないままに転職活動をする事が怖いと思う人だっていると思うんですよね。でも、だったらそういう人は

 

転職後の年収をある程度の範囲内に自分で調整する事が大切だと思うのです。

 

また、その過程では在職中に転職活動をするのが良いですよね。在職中の転職だと、妻に気づかれない事はもちろんの事、

 

気づかれてしまったとしても、まだ会社に所属しているので安心感が違うと思うんですよね。

 

妻に相談せずに転職活動をして、バレてしまった時の事も想定して転職活動をするのが好ましいのです。

バレた時には妻はもちろん心配するはず。

 

子供の養育費もあるのに、どうするのよ」と怒る奥さんもいますから……。

ある程度は想定しておいた方が良いのです。あらゆることを。

関連記事:転職のデメリットを踏まえて決断する

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。