就活の悩みを語る

就職しない生き方もある

中学高校大学と進んできて、大学後半になってくるといよいよ就活ムードになってきますよね。

周りの友達が一気に将来を考え始めて、その様子に戸惑う人も多いでしょう。

 

そして就職したくない、ずっと学生でいたい、という気持ちは誰にでもあるものだと思うんです。

学生って楽ですしね。

 

私は就職したくないと思い、就職をしませんでした。

就職活動も1ミリもタッチしていません。

関連記事:私が就活しないで生きる理由

 

そもそも大学を卒業したら就職するんだ、という世の中の流れが間違っていると思っています。

 

就職しないで生きる、という生き方もあるんです。

 

就職のデメリット

 

就職をすることってとてもデメリットが多いんです。

なのにみんな就職をすることを当たり前だと思って、就活時期が来たら就職するものだと思い込んでいますよね。

 

でも実際今では高校生で起業して会社を作ってしまうような人もいますし、新卒でフリーランスとして働き始める人もたくさんいるんです。

 

みんなそれを知らない、或いは知ろうとしないで就職活動になんとなく入ってしまうんです。

就職することにおけるデメリットを一度しっかり考えてみましょう。

 

就職活動に割く労力

 

まず就職活動に割く労力が本当に無駄だと私は思っています。

 

エントリーシートを手書き?なんてものすごく古いですよね。

相手がちゃんと読むか読まないかもわからないようなエントリーシートを何社も何社もその会社の特徴や社風に合わせて下書きして清書して。

 

結局その中の1社にしか就職しないのになんて無駄な時間なんでしょう。

何社も何社も書いていたら書くことも大体同じになってきてしまって何を書いたら良いのかわからない、なんてこともあるでしょう。

関連記事:【就活生必見】エントリーシートが書けない人へ

 

面接に行くのだって移動にも、その面接時間にも時間がかりますし、それを何社も、となったら相当の時間を費やすことになりますよね。

 

その時間何か新しいことを勉強すれば、それだけでフリーランスとして生きていくことができるんじゃないかと思います。

 

しかもそうやって一生懸命した就職活動の末に就職した会社も本当に自分に合う会社かどうかなんて入ってみないとわからないですよね。

 

就職活動って実際の仕事がどんなものなのか、どういう人たちと一緒に働くのか、ということをわからないままにするものじゃないですか。

 

本当に働いてみて自分に仕事が合わないことなんていっぱいあるんですよ。

関連記事:働きたくない就活生はなぜ増えているのか?

 

会社に勤める無駄

 

会社に勤めるのもたくさんの無駄がありますよね

  • 自宅でもできるような仕事なのに出社しなくちゃいけないその通勤時間
  • 行きたくない上司との飲み会
  • 何も決まらない定例会議
  • 意味のない報告書

など。

 

きっと自分で考えて行動することが得意な人は就職をするとその無駄な時間にイライラしてしまうことが多いと思います。

 

仕事が単調すぎるとその仕事に飽きてしまって結局転職、ということにもなりかねません。

関連記事:「サラリーマンを辞めたい」はまともな思考

 

給料を握られる

 

会社に就職する、ということは給料を握られる、ということです。

 

就職をしたらとりあえず生活が安定する、という風に考えている人が多いようですが、今は大企業こそリストラに踏み切る時代。

関連記事:リストラは大企業で起こる時代?

 

就職をすることで生活が安定する、と考えている人が一番危ないです。

 

会社は簡単に倒産するし、簡単に首を切ってきます。

そんな時に自分の手に残るものが何もない人は転職すら難しくなってしまうんです。

 

会社が倒産しないにせよ、給料を握られることに変わりはありません。

 

いくら頑張っても給料が増えなかったり、自分よりも全然仕事をしていない人が自分よりも給料をもらっていたり。

 

会社に就職する、というのはそういうことなんです。

 

生活を決められる

 

そして給料を握られる、ということは生活を握られることでもあります。

 

お給料をもらっている身分なら、会社の言うことにある程度従わなきゃいけない、と思うでしょう。

 

すると会社に決められた時間に通勤するのが当たり前だと思うでしょうし、会社から呼び出しをされたらプライベートを放り出してでも会社に行くでしょう。

 

それは生活を会社に握られるということですし、人生を会社に決められてしまう、ということとも同義だと思うんです。

 

本当にそれで、いいのでしょうか。

関連記事:就職できなかったからって絶望しなくても良いんじゃない?

 

就職しないで稼ぐ方法

 

 

就職しないで稼ぐ方法、今ならたくさんあると思うんですよね。

 

スキルがなくても始められるような仕事はいっぱいありますし、プログラミングやウェブデザイン系のスキルがあれば、単発で10万円前後の仕事もたくさん転がっています。

 

就職しない、と決めたなら、そこからKENスクールや、オンラインでもできるテックアカデミー 等のパソコン教室でスキルをつけて、大学を卒業してからフリーランスとしてやっていってもいいですよね。

 

スキルがあればフリーランスでも全然やっていけますし、もし途中からやっぱり就職してみたい、という時がきても

自分のスキルをアピールできると思います。

 

他にもブログを書いて広告宣伝費で生計を十分に立てている人だっていますよね。

 

 

そういった稼ぎ方が正しいのか?という議論にもなってくると思いますが、就職をしないという選択肢を選び、

 

他の道に行くと本人が決めたのであれば、良いと思うんですよね。

 

ブログだって、ワードプレスとかでも簡単に作る事ができるじゃないですか。

A8.net とかASP「アクセストレード」を使うメリットを解説してみようと思う。でも紹介しているアクセストレードとかで、

 

マネタイズをする事だってできるわけだし、就職をしないという選択肢を選ぶ事だって出来るわけなんですよね。

 

ネットが普及した今、稼ぐ方法なんていくらでもあるんです。

関連記事:もう消えてなくなりたいと思った「就活中の失敗談」を話します。

 

 

就職しないで生きてもいい

 

就職しない、と決めると、周りは確かに反対する人も多いかもしれません。

 

その人たちはフリーランスで稼ぐ方法がなかった時代を生きてきた人たちですから。

 

でも今はフリーランスでもきちんと稼ぐことができますし、むしろ就職をすることの方が無駄も多いし、

それで精神的に参ってしまう人もたくさんいます。就職するという選択肢だけが私たちには残されていて、「就職しない生き方なんてありえない」と教えられきたかもしれませんが。

そんな事はありません。それぞれに合った働き方というものがあるものなんですよ。

就職しない事によって得られる経験だって多いし、たとえフリーランスや起業家として失敗してしまったとしても、それはいつか必ず自分の糧になると思う。

私もそう思って、人とは違う生き方をしているわけですから。

関連記事:置かれた場所で咲きなさい?そんな事してたら鬱病になります。

 

就職しないで生きる、という生き方、ぜひじっくり考えてみてください。

自分の人生を決めるのは、どうやったって自分自身だと思います。だからこそ、就職するという選択肢を選んでも、就職しないという選択肢を選んでも良いと思いますが、

皆さんに与えられた選択肢は「就職をする」事以外にもあるという事だけは覚えておいた方が良いのです。

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。