転職

転職の空白期間を恐れなくていい

転職する、となった時にできてしまう空白期間に恐怖を抱く人も多いかと思います。

在職中はなかなか転職活動を並行してやることは難しいでしょうし、

かと言って、もう今の職場は耐えられない!と思って毎日辛い気持ちで仕事をしている人もいるでしょう。

 

実は今、転職の空白期間はそんなに恐ろしいものではなくなってきています。

むしろその空白期間こそ大事な期間である場合もあります。

では早速いってみましょう。

 

在職中に転職活動してもバレない方法

 

実は、今転職サービスには自分が転職活動をしていることがバレないように自分のプロフィールを特定の企業に公開しないように設定することができる転職サービスが増えていているんです。

 

グッドポイント診断で性格・強み診断が出来るリクナビネクストは転職をしている事が企業にバレないわけなんですよね。

 

また、エージェント方式の転職サービスであれば、リクルートエージェントとかも良いですよね。非公開求人んが75%以上もあるので、

非公開求人

質が高い求人が多いわけですし、面倒な年収交渉とかも代行してくれるんですよね。

 

 

気軽に登録できるけれど、ちゃんと転職する上でのこちら側の事情をわかってくれているのです。

 

在職中に転職活動をしていることが周りにバレてしまうと、ただでさえ早く去りたい職場なのに

余計に居づらくなってしまいますよね。

関連記事:転職活動は会社にばれるのか?

 

こういったサービスを使えば、転職する際の空白期間を長く取らずに転職することができます。

関連記事:仕事での強みと適職を「グッドポイント診断」で研究してみた。

 

 

空白期間があっても転職できる

 

転職する際に空白期間ができてしまうのはある程度しょうがないことだと思います。

 

その空白の期間が長ければ長いほど、転職に不利に働くと思って辛い気持ちになっていませんか?

 

でも、それは転職サービスをあまり知らないで、真っ向から一人で転職に挑もうとしているから感じる恐怖なのです。

 

例えば、ウズウズキャリアセンター という転職サービスは既卒・フリーターを対象にしている転職サービスなので、

転職による空白期間が長い人でも既卒・フリーターの就活のプロがきちんと就活をサポートしてくれます。

 

ウズウズキャリアセンター

 

空白期間が年単位になってしまって焦っている、なんていう人は利用してみるべき転職サービスですね。

 

空白期間が長ければ長いほど不安になったり焦りを感じてしまうのは当たり前のことです。

でもなかなか同時期に転職活動をしている友達なんていませんし、相談できるところが無いのが苦しいですよね。

関連記事:ブラック企業に入りたくない人はウズキャリを絶対に使った方が良い理由。

 

ウズキャリなら個別で指導員がついてくれるので、相談して一緒に転職活動の方向性を考えてくれます。

 

またウズキャリではブラック企業を始めに選択肢から除外してくれる、というのも特徴です。

転職した先も自分に合わない、なんてことになったら最悪ですからね。

 

 

専門的な知識をもっているプロに相談しつつ転職活動をする、ということが大事なのです。

 

参考サイト:ウズウズキャリアセンター

 

空白期間で休息するのも大事

 

転職する際にできてしまう空白期間は短ければ短いほど良い、と思っている人が多いかと思いますが、

きちんと空白期間で休息をとることも大事です。

 

毎日早起きをして行きたくない会社に通っていた日々から解放され、自分をきちんと休ませてあげるのは決して悪いことではありません。

 

気づいていない人が多いですが、自覚症状のないまま仕事のストレスでうつ病を発症してしまっている人はたくさんいます。

関連記事:うつ病を自覚できていないのが危険

 

特に日本人は我慢が美徳とされる社会で生きていますから、これくらい平気、と思ってしまっている人が多いんですね。

 

でもそれはとても古い考え方です。

 

仕事が細分化され、働き方に多様性が出てきている今、自分に合った仕事を自らが選択していくことが一番大事なことです。

関連記事:仕事では我慢が大事、なんてもう古すぎる

 

私の知人でも、うつ病を診断されて会社を退職し、しばらくニート生活を送っていた子がいました。

 

でもしっかり休んだら、「そろそろ働きたいな」と自然と思えたそうです。

そして転職活動も成功し、今はとてもいい労働環境の中でストレスを溜めずに仕事をしています。

転職ににおいて空白期間を気にしてしまう事もあると思いますが、私の知人は、空白期間があっても転職をする事が出来たのです。

 

うつ病になると冷静に物事を判断することができなくなります。

そのまま転職活動をしても、また自分に合わない会社に就職してしまい、うつ病をさらに深刻化させてしまう、その繰り返しになってしまうのです。

 

それが悪化した時には取り返しの付かないことになっているかもしれません。

 

自分が健康的な心身でいられるための必要な期間というものがあります。

だから空白期間は悪いものではないのです。

 

転職において、空白期間があると、不利になってしまうと思うあまり、「早くしなきゃ!早くしなきゃ!」と思うもの。

 

でも、焦って次の仕事に行く前に、少しだけ長い休憩を取る事は決して悪い事ではないのです。その方が、結果的に良い結果をもたらす事だってありますしね。

関連記事:転職が初めてという人がするべき事とは?

 

急いで転職をすると同じ失敗をする可能性もある

 

これもあると思うんですよね。転職において、急ぐ事が常に正しいという事は実はありません。ゆったりと決めていった方が良い場合だってあると思うんですよね。

転職をする時には「空白期間が長くなってしまうと、転職する事が出来なくなってしまうかも?」と思う事があると思います。

しかしながら、そんな事はないと思っているんですよね。転職の空白期間があったら、多少の影響はありますが、要するに相手が皆さんの事を「欲しい」と思ったら採用してくれるわけです。

だからこそ、自分自身を研鑽していく事の方が大切なんじゃないかな?と思うのです。

それに、急いで転職先を決めると、またブラック企業を選択してしまう事だってあると思いますし、自分が希望しないような仕事をする事になってしまう可能性だってあるのです。

転職をするなら、次は自分に合う良い会社に入りたいと思うものです。

だったら、きちんと転職活動の時間をとって、長期的な視点で転職活動をしていった方が良いと思うのです。

急ぐ必要はありません。転職における空白期間を恐れる必要はありません。自分なりのペースでゆっくりとやっていけば良いのです。

関連記事:転職に挫折しそうな時に考えるべき事。

 

働き方を考える

 

転職の空白期間を使って改めて自分のワークスタイルを考え直してみるのもいいと思います。

会社を退職したあとに本当に転職するべきなのでしょうか?

今は違う働き方を選択する、ということもできる時代です。

 

フリーランスで稼いでみたり、起業してしまう、というのも手でしょう。選択肢なんて実はいくらでもあるんですよね。

私たちはサラリーマンになるための教育を施されてきています。周りの人と同じように生きていく必要がある!と教えられてきたわけです。

しかし、本当は周りに合わせる必要なんてないと思いますし、自分が好きだと思う事、自分が理想とする働き方を実現していく事が大切だと思っているのです。

働き方を考える事って普段は中々ないと思います。だからこそ、転職の空白期間を恐れずに、今考えてみる事も良いんじゃないかな?と思うんですよね。

仕事というものは、人生の多くの時間を消費する対象です。きちんと考え、自分だけの道を作っていく事が大切になってくると思うのです。

 

自分がストレスを溜めないでできる仕事は何か?ということをぜひ改めて考えてみてください。

では今日はこのあたりで。

関連記事:ストレスのない仕事とは何だろう?

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。