仕事

仕事が見つからない20代がやるべき事。

仕事が見つからないと困っている人って実は多くいると思うんですよね。

就職活動をしてみたものの、なぜかうまくいかないという人がいると思うのです。ただ、ここで問題なのが、

 

そういった「仕事が見つからない」人の中には20代もいるという事なんですよね。20代でも仕事が見つからない人というのはいるものなのです。

 

そこで、今回はそんな仕事が見つからない20代がやるべき事について書いていこうと思います。

 

 

自分がやりたい仕事の整理

 

 

これは大切な事だと思うんですよね。

 

仕事が見つからないと悩んでいる時って「やりたい仕事が明確ではない」という事が実は多いのです。

メーカーにいきたいのか?営業の職がやりたいのか?という事さえも考えずになんとなく就職をしたいと思っている人が多いんですよね。

 

もちろん、そういった自分の適性がわからないのであれば、リクナビネクスト運営のグッドポイント診断等で自分の性格や強みというものを判断すれば良いのですが、

 

仕事の種類そのものを決める事が出来ない場合は、自分で決める必要性があるんですよね。

 

業界を絞るという事は面接においても「言うべき事」の洗練度が上がるんですよね。例えば、エンジニアになりたいのであれば、

シリコンバレーではどんなものが流行っているのか?という事を考える必要があります。好きなウェブサービスを列挙して、

 

「どれだけエンジニアになりたいのか?」という事をアピールする必要があるんですよね。仕事が見つからないと思っている20代でも、

 

 

こういった事を気にして就職活動をすれば、意外にも早く決まる人というのはいるものなんですよね。

 

仕事が見つからないと、どうしても「もうどこでも良いから入りたい」という思考になってきてしまうと思うのですが、

 

そういった考えでやっても浅く広くの知識がついてくるだけで、中身のある内容を面接の時に出来ないものなんですよね。

 

すると、結果的に20代であるという強みがあっても仕事が見つからないという状況に陥ってしまうのです。

 

だったら、自分が何になりたいのか?どんな社会人になりたいのか?という事を意識する事がまずは大切になってくるんですよね。

関連記事:仕事での強みと適職を「グッドポイント診断」で研究してみた。

 

 

行きたい企業についての調査

 

 

これも仕事が見つからない20代がやるべき事だと思いますね。

仕事が見つからない時って、企業の研究を怠ってしまいがちなんですよね。私の友人でもそういう人がいたのでわかるのですが、

 

企業の研究を怠ってしまうと、企業から内定が出る確率というものは下がってしまうのです。私が就活をしていた時なんて本当によく調べていました。

実は真面目だったのかも。

  • 企業の売上変化
  • 新規事業
  • 平均年収
  • 勤続年数
  • 業界の動向

ある意味ストーカーですよね……。カンパニーストーカーを名乗りましょうか。とにかくめちゃくちゃ調べていました。結局100社くらいは調べたんじゃないかな。きちんと。

 

採用する側としては結構必死になって、精査しています。

 

だからこそ、採用される側も企業側の事をきちんと調べる必要があるんですよね。

 

最近だとキャリコネ で企業の口コミを見る事が出来るのでこういったものを使ってみても良いと思う。就活の時にもこの手のサービス使っていましたしね。

 

仕事が見つからない20代の時だからこそ、こういった細かい事からやってみる事が大事なのです。

そう、ストーカーのようにね。それくらいの熱意があった方が良い。

 

企業が提供する資料って基本的には情報が不足している場合が多いんですよね。まあ、都合の悪いことは、そもそも最初から話さなかったりするしね。

とはいえ、私も新卒で入った会社は「なんだこの仕事・・・」と思って、辞めたのですが。

他の人と差をつけるためにも、

 

企業の事について調べる事が大切なのです。

 

行きたい企業って誰にでもあると思うんですよね。仕事が見つからないと悩んでいても、「あそこの企業に就職出来たら幸せだな」と思う企業ってあるはずなんです。

 

だったら、そういった所を徹底的に調べてみれば良いと思うんですよね。

 

また、キャリコネ を使う事によって、ブラック企業かどうか?という事を口コミから判断する事も出来たりするので、

二重の面で良いと思いますよ。口コミっていつの時代も貴重な情報源なのよ……。

 

調べれば調べるほど、面接における自信もついてきますしね。

関連記事:ニートの就職を支援、ブラック企業に入りたくない人へ

 

 

20代で仕事が見つからないからと言って悩むあなたへ

 

 

20代ってまだまだ不安定な時だと思うんですよね。私も仕事を辞めた事があります。だからこそ、仕事が見つからない時の不安な気持ちって痛いくらいわかります。

 

仕事が見つからないのが20代に自分がなってしまうなんて思っていなかったという人だってたくさんいるのではないでしょうか?

 

しかし、あなたが仕事が見つからない20代だったとしても、別に気にする必要なんてないと思うんですよね。

 

人生って意外とどうにかなるものなんですよね。どうにか出来るものだと思うのです。私も人生においてはたくさんの辛い事がありました。

 

親が突然死したり、数億円の借金を背負ってしまったり、数えれば数えるほど、辛くなってくるのですが、それでも今はとても幸せに暮らしているんですよね。

 

仕事が見つからないのが20代であれば、別に道がないわけではないのです。たくさんの道があり、そこにたくさんの可能性があるのです。

綺麗事に聞こえるかもしれないけど、本当にそう思っているよ。

 

だからこそ、小さな事に悩まずに前に進んでみれば良いと思うんですよね。仕事が見つからないと20代で悩む必要なんてありません。

 

20代であれば、身体的・精神的体力だって残っているでしょう。今を一生懸命頑張ってみれば良いのです。

関連記事:転職においてワークライフバランスは大切なのか?

 

 

20代で仕事が見つからないのであれば就職エージェントが絶対におすすめ

 

 

これなんですよね。

仕事が見つからないと思っているのであれば、就職エージェントを使ってみるのもありだと思うのです。

 

例えばハタラクティブ なんかはとても良い例です。ここはエージェントが直接訪問した企業しか紹介していないエージェントです。

 

つまり、一人一人の就職に関してとても熱心に考えてくれるわけですね。

 

仕事が見つからないと思っているかもしれませんが、20代を欲しい企業というのはたくさんいるわけでありまして、

 

こういったエージェント経由から就職する事によって、効率的な就職・転職活動が出来ると思いますよ。

20代で仕事が見つからないからといって、ブラック企業に就職するのは誰でもイヤだと思うんですよね。でも、ハタラクティブではそういった可能性を軽減する事が出来ると思うのです。

 

こういった転職サービスだと、ブラック企業に就職させがちな側面がありますが、そうじゃない所もあるんですよね。

 

ここまで、仕事が見つからない20代がやるべき事について書いてきましたが、いかがでしたか?ハタラクティブ 等のエージェントを使っても良いですし、

 

本当にやるべき事をやっていけば、就職って出来るものなんですよ。

関連記事:人付き合いが少ない仕事の方が楽だと思う。

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。