人生に悩む君へ

人のせいにする心理

仕事の仲間や友人関係の中でよく「なんでも人のせいにする人」を見かけるかと思います。

自分は悪くない。悪いのは相手だ。そう、考えている人がいるのです。

明らかにその人に落ち度があるのに人のせいにする心理はなんなのか、と気になったことはありませんか?

そして人のせいにする人のことが許せなくてもやもやしたことはありませんか?

 

今日は、なんでも人のせいにする心理について話してみたいと思います。

 

心理1:責任を負いたくない

 

人のせいにする心理として一番に挙げられるのはやはりその人がいろんな物事に対して責任を負いたくないと思っている、ということが挙げられるでしょう。

 

責任を取る、ということは自分の落ち度に対して何かそれ相応の対価をこちらから差し出さなくてはいけない、ということです。

 

自分の過ちを認め、それに対して反省し、何かしらのアクションを起こす、ということですよね。

 

仕事で何かミスをした時に責任を負うとなったら、例えば賠償責任者になってお金を払う、ということもあるだろうし、

降格して給料が下がる、ということもあるし、

最悪の場合、会社をクビになってしまうこともあるでしょう。

 

そういった何かしらの対価を自分で払いたくないから、人のせいにする、というのが深層心理なのですね。その方がリスクが小さいわけですから。

 

でもそれはその自分のミスに対して納得がいっていないから、ということも十分にありえます。

その人にとって納得の出来るミスなら認められるものもあるのかもしれません。

 

仕事においてはミスを減らしていくのが一番ですけどね。

関連記事:仕事でミスばかり、を改善する方法

 

でもどんなことでも人のせいにしてしまうような人なら、やはり自分が対価を払いたくない、つまり責任を負いたくない、と思っている人なのでしょう。

 

そういう上司のもとでは働きたくないですね。

関連記事:部下が辞めていく上司の特徴

 

心理2:人を見下す癖がついている

 

なんでも人のせいにする心理には、そもそもその人が根本的な性格として人を見下すくせがついている、というものもあります。

これは勝負好きな人にある傾向で常に人と比べ、人との中で自分の勝ち負けを考えているような人なんですね。

 

こういう人は結局自分に自信がなく、自分より下の人を見つけることによって相対的に自分の価値を高めようとしている人です。

絶対的な自信があるわけではないのです。相対的に自信を持ちたいだけ。

関連記事:人を見下す癖が付いていると損をする

 

なぜかいつも張り合ってくるような人、いますよね。

そういう人の中にはやはりなんでも人のせいにしてしまう人が多いような気がします。人を見下さなくても、自分の評価は高い人は高いし、低い人は低い。

そういうものなんですけどね。

関連記事:ここで死んでもいいやという強さを私は持っていたい。

 

心理3:恥をかきたくない

 

人のせいにする心理として恥をかきたくないという気持ちが強い、というものも挙げることができます。

 

自分の過ちを認めて謝罪することによって、他人から評価が下がったり、自分が恥をかくことをとても嫌がるんですね。

 

これも自分に自信がないことの表れと言えます。

 

自分に自信がある人は一時の恥にあまり固執しません。

非を認める方が長期的に見て自分の信頼につながる、という客観的で冷静な目を持っているとも言えます。

 

それに対して人のせいにしてしまうことの多い人は、目の前の出来事に固執してしまいがちです。

関連記事:同じ時代に生まれた奇跡に感謝しながら、今日という日を精一杯生きる。

人のせいにすることも大事

 

なんでも人のせいにする人は考えものですが、人のせいにしなさすぎるのもそれはそれで問題です。

 

人のせいにすることによって自分を守れることもあります。

日本人は特に、自分を追い詰めやすい性格の人が多いので、人のせいにすることが悪いこと、という風に思っている人も多いかと思いますが、

時と場合によっては人のせいにしてしまうことも大切です。

 

人のせいにすることでストレスから逃げる

 

人のせいにする心理は、自分が恥をかきたくない、だとか人を見下すためだ、という話をしてきましたが

結局のところ、それは自分がかわいいから起こる気持ちです。

 

裏を返して言えば、そうやって人のせいにすることが多い人の方がストレスを溜め込まずに生きていけているんですね。

 

逆に自分のせいにばかりしてしまう人は、ストレスを感じやすい性格なわけです。

 

時と場合によっては、自分のせいにせず、人のせいにしてしまっていいことだってあります。

それを心の中で止めて、表に出さなければ人間関係が崩れることもありません。

 

人のせいにすることは一概に悪いことではないのです。

関連記事:仕事によるストレスで寝れないという人がやるべき事

 

信用されないこともある

 

人のせいにしてばかりいると、どうしても周りからの信頼を得ることができなくなる傾向にあります。

 

それは責任を取れる人にこそ仕事を任せたいという人間の心理があるからです。

 

ただ、これは組織に入って仕事をする時に必要なことです。

 

フリーランスとして個人で仕事をしていく時には自分のミスはそのまま自分にふりかかってくるし、

他の人のミスが自分にふりかかってくるようなことはありません。

 

誰のせいだ、というめんどくさい争いから解放されたいと思っているなら、いっその事仕事のスタイルを変えてみる、というのも手段ではないでしょうか。

関連記事:個人プレーの仕事をおすすめする理由。

 

自分に合った人間関係

 

人のせいにする人はどこにいっていもいるものです。

 

そういう人とどうしても付き合っていかなきゃいけないような環境にもし今いるのだとしたら

その環境を変えてみるのもいいかもしれません。

 

一緒にいる人には特に大きな影響を受けるものです。

 

転職市場も今は充実していて、会社に知られずに転職をすることもできるので、もし今の会社よりも良い会社が見つかったらラッキーくらいの気持ちで転職活動をしてみてもいいですね。

関連記事:転職活動は会社にばれるのか?

 

 

では今日はこの辺りで。

 

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。