投資家のお金論

株で大損しないために気をつけるべき事。

最近は不動産や株などに投資する人ってどんどん増えてきているように思うんですよね。今後は市場に回っていないような株にも投資するような人が増えてくるのではないでしょうか?

 

ただ、その一方で危険な側面もあると思っているんです。株って投資すれば儲かるというものではありません。

 

株に投資して大損をしてしまうような人もいるんですよね。5000万円の資本で投資して、レバレッジをかけて7000万円の投資額にする人が等が良い例だと思います。

 

レバレッジをかける事により、より高いリターンを得る事が出来るんですよね。でも、そういった株の投資で大損してしまう人というのもいるんですよ。

 

そこで、今回は株で大損しないために気をつけるべき事を書いていこうと思います。

 

 

高いレバレッジをかけない

 

 

高いレバレッジをかけるのはやめておいた方が良いと思いますねえ。株に投資する時に大損してしまう事はもちろんあるのですが、

 

「高いレバレッジをかけた場合」と「通常の現物で買う場合」ではわけが違います。だって自己資本で投資していれば、投資した以上のお金がなくなっていく事はありませんからね。

しかし、レバレッジをかけると、「マイナス」になってしまう事だってあるのです。

 

確かにレバレッジをかける事によって、収益性が格段にあがります。

ROEの観点から考えると、高レバレッジでの投資は魅力的に思えます。

ただ、その一方で株で大損するリスクも上がってきてしまうんですよね。

 

 

私たち人間は弱い生物です。そのため、株価の上昇時には

 

「ここらへんで収益を確定しておかないと収益がなくなってしまうかもしれない」と考え、

 

株価が下降している時には

 

「ここで売ったら損をしてしまう、もう少しすれば必ず上がる!もっと待とう!」となってしまうものなんですよね。

 

 

通常、損切りは早く、利確は待つというのがセオリーなのですが、これが株式投資において出来る人って少ないんですよね。

 

でも、だからこそ株で大損してしまうわけなんですよ。

 

特にこれがレバレッジを強くきかせていたりなんかしたら大変ですよね。上げ相場の時も下げ相場の時も不安な気持ちがレバレッジ比に比例してしまうので、

 

どうしても臆病な行動をとってしまうわけです。でも、それが原因で大損してしまう人って多いのです。

 

そのため、私は株で大損したくないのであれば、レバレッジをあまりきかせないほうが良いと思うんですよね。

 

私個人的な意見としては自己資金の範囲の中でやるべきだと思っているのです。

私も過去に「信用取引」をしようと思った事があるのですが、結局はやめました。

 

株の世界に長い時間身を置いていると、「自分は投資のプロだ」と思うようになってしまうもので、あの時は「信用取引でも勝てる」と思っていたんですよね。

 

あの時、やらなくてよかったなあ。

関連記事:資産運用の初心者がやりがちな事・やるべき事

 

 

あらかじめ投資計画を立てておく

 

 

これも株で大損しないためには大切な事だと思いますね。株で大損してしまう人って計画的に投資をしていないという人が多いんですよね。

なんとなく買って、なんとなく売却して、「ある程度のお金」を得ている人が多いと思うんです。

 

でも、これだと売り時が曖昧ですし、どの程度の利益を見込んでいるのか?がわからないのに投資するのっておかしいと思うんですよね。

 

会社でもそうじゃないですか?新しい事をやる時にはどれくらいの時期までにどういった方法でどのくらいの売り上げを作るのか?という事を、

 

報告しますよね。これと基本的には同じなんですよね。事業計画でも、株式の投資でも計画的に判断しておく事が大切だと思っているのです。

 

恣意的に決めた決断で売買をしまうと、株式で大損してしまう可能性って高くなってきてしまうんです。

 

株で大損なんか絶対にしないと思っている人って多いんですよね。でも、人間の心理の本質的な部分を理解すれば、

 

必ずしもそうではないという事がわかると思います。恣意的に動いてしまうのが人間です。だからこそ、株で大損をしないためには、

自分で投資計画を立てておく必要性があるんですよね。

 

私も今は投資家として「投資会社」を持って投資をしている投資家です。ポートフォリオ的には「不動産」が多いんですけどね。

 

株式にも投資をしているのです。昔は株で大損なんてするとは思っていなかったし、そんなリスクなんて全く考えていませんでした。

 

しかし、結構大きな損失を出してから変わったのです。株で大損しないためには、計画性が大切だな、と。

 

株って結局は期待値なんですよ。どれだけ投資して、どれだけ返ってくるのか?そういった計算をきちんとして、

初めて「真の投資家」になれるんじゃないかな。私はそう思いますね。

関連記事:資産の増やし方を知っている人のお金が増える時代。

 

 

儲かった時ではなく、損をした時に報告する

 

 

これも株で大損をしないためには大切な事だと思いますね。株って儲かると嬉しいので「株で100万円も儲けたぞ!」と儲けた時には言ってしまうものなんですよね。

 

でも、そうやっていってしまう人ほど、株で大損してしまうんですよね。パチンコと同じ現象で良い時だけを見てしまう人が多いんですよ。

 

パチンコで10万円儲けたという話と株で10万円儲けたという話は似ているような所があるのです。だからこそ、株で大損しないためには、

 

損をした時に回りに報告する事が大切なんですよね。そうする事によって、「自分は損をしたんだ」という事をきちんと認識する事が出来るようになるのです。

 

こういった自覚が出るようになると、株で大損するリスクというものは少なくなってくると思うんですよね。

サラリーマンとして時間と体力を費やして儲けたお金なのに、一時の感情でそういったものがなくなってしまうのって悲しい事だと思うんですよね。

 

だからこそ、株に投資する時には気をつける必要性があるのです。

 

また、株で大損をしたくないと思っているなら他の投資対象だってあるんですよね。最近はソーシャルレンディングとかも流行っていて、新興国への投資が有名なクラウドクレジット

クラウドクレジット

等の貸し付け型のクラウドファンディングを使ってみるのも選択肢的には良いと思うんですよね。

 

ただ、現時点では高利回りだけれど、リスクを考えると、かなり危険な部分もあるので、株で大損したくない、と思う人におすすめなのは、

 

「AGG(ETF)」ですかね。「何に投資したら良いですか?」と聞かれたらこれをおすすめしているのですが、債券を中心に運用しているETFで、

 

金融危機にも強い安定した毎月分配型のETFなんですよ。株で大損した事があったりとか、「株で疲れるのはもう嫌だ!」みたいな人には良いんじゃないかな。

 

最近だと、ロボアドのウェルスナビ にもAGGが含まれていますからね。リスク対策には良いと思いますよ。

結局は株で大損するかしないか?も人の心によるのです。

関連記事:人工知能による資産運用「ウェルスナビ」を徹底解説。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。