就活の悩みを語る

就活で吐きそうになるって精神的にきてると思うんです。

就活で苦労する人っているんですよね。私の周りでも就活でとても辛い顔をしている人って実は多かったんですよ。

 

華の大学生と言われますが、大学生も就活の時期になると変わります。企業の説明会にいき、面接にいきという毎日を繰り返さなければいけないんですよね。

 

これって実はとても大変な事なのです。

そんな中でも吐きそうになってしまう人だっているんですよね。ただ、就活において吐きそうになってしまうという事は実はかなり危険な事だという事を理解しなければいけないのです。

そもそも、吐きそうになるまで頑張る必要なんてないのですから。

 

緊張で吐きそうになる

 

就活で吐きそうになる時って大切な時だと思うんです。2次面接とか、最終面接で気持ち悪くなってしまう人っているんですよね。

 

でも、これって困るんですよね。

 

ただ、面接などで緊張してしまうのって、頑張ろうと思うからなんですよね。なんでもないものだと思う事は不可能だと思いますが、

 

結局は心構えだと思うんですよ。就活は頑張らなくてはいけない。就活は歯を食いしばっても頑張る必要のあるものだと、

 

思っていたり、教えられたりしたからこそ、就活で吐きそうになってしまうんです。私の友人でもそういう人っていましたし、

 

そういう人は意外と多いのではないか?と思っています。就活での緊張で気持ち悪くなるくらい真面目なのであれば、

就活だって成功すると思います。だからこそ、別にそこまで追い詰めて頑張る必要性はないのです。

 

緊張で吐きそうになると、就活自体が嫌になってしまう事だってあると思うんですよね。ただ、これだってだんだんと変わってきます。

就活で吐きそうだった人だって考え方を変えればもちろん辛くなくなりますし、だんだんと慣れてきたら吐きそうになる事ってなくなってくると思うんですよね。

慣れって怖いもので、私も最初は緊張していたのに、途中からは「もうどうでも良いや」と思って、楽になりました。

意外とどうにかなるものです。大丈夫。

関連記事:就活を早く終わらせるにはどうすれば良いのか?

内定がもらえるか不安に思って吐きそうになる

 

就活って大学生にとっては「人生を決めるイベント」だと思っているものなんですよね。良い会社に入れば一生安泰だし、

 

逆にそこでしくじってしまえば、良い家にも住めないし結婚もできないと思ってしまう人も多いのではないでしょうか?

 

でも、これってそんな事ないんですよね。内定がもらえたという事だけで安心してしまうのは間違っていると思うんです。

これからは会社の仕組みだって変わってくると思いますよ。

そもそも、会社だけじゃなく働き方だって大きく変わってくるでしょう。だからこそ、就活で内定がもらえるのか不安だったとしても、

 

そんな事を思う必要性はないわけです。大企業だから潰れないという事でもないですからね。自分にあっている仕事をしていれば良いのです。

内定をもらえるのか?が不安になる事で変わる事って実はないんですよね。吐きそうになっても変わるものではないし、あがいても実は何にもならないものなんですよ。

 

ダメな時はダメですし、それはしょうがないと思って割り切るしかないんですよね。

関連記事:就活にやる気がでない時の解決法

周りと比べてしまって吐きそうになる

 

就活も中盤になってくると、だんだんと「俺は内定もらった」という人が出てくると思うんですよね。

言わなくても良いのに、内定取れた自慢をしてくる人っているのよ……。

そういった内定自慢をされる事によって、吐きそうになってしまう時ってあるんですよ。自分は内定がないのに、

 

周りはだんだんと就活を終えてきている。そう思うと、辛くなってきてしまうんですよね。これは誰でもそうだと思います。

 

ただ、そこで吐きそうになってしまう人だっているんですよね。他人が普通に出来ている事を自分が出来ていないという比較意識を持ってしまうために、

 

辛くなってきてしまうのです。

 

でも、周りと比べる必要性なんてないんですよね。内定をもらえて就活が終わったといっている人だって入った先がブラック企業の可能性がありますし、

 

別に卒業までに就活を終わらせれば良いじゃないですか。それくらいの気持ちでやっても良いと思います。

一生、内定をもらえない人なんてどこにもいないのだから。周りの人たちが内定を取るようになると、自分だけが取り残されたような気分になるよね……。

でも、大丈夫です。そこまで思い悩まなくても良い。

関連記事:【就活生必見】面接で好印象を与える方法

逃げてしまっても良い

 

就活で吐きそうになるくらいなのであれば、休んでしまえば良いのです。

 

確かに就活を頑張る事って大切な事かもしれません。そして、頑張って内定をもらったという人だってそれなりにいるでしょう。

 

でも、吐きそうになるって本来はかなり危険な状態なんですよね。だったら、1度でも逃げてしまった方が良い場合があるのです。

 

逃げてからわかる事だって実はたくさんあるんですよ。

 

 

途中で逃げてしまったとしても、キミスカ を使えば、「最終面接まで行った・2次面接まで行った」という部分を評価し、面接を免除してくれる事もありますし。

実際、「この前最終落ちたからもう無理だ・・・」と辛くなってしまう人だって多いものなんですよ。

 

実は選択肢なんていくらでもあるんです。ただ、就活をしているといつのまにか周りが見えなくなってきてしまうんですよね。

 

そして、冷静な判断が出来なくなってしまう場合があるのです。

 

就活がもう無理だと思ったならやめてしまって、他の選択肢をとるという事も可能ですしね。

テックアカデミー 等でプログラミングの知識をつければ、受託案件とかも出来るようになりますしね。

働き方だって実は多様なんですよ。

就活で吐きそうになっている人は真面目な人です。だから、未来のことが不安になるんですよね。

どうなってしまうのだろうか」と不安になる。でも、最悪、逃げても良いんです。私たちは楽しい人生を過ごすために生まれてきたじゃないですか。

別に、世間のためとか、周りの人のために生きているわけじゃない。

うん。だからね、もっと楽に生きてみようよ。

関連記事:就活って本当に大変なの?

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。