投資家のお金論

アパート経営の成功には経費の削減が大前提

アパートを経営している方、経営しようと思っている方って最近はとても増えて来たように思うんですよね。

 

ただ、アパート経営って成功する人と失敗してしまう人が綺麗に別れるものなんですよね。アパート経営はビジネスです。

 

だからこそ、最終的には利益を残す必要性があるんですよね。でも、アパート経営の経営には経費の削減が必須なんですよ。

 

そこで、今回はアパート経営における経費についての考え方を書いていこうと思います。

 

 

アパート経営の経費削減?まずはクロスから

 

 

これなんですよね。アパート経営でかかる経費の基本事項として最初に挙がってくるのが、クロスだと思うんですよね。

 

寒冷地だとストーブがあったりとか、除雪費用があったり、雪止めがあったりありますが、クロスってどこの地域でも必ず必要になってくるものなんですよね。

だからこそ、アパート経営の経費の削減において重要なんですよね。

 

では、クロスについて書いていきましょう。

 

 

・真っ白ではなく多少色の入ったクロスを選ぶ

 

これはアパート経営で経費を減らす時には大切な事だと思うんですよね。

アパート経営をしていると、「クロスはどれにしますか?」と聞かれる事が多いと思いますし、一般的なクロス単価1000円程度のものであれば、

 

白系のものを選択する場合がほとんどだと思うんですよね。

 

しかし、その一方で「真っ白」を選ぶ事は正解ではないと思うのです。

 

なぜか?それはクロスの汚れが目立ってしまうからなんですよね。アパート経営の経費としてクロスにお金をかける時って、

 

実際のクロス単価を下げる事ってなかなか難しいというか、ほとんど不可能なんですよね。3LDKや4LDKの物件のクロス単価なら少しの単価の違いでも大きな金額になってくるかと思いますが、

 

一般的な小さめの物件であれば、そこまで大きな差は出ないはずです。

 

しかし、クロスの交換周期が早まってしまうと、話が違ってくると思うんですよね。クロスの交換が1R程度の部屋で毎回交換するような事になってしまったら、

 

 

収支が合わなくなってしまうんですよね。

 

アパート経営の経費を削減したいと思うのであれば、真っ白なクロスではなく少し色の入ったものを選びましょう。

 

そうする事によって、多少の汚れでもわからなくなるんですよね。そうすると、クロスの交換周期だって変わってくるのです。

関連記事:不動産業界人が教える本当におすすめのFF式ストーブ!

 

 

 

・クロスではなく塗りに替える

 

これもあるんですよね。

 

クロス単価ってある程度の値段がしてしまうんですよね。

だからこそ、アパート経営において経費を削減する場合は「塗り」に替える場合ってのがあるんですよね。

 

これだと、クロス単価1000円だったものが半分程度で出来る事が多いです(これはもちろん業者によりますが)。

 

そうすると、クロスだけで10万円程かかっていたものが、5万円になるんですよね。この差はアパート経営においてはとても大きなものなんですよ。

 

私もそういった塗りで済ませる投資家の方を知っていますが、綺麗に出来ていましたよ。

 

 

ただ、業者からは嫌がられる事が多いんですよね。作業としては、ある程度の大変なのにマージンがとれないから。

 

だからこそ、嫌がってしまう業者が多いのです。

 

また、仲介業者としても「入居者に説明する」ので、気にしないという人なら良いのですが、気にする内覧者だと、

 

「クロスの部屋のが良いな」という人もいるので、成約率を考えて紹介しない場合もあるんですよね。

だからこそ、これは不動産業者との関係性・内装業者との関係性にもよりますね。

 

アパート経営で経費を抑えるという事は大切な事なのですが、それによって入居率が低くなってしまっては、

 

本末転倒ですからね。

 

そういった側面からも考える必要性があるのです。

関連記事:不動産投資物件を東京で買う事のメリット

インターホン・ウォッシュレットの自送

 

これもありますよね。

最近はアパート経営をする時に必須なのが「インターホン・ウォッシュレット」なのです。

 

しかし、この2つを業者に全て頼むと高かったりするんですよね。こういった設備関係にお金をかける事って、

 

アパートで利益をあげようと思うのであれば、無駄だと思うんですよ。

 

だからこそ、こういったものをAmazonで安いものを探して買うという事が大切なんですよね。

 

Amazonって今はなんでも安いんですよね。業者だと、どうしても中間マージンがかかってしまいますし、

 

本体自体のグレードだって自分で選び事が出来ません。だからこそ、こういったものは安いものを探してし自分で買った方が良いんですよ。

 

取り付け費を払えばやってもらえるものですよ?アパート経営においては、何よりも経費を減らす事が大切になってくるのです。

 

だからこそ、するべき事を考える方が良いのです。

関連記事:ウェルスナビの口コミを自分で書いてみる。

エアコンの発注は慎重に

 

これもありますね。

エアコンって取り付け費込み・メーカー保証ありのものを買ってしまうと、どうしても8万円程度はかかってきてしまうものなんですよね。

 

どこにいっても、それくらいのお金はかかってしまうのですが、それでも削減する方法ってあるものなんですよね。

 

例えば、30所帯程あるアパートを持っているのであれば、リース等は使わずに1度に買ってしまいましょう。

 

そうする事によって、多少なりとも安くなります。また、これもガス会社に頼むと安くなる場合があるんですよね。

 

 

ガス会社は契約件数を維持するために必死になっています。そのため、ガスの契約条件付きで安くしてくれるなんて事も実際にあるんですよね。

 

また、保険を使うという方法もありますよね。

 

例えば、メーカー保証がついてなくても、雪害による室外機の故障があると、直してくれるようなプランを持っているという所もあるんですよね。

 

 

火災保険一括見積もり依頼サイト で調べて、1番自分のスタイルにあったものを選んで加入してみるのも良いのではないでしょうか?

 

アパートを経営する場合には、単純にお金を払うのではなく、こういった工夫で経費を節約するのも経営者としての義務かと思います。

 

ただ、こういった事って面倒だと思ってしまう人もいると思うんですよね。アパート経営をする時には経費を節約する事が大切だとわかっていても、

 

そんな事を考えるのが面倒だという人は、ハリーマーコビッツによるポートフォリオ理論に基づいて人工知能が運用するウェルスナビ とかもありますしね。

 

そういったものを選択肢として考えみても良いと思います。

 

という事で、今回はアパート経営と経費削減について書いてみました。

関連記事:人工知能による資産運用「ウェルスナビ」を徹底解説。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。