転職

仕事の正しい辞め方を紹介しましょう。

仕事を辞めたい、あるいは辞めようとしている人ってたくさんいると思うんですよね。その会社が合っているのかどうか?という事は、

 

自分がその会社に入ってみなければわからない事だったりするんですよね。

 

上司はどんな人なのかな?労働環境?そういった事って実際にはわからないものなんですよ。だからこそ、

 

会社を辞める人というのが出てくると思うのですが、仕事の辞め方って難しいと思うんですよね。どうやったら仕事を辞める事が出来るのか?

 

正しい仕事の辞め方を書いていこうと思います。

 

 

病院から書類をだしてもらう

 

仕事を辞める時って、もちろんポジティブな理由もたくさんあるのですが、その以外にも、「会社が辛過ぎて辞めた」という人がいると思うんですよね。仕事を辞める時には、何もポジティブな理由だけではないのです。

 

また、会社が辛い時って、鬱気味・不安障害気味になってしまっている人もたくさんいるんですよ。

ただ、自分の症状や現状というものは中々他人からは理解されないものでして、きちんとした説明をしない限りは、

 

どうしても、「まだ頑張れるだろ?」と思われてしまうものなんですよね。しかしながら、仕事の辞め方を考えている時点では、

 

既に限界点に達してしまっている人がいるんですよね。

 

「このまま仕事を続ければ、本格的な鬱病になってしまう」と感じている人も実はたくさんいるのです。だからこそ、

 

病院の診断書類を持ってく事が大切だったりするんですよね。鬱だと思われてしまう事を「恥ずかしい事だ」と思っている人もたくさんいるかもしれません。

 

しかし、そんな事ないんですよね。向精神薬を飲んでいる人が弱いわけではないし、会社が悪いだけ。あなたが悪いわけではないんです。

 

鬱だからいって、向こうが笑う事なんてありません。それに早く退職出来たほうが、心身的にも良いと思うんですよね。

仕事の辞め方としては、談三者機関の書類も役に立つのです。実際に私の友人も退職する時には「鬱の診断書」をだしていましたからね。

 

ただ、別の友人とかだと、「自分が精神的にきている事を認めたくないという気持ちがあるし、精神科に行く事には抵抗を持っている」と言っていた場合もあるんですよね。

 

だからこそ、これは難しい問題だと思うのですが、仕事の辞め方としては病院からの診断書をもらう事って有効な手段だと思いますし、

もっともっと使っていった方が良いと思うんですよね。それが結果的に辛い状況を高いするための手段になったりもするわけですし。

関連記事:仕事を辞めた後に後悔する人の特徴

平静を装わない

 

これも仕事の辞め方としては重要な事だと思うんですよね。

 

会社にいると、「暗くなっている」と思われたくないがために、頑張って「元気ですよ!」というアピールをすると思うんですよね。

仕事前になると吐き気がするってかなり危ない状態です。でも書きましたが、吐き気がしている状態って本当は危険な状態なのに、それでも平気なフリをしてしまうものなんですよ。

 

しかし、これって自分にとっては辛い事だと思うんですよ。心の中では辛いと思っているのに、仕事の時には、

 

「大丈夫です!楽しいです!」といった顔をしてしまうと、心と行動に差異が出てきてしまいますからね。

家に帰ると、その差分の疲れがどっとくるわけ。

人間って心と違う事をすればするほどに辛くなってきてしまうような生物だと思うんですよ。

だからこそ、私は辛いのであれば、最初から「辛いです。」というオーラを出していくべきだと思うんですよね。仕事の辞め方って色々ありますが、

 

すぐに辞める事が出来ない人って、「元気そうにする」わけなんですよ。そういう事をしてしまうと、相手は

 

「なんだまだ大丈夫だろ?」と思うわけです。

 

自分が辛いのかどうか?なんて事は実は他人にはほとんどわからないものだったりするわけですよ。だから、どちらにも責任がないと言えば良いんですよね。

最初から辛いというアピールをする事によって、相手は「この人あもう持たないかもしれない」と予め思うわけなんです。

 

もちろん、社会的に正しい仕事の辞め方ではないのかもしれませんが、早く辞めるためには必要な事だったのです。

 

強がってしまう人もたくさんいると思いますし、自分にもそういうところがあるのでわかるのですが、これをやってしまうと、

 

いつまで経っても辞める方向に持っていけないまま進んでいってしまう事があるんですよね。そうなると、また1年、2年と仕事を辞められなくなってしまうのです。

 

仕事の正しい辞め方として世間的に正しいのか?という事は別にしても大切な事だと思いますよ。

関連記事:仕事が楽しくない人はいますぐ転職するべき

持ち物を予め家に持ち帰る

 

これも仕事の辞め方として大切な事だと思いますね。

 

仕事の辞め方として注意していないのが「会社の机周り」なんですよね。私物を置いているなんて人もたくさんいるでしょう。

しかし、それでは辞めようと思った時に辞める事が出来なくなってしまうんですよね。

 

だからこそ、徐徐に自分の持ち物を職場から減らしていくという仕事の辞め方をおすすめしているのです。

もちろん、仕事を辞めるまでに毎日必要なものは残しておいた方が良いと思いますが、その他で必要のないものってたくさん持っていっている人っているじゃないですか?

 

そういったものを会社から持ち出す事によって、会社を辞める時もスムーズに辞める事が出来ますし、自分自身の決心だってつくものなんですよ?

仕事の辞め方といっても、「この日に絶対いうぞ!」と思っていう事ってやはり難しいものでして、実際には、

 

入念な準備をして徐徐に辞めるという方法論をとる事が実行性としては高いと思っているんですよね。いきなりやるよりは、

徐々に対策をしていくうちに本当に辞める事が出来るようになるのです。

関連記事:ストレスのない仕事とは何だろう?

決意しよう、辞めよう

 

という事で、今回は仕事の正しい辞め方について書いてみました。どうでしたか?

 

仕事の辞め方って難しいんですよね。でも、何かしたらの不満があるからこそ、今の会社を辞めるようになるわけです。

 

だったら決意して辞めた方が良いんですよね。適切な辞め方を使って辞めてしまった方が良いわけです。

最近は転職後の想定年収を算出する事が出来るMIIDAS(ミーダス) や自分の強みを診断してくれるグッドポイント診断運営のリクナビネクストなど….

関連記事:仕事での強みと適職を「グッドポイント診断」で研究してみた。

 

多種多様な転職サイトがあります。

 

その中で、これだ!と思ったものを使ってみて、正しい仕事の辞め方すれば良いのです。

 

という事で今日はここらへんで。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。