就活の悩みを語る

なぜエントリーシートは手書きじゃなければいけないのか?

エントリーシートってありますよね?

就活となると、選考においてまず必要になってくるのが、エントリーシートだと思うんですよね。しかし、

 

就活が初めてという人は「エントリーシートってなんで手書きなの?」と思うと思うんですよね。エントリーシートを手書きで書く事って実はとても大変な事なんですよね。

 

そこで、今回は「なぜエントリーシートは手書きじゃなければいけないのか?」という事について書いていこうと思います。

 

 

 

時間を割いたという事実

 

これはあると思うんですよね。

 

エントリーシートを手書きで書くという事はその分、時間を使っているという事なんですよね。エントリーシートを間違えずに、

 

しっかりと書くと、数時間くらいはかかってしまう人もいるのではないでしょうか?

 

だからこそ、企業はこういった所を重視するんですよね。手書きで書くという事は、応募者としては「手書きでエントリーシートを書いたから、時間かけました!」という主張になるわけなんですよね。

 

企業としても、手書きで書いたきた人の方がパソコンで打ったエントリーシートよりも、「この人は弊社の採用に時間をかけてくれたんだな」と思うわけです。

 

だからから、エントリーシートは手書きじゃなければいけないという側面があるわけなんですよね。

 

確かに、手書きよりもパソコンで書いた方が楽だと思うんですよね。そして、これからはそういった所が効率化されていくべきだと思います。

だからこそ、オープンESのようなものが出てくるわけですしね。

 

私の周りでも、実際にオープンESだけで済むなんて人はいなかったので、実質的にはやはり全体として手書きのエントリーシートが必須になっているんです。

関連記事:【就活生必見】エントリーシートが書けない人へ

 

 

 

気持ちが伝わる・性格が出る

 

 

これは古い考えという意見はもちろんありますし、私自身が採用担当だったらパソコンからの打ち込みで良いのですが、

まだまだこういった考えを持っている人って多いんですよね。

 

手書きのエントリーシートだと、確かに気持ちって伝わるものではあるんですよね。字に人の心というものは反映されます。

 

私自身も、採用担当ではありませんが、エントリーシートを拝見する機会自体はあるので、そういった機会だと、

 

「この人はこういう性格なんだ」という事が手書きのエントリーシートからわかってしまったりもするんですよね。

 

ただ、これも難しいんですよね。手書きのエントリーシートだと、どうしてもその人自身が出てしまいます。

雑な人間なのか、それともきっちりとした人間なのか?という事が手書きのエントリーシートからわかってしまうわけなんですよね。

 

皆さんも手書きのものからその人の性格や、心理状況がなんとなくわかる時があると思いますよ。

 

そうでなければ書道とかってありませんよね。書道の道で食べていけるのは、字に心がこもってしまうからなのです。

関連記事:ESが通らない本当の理由を知っていますか?

 

 

 

選考人数を絞る

 

 

なぜエントリーシートは手書きでなければいけないのか?と考えた時に、こういった視点もあると思うんですよね。

 

本当は全てのエントリーシートをパソコンで入力出来た方が企業側も採用される新卒側も楽だと思うんですよ。

 

本当に汚い字で書いてくる人っていますからね。そういった事がなくなるという点では良いですし、ワード等で書けば、誤字脱字なんかも指摘してくれるので、

 

楽になるでしょう。

 

しかし、その一方で企業からすると、「なんとなく出してくる人も採用判断をしなければならなくなる」わけなんですよ。

 

 

大企業であればあるほど、エントリーシートの数って膨大になっていくわけですね。何万とか何千とかってところもあるでしょう。

 

そうなってくると、ある程度はエントリーシートの数を抑制する必要性があるわけなんですよね。

 

 

手書きだと、パソコン打ちに比べて大変じゃないですか?だからこそ、「この企業はそこまで受けたいわけでもないし、辞めとくか」という人が増えるのです。

 

でも、本当にその企業に行きたいのであれば、手書きでもなんでもまず優先させて頑張ると思うんですよね。

 

 

そういった点を企業は重視しているのです。企業も学生側も手書きでエントリーシートを書くという事は大変ですが、

 

企業からしたらそこで足切りをする事が出来るので、非常に効率的なんですよね。

関連記事:就活グッズ!これさえ押さえておけば大丈夫!

 

 

まとめ

 

 

という事で、今回はなぜエントリーシートは手書きじゃなければいけないのか?という事について書いてきました。

 

どうでしたか?エントリーシートを手書きで作成するって本当に大変なんですよね。しかも、一生懸命書いても、

落ちてしまう人って実はたくさんいるのです。

 

でも、これも効率化する事自体は可能だと思うんですよね。

例えば、最近はビズリーチ・キャンパス とかを使えば、OB・OG訪問だって簡単にできるわけなんですよね。こういったものを使って、自分のESを判断してもらう事もできますし、

 

実際に、どんなエントリーシートを書いたのか?という事を聞く事ができるわけなんですよね。

 

より通り易いエントリーシートを書いていけば、そこまで大きな労力を使う事ってないんですよ。

つまり、結局は自分次第でどうにでもなる話なんですよね。

 

こういったものを使いつつ、効率的な就活をするのが良いのではないでしょうか?

関連記事:【就活】面接で質問に答えられない時どうしたらいい?

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。