人生に悩む君へ

自分を卑下する癖は直した方がいい

どこに行っても自分を卑下する癖がある人に出会うことがあると思います。

もしくは、自分自身が自分を卑下することが多い、という人もいるかもしれません。

 

謙遜することや謙虚な性格が良いとされる日本社会ですが、その塩梅を間違えると良かれと思って自分を卑下する表現を使っていたとしても

それが他人から嫌われる要素になってしまうこともあります。

 

今回は自分を卑下することで損をしてしまう、という話をしてみたいと思います。

 

人を苛立たせる

 

自分を卑下することが多い人は実は他人を苛立たせている可能性があります。

 

というのも、慇懃無礼という言葉がある通り、明らかに端から見て優位な人が、他人に対して自分を卑下するような言動をしていると

それはそれで失礼に当たることもあるのです。

 

慇懃無礼とは

慇懃無礼とは、表面上だけは丁寧だが、内心は尊大で相手を見下しているさま。また、言葉や態度が丁寧すぎて、かえって失礼なこと。

http://kotowaza-allguide.com/i/inginburei.htmlより引用

 

例えば私にも経験がありますが、仕事上で明らかに経歴も年齢も上なのに、なぜか自分を卑下するような言い方をしてくるような人がいて、

そういう人ってこちらがどういう態度をとったらいいのかわからなくなりますし、

他の人から見て私の印象も悪くなると思うんですね。

 

横柄にしている人がいい、というわけではありませんが、上に立つ人には上に立つ人なりの態度でいてほしい、というのはあります。

 

下につく人はやはり上の人の指示を待っているところもありますからね。

関連記事:部下が辞めていく上司の特徴

 

謝ればいいと思ってるように見える

 

自分を卑下することが多い人は謝り癖のある人です。

自分がどういうことで怒られているのか、何がいけなかったのか、その内容ではなく、
とにかく一番最初に自分が悪い、と思ってしまう人なんですね。

 

ただ、これでは根本的な問題の解決にはなりません。

 

何か問題が起きた時は、その問題が起こった原因を把握する必要があります。

そしてその原因を把握した上で、その問題が今後どうしたら怒らなくなるのか、ということを考えなくてはいけません。

 

でも自分を卑下する人はそこまで考えが及ばず、とりあえず自分が悪いと思って先に謝ってしまう人なのです。

 

謝られた側は、何が悪いかもよくわかってないのにとりあえず謝っておけばいいだろう、と思っているんじゃないか、と思うので逆に苛立ってしまうんですね。

 

何かトラブルがあった時は、謝って解決することなんて一つもありません。

謝ることよりも、次に同じ過ちを繰り返さないことが大事なのです。

 

それを考えることができない人は、成長できない人でもあります。

 

 

そうやって自分を卑下するタイプの人、成長できない人は、一緒に仕事をしたくないタイプです。

関連記事:ストレスのない仕事とは何だろう?

 

自信のない人は好かれない

 

自分を卑下するタイプの人は自分に自信がない人であるとも言えると思います。

 

そういう人は一緒にいてネガティブな気持ちになることが多く、
一緒に仕事をしたり、遊んだりすると周りの人までネガティブな気持ちにさせる人なんですね。

 

例えばあなたが明日から社長になるとして、
一緒に会社を盛り上げる重役はネガティブな人よりポジティブな人の方がいいでしょう。

 

人は一緒にいる人の影響をとても受けるものです。

 

 

特に一緒に仕事をする仲間なんかは、ほぼ毎日顔を合わせなくてはいけない相手なので、

自分に自信がなく、自分を卑下することが多い人と一緒にいると仕事がやりづらい、と感じる人も多いでしょう。

関連記事:仕事では我慢が大事、なんてもう古すぎる

 

対等に接しにくくなる

 

自分を卑下するタイプの人は相手に逆に気を遣わせてしまうことが多々あります。

 

謙遜することが良しとされる日本社会で自分を下げるような言い方は
相手にもそれを求めることにもつながってしまうのです。

 

基本的には人間と人間の付き合いであるはずなのに
必要以上に自分を卑下する人がいることによって、なかなか対等に接することができなくなってしまうんですね。

 

自分を卑下する人は「嫌われたくない」という思いがあるからなのかもしれませんが、
その態度自体が扱いにくいので逆に周りの人に嫌われてしまう、ということも多くあります。

関連記事:女子に嫌われる女子、こういう女に気をつけろ!

 

特に女性同士の関係だと、相手と比べてどうの、ということをいつも女性は考えていますから、
めんどくさい、と思われて人間関係がうまくいかない、という事態に陥りやすくなるでしょう。

 

自分を卑下しなくても良い

 

自分に自信がなく自分を卑下する癖がついてしまっている人が多いと思いますが、
謙遜しすぎる言動が人を不快な気持ちにさせることも多々あります。

 

とはいえ自分に自信をつけろ、といってもなかなかすぐにできることではないかと思いますが、
新しいことを始めてみたり新しい仕事に就いてみる、というのも成功体験を増やすのにいいかもしれません。

 

自分に向いている仕事がわからない、という人はリクナビネクストのグッドポイント診断、というものもおすすめです。

診断形式になっていて、自分の性格や向いている仕事について分析してくれます。

 

では今日はこのあたりで。

関連記事:仕事での強みと適職を「グッドポイント診断」で研究してみた。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。