ブロガー「水瀬まりも」とは?
就活の悩みを語る

就職浪人の就活は厳しいのか?

これは思う事だと思うんですよね。就活をすれば誰でも就職出来るものだと思っていませんでしたか?でも、これって実は違うんですよね。

 

 

就職浪人をしてしまう人って世の中には実は多いものなんですよ。就職浪人をしてしまうと、就活って面倒になってしまいますよね。

 

そして、就職浪人をして就活をしても就職できないのではないか?と思っている人もいるのではないでしょうか?

 

しかし、これってそんな事ないと思うんですよね。就職浪人をしても次年度の就活で成功する人はいるのです。

 

面接の時には「なぜ就職浪人したのか?」をきちんと説明

 

 

これはありますよね。

面接の時には「なぜあなたは就職浪人をしたのですか?」と聞かれる事も想像に難くないと思います。

人事としては「この子、良い子なのになんで就職が決まらなかったのだろう?」と思ってしまうものなんですよね。

 

 

ただ、これも就職浪人をした理由をきちんと説明する事によって、変わってくるものがあると思うんですよね。

 

別に就職浪人をした理由は「100%本当の事ではなくても良い」と思うんですよね。周りの既卒だって、

 

ある程度は話を盛って話しているものなんですよ。

 

「就活が面倒で」とか言ってしまう人も実際にいるんですよね。(こういう事を言っていた人を実際に見たんです。)

 

でも、そういったマイナスな印象を与えるのであれば、もっとより良い理由を自分で考えてしまった方が良いわけです。

 

 

また、就職浪人して就活する人が必ずしも「出来ない人」ではないと思うんですよね。世故に長けたような人が就職活動では有利になってきてしまうような所が就活にはあるんですよね。

 

だからこそ、就職浪人してしまう人=仕事が出来ないというわけではないんですよね。就職活動なんて世渡りがうまい人が有利になるように出来ているのです。

 

もちろん、世度りが上手い人はそれはそれで能力なので良いと思うのですが、就職浪人をして就活をいまやっているからといって、

 

悲観的になる必要性はないのです。

関連記事:第二新卒で転職に失敗してしまう人の特徴

 

 

なぜ就職浪人をしてしまったのか?を考える

 

 

これも就職浪人をした人には大切な事だと思うんですよね。

就職浪人をしたからには「何かしらの理由」があるんですよね。いま、就活をしているという事は悪い事ではありませんが、

 

落ちてしまったからにはそれなりの理由があると思った方が良いわけです。

 

一般的に就職浪人をして就活をするというのは「厳しい」と言われていますが、それは前年の悪かった点を改善しないからだと思うんです。

 

例えば、就活において1次面接が通らない人の絶対的な特徴でも書きましたが、面接ではどういった振る舞いをしていたのだろうか?

 

面接ではどんな表情をしていたのか?どんな話をしていたのか?という事を検証してみる必要性があるのです。

こういった事をやっていけばだんだんと変わって行くものなんですよね。

 

就職浪人をしてしまっても、「去年は運が悪かっただけだ」と思ってしまうと、今年度の就活でも失敗してしまうんですよね。

 

もちろん、偶然落ちてしまったという人なんていくらでもいると思うんですよね。そういった人って私の周りでもいたのでわかりますし、

 

内定をもらったという人でも「最後の最後に内定を1つもらえた」という人って多いんですよね。

 

だからこそ、100%就職浪人をした人が悪いというわけではないのですが、原因を追求しない限りは内定率が下がってしまうのは事実なんですよね。

 

皆さんの周りでも内定をいくつももらって、就職浪人とはまるで縁もないような就活をしていた人っていませんでしたか?

 

そういう人がなぜ内定をもらえるのか?という事を意識する事によって変わってくると思うんですよね。それによって、就職浪人をして

 

次年度の就活をする時に成功確率が上がってくると思っているのです。就活でも勉強でも起業でもなんでもそうなんですけど、

 

頑張れば頑張った分だけ結果はついてくるものだと思います。

関連記事:ニートから正社員になるのは難しいのか

 

 

 

就職浪人をしたのであればエージェントを使うのもあり

 

 

就職浪人をして就活する事は厳しいと一般的には言われると思うのですが、これって「内定をもらえるのか?」という事以外にも

 

「精神的に辛い」という側面があるような気がするんですよね。周りは就活で成功したにも関わらず、

 

卒業してからも就職ができないような日々があると、どうしても辛くなってきてしまうんですよね。就活をしていても、周りはみんな自分よりも年次が下の人たちですし、

 

面接にいって、少し話したりする機会があったら「就職浪人をしてしまった事を話さなくてはいけないこ事」だってあるんですよね。

 

だからこそ、就職浪人をして就活をする事って辛くなってしまうと思うのです。でも、私は「だったらエージェントと一緒に就活すれば良いのに」と思ってしまうんですよね。

 

例えば、ハタラクティブ なんかだと、既卒の学生・第二新卒の学生でも受け入れてくれるエージェントなんですよね。

 

内定率も80%を超えているんですよね。

 

面接対策を一緒にしてくれますし、それだけでも全然違うと思うんですよね。

 

 

そういったエージェントスタイルの就活をしてみるのも、就活浪人をするのであれば良いと思います。

 

こういった方法をとっていけば、就職浪人の就活だって厳しいものではなくなってくると思うんですよね。

関連記事:第二新卒の就活は厳しいのか?

よく読まれている記事
関連記事だよ