恋愛と私

子育てと仕事は両立できるのか?

結婚して子供を産むと、育てなければいけないんですよね。

子育てというものをしなくてはいけないのです。

しかし、子育てもしなければいけないかもしれませんが、

仕事が好きな人であれば、そのまま結婚前と同じように働きたいと思っている人もたくさんいるのではないでしょうか?

 

最近は女性は働ける環境というものも随分整えられて来たと思うんですよね。少し前までは、やはり仕事といえば、男がやるものという印象があったと思うのですが、

 

実際には女性の方が精神的にも強いという側面があるため、女性の方が仕事に向いているのではないか?という議論もありますよね。

 

そんな人だと、子育てと仕事を両立させたいと思うのが、普通だと思うのです。しかし、子育てと仕事の両立は実際に可能なのでしょうか?

 

 

夫の協力は必須

 

これはあると思いますね。昔は家事等は女性がやるものだと思われていましたが、今って違うんですよね。今は、夫婦が対等な関係で生活をしていく事が前提になってきているのです。

 

だからこそ、男性でも家事をやるという人が増えてきたのです。子育てと仕事を両立させようと思ったら、結局これが一番大切だと思うんですよね。

 

 

夫が家事を手伝ってくれたりとか、夫が子供の面倒を見てくれる等の配慮がない限りは難しいのです。

仕事をしていると、どうしても急な仕事が入って夜が遅くなってしまったりだとか、希望の時間に退社する事が出来ないなんて事もあるんですよね。

 

また、仕事からクタクタになって帰って来たのに、帰って来たら「ご飯はまだ?」なんて言われたら腹が立つのは当たり前だと思うんですよね。

 

だからこそ、子育てと仕事の両立には夫の協力が必要になってくるのです。もちろん、最近は家事を手伝うような夫も増えてきましたが、

 

基本的に男性ってだらしないものなので、「家事は分担しよう」と言わなければやってくれないものなんですよね。

 

でも、男性だって「家事を手伝って欲しい」と言われれば意外とやる人が多いと思いますよ。子育てと仕事を両立させるためには

 

絶対的に必要なのが、夫の協力だと思うので、そこは二人できちんと話し合うようにした方が良いと思いますね。

関連記事:理想的な夫婦になろうとするから離婚するのです。

 

 

働きやすい会社での勤務

 

 

これも大切だと思うんですよね。子育てと仕事を両立する時って「勤務先がブラック企業」だったらどうしようもないんですよね。

 

精神的に辛い事はもちろんですが、家事なんて出来ないものですし、子育ても出来ないものなんですよね。

 

だからこそ、子育てと仕事を両立する事が出来なくなってしまうのです。

 

ブラック企業に入らない努力をすれば、ブラック企業にあたる事なんて基本的にはないんですよね。例えば、

 

最近だとウズウズキャリアセンター 等がブラック企業を紹介先から排除している転職エージェントとして有名ですよね。

 

独自のデータベースを持っている事により、転職活動時に「ブラック企業にいかないような仕組みを構築」しているのです。

関連記事:ブラック企業に入りたくない人はウズキャリを絶対に使った方が良い理由。

 

子育てと仕事を両立したいのであれば、絶対に労働環境の良い所に就職した方が良いんですよね。

関連記事:専業主婦でも働きたいという人は結構いる。

 

 

在宅での仕事

 

 

また、子育てと仕事を両立させたいのであれば、在宅の仕事をするのもありだと思うんですよね。

 

最近は在宅の仕事って増えてきました。

ブログを書いて、そこからA8.net アクセストレード(関連記事:ASP「アクセストレード」を使うメリットを解説してみようと思う。)でマネタイズするという人もいるでしょうし、

 

minne BASE でオリジナルの作品を出品しても良いんですよ。今はインターネットを使えばどうやっても稼げるような時代になっているのです。

実は私もminneやBASEを使って出品してたりもしますし。デザフェスにも出てたり?

 

また、在宅の仕事がどうしても子育てと仕事の両立に繋がるのか?というと、

 

主に2つの理由だと思うんですよね。

 

それが

 

  • ストレス
  • 出勤時間の短縮

 

これですね。

 

まず、在宅勤務だと上司との軋轢とかがないのでストレスが溜まりにくい傾向があるんですよね。仕事が辛いといっている人の6割くらいって、

 

実は上司との関係性から産まれた辛さなのです。

 

これが解消されるだけでも全然違うと思うんですよね。ストレスがなかったら子育てと仕事の両立もより楽になってくるので良いと思うのです。

 

また、通勤時間の短縮に関してもそうですね。

 

 

通勤時間って意外とかかっていると思うんですよ。

 

会社に行くからには

 

  • 弁当を作る
  • 化粧をする
  • 服を選ぶ
  • 電車に乗る
  • 駅から会社まで歩く

 

こういった時間を無駄にしなくてはいけないのです。そうなってくると、1日に使える時間ってやはり圧倒的に減ってしまうのが、

 

現状なんですよね。でも、ここが解決出来れば、子育てと仕事の両立も不可能ではないと思うのです。

 

今は、多様な働き方が認められている時代なのです。

 

という事で、今回は子育てと仕事は両立できるのか?という事について書いてきましたが、どうでしたか?

 

これって、夫の協力もさる事ながら、職場の選択等も影響してくる事なんですよね。でも、子育てと仕事の両立は決して不可能な事ではないのです。

関連記事:主婦でも出来る副業?在宅で稼げる時代なんです。

 

 

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)ワーキングホリデービザでウィーン在住(2022年〜)の29歳。中高6年間男子校で生活。海外をふらふらしながらなんだかんだ生きています。応援は「アマゾン欲しいものリスト」からお願いします。