投資家のお金論

節約する方法とは何だろう?

節約をする事って生活をしていく上ではとても大切な事なんですよね。

1ヶ月でかかるお金って実は多いんですよ。

 

  • 食費
  • 光熱費
  • 娯楽代
  • 水道代
  • 家賃

 

などなど、あげてしまえば、キリがないほどに存在するというのが実際のところなのです。

 

でも、節約をする方法があったらどうでしょう?実際に節約する方法を実践する事によって、変わる事ってあるんですよね。

節約を上手に出来るのか?という事は、本人が取っている方法によるのです。

 

そこで、今回は節約する方法について書いていきたいと思います。

 

 

全体でいくらかかっているのか?から節約を考える方法

 

 

節約する方法としてまずあげる事が出来るのがこの方法だと思うんですよね。

 

 

節約する方法を考えている人もたくさんいるでしょうし、実際にある程度の節約を実現している人だってたくさんいるでしょう。

 

しかしながら、全体を把握している人が少ないのも事実なんですよね。

 

節約する方法を考える時に皆さんは「一番わかりやすいもの」から節約しようとする傾向があると思うんですね。

ただ、これでは本当の意味での節約をする事って出来ないのです。

 

例えば、私が使っている方法だと、

 

「エクセルで月々にかかっている金額を計算しています。」エクセルで計算すると、小さなお金が年単位だと大きなお金になっている事に気がつくんですよね。

 

例えば、月々に1980円固定でかかっている費用があったとしますよね。社会人であれば

 

「たいしたことない」と思ってしまうような金額でしょう。

しかし、年間で考えると、

 

 

1980円×12=23,760円になってしまうんですよね。これって実は大きなお金なのです。

月で考えると、どうってことない金額のものが複数存在する事って多いんですよね。

 

  • ポケットWi-Fi
  • ソフトウェア
  • 会員費

 

これらのものってありがちな経費なんですよね。

また最近だとAmazonとかでもそうですよね。

 

  • プライム会員
  • アンリミテッド

 

こういったものも実は年間で考えると、大きな支出になっている事多いのです。だからこそ、見直す必要性があるんですよね。

 

節約する方法としてはとてもシンプルなものですが、意外と効果があると思いますよ。

 

私も一定期間を置いて、整理するようにしているのですが、

 

「こんなにお金がかかっていたのか!」と驚く事が多いのです。

関連記事:断捨離のコツ?捨てまくる技術!

 

 

ランチ代は意外と高いから節約する方法

 

これは節約の方法としてあげる事が出来ると思いますね。

ランチの料金っていくらくらいで考えていますか?きっと普通のOLであれば1000円以内というところがスタンダードではないでしょうか?

 

しかし、これも20日間ランチにいっているとなると

 

1000円×20=20000円なんですよね。

2万円も月々に消費してしまっているのです。

 

これが500円ランチとかを探す事が出来れば、1万円の差が出てきますし、お弁当にすればさらに下げる事が出来るようになるでしょう。

よく「ここらへんって安いランチがないんだよね。」といっている人がいますが、本当に探しましたか?

 

きっと探していないと思うんですよね。

今はnaverまとめやその他のキュレーションメディアが500円ランチのお店を地域毎にまとめていたりもするのです。

 

だったらそういった所を使ってみても良いと思うんですよね。使ってみると、

 

あれ?こんな店あったのか!」という店がたくさんあると思います。食費を考える事は節約をする方法の要でもあるんですよ。

 

ただ、不味いランチを食べるのは本末転倒なので辞めた方が良いと思うんですけどね。美味しくて安いという店を探す事が出来れば、

 

もっと安く済ませる事ができ、美味しさも維持出来るのでおすすめです。

私の場合、節約していたい方なので、普段の食事にはあまりお金を使っていません。それこそ500円ランチとかも、普通に食べていますよ。

関連記事:【安い】使ってみてよかった安いおすすめコスメ

 

 

缶ジュースは買わない節約方法

 

これも節約の方法の1つだと思います。

 

皆さんは自動販売機にいくと、何を買っていますか?

 

きっとペットボトル飲料を買っている人もいれば、缶ジュースを買っている人もいるでしょう。でも、缶ジュースって実はとても非効率なのです。

 

例えば、缶ジュースとかって120円程200mlとか250ml程度しか入っていないじゃないですか。

 

その一方でペットボトルだと、150円程で500mlもあるんですよ?この差って凄いなって思うんですよね。

単価が違うのですよ。全然。

確かに「今、飲みたいのはこのくらい」と思う量ってそこまで多くないんですよね。少しだけで良かったりもする。

だからこそ、小さいものを買ってしまうところがあるのです。

人間の行動をよく理解してくれているよね、飲料メーカーは。

 

しかし、それは非効率な側面があると思うんですよね。小さい缶ジュースを買っても、結果的にはもう1つ買ってしまう事も多いかと思います。

 

だって、少ないのですから当たり前ですよね。

 

ペットボトル1つが150円だとして、缶ジュース2つが240円。

 

つまり差額の90円×30日=2700円も損をしているのです。もちろん、この計算には個々の生活状況は加味されていないので、

 

一概には言えないのですが、缶ジュースを買ってしまうという事は損をしているという事なのです。

 

だからこそ、ペットボトルを買い、缶ジュースは買わないという行動が節約の方法として成り立つのです。

 

 

という事で、今回は節約する方法について書いてみました。

 

 

節約関連の本ではかなり有名になったこの本、節約する方法をより詳しく知りたいという方はこう言った本を買ってみても良いですよね。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。