投資家のお金論

不動産投資がサラリーマンに向かない理由。

老後の資金の事を考え、不動産投資という選択肢を考えるサラリーマンが最近は増えているんですよね。

大手の不動産会社とかでも、「アパートを買って不労所得!」とかいって、買わせようとしているんですよね。

 

もちろん、不動産業界にいる私としては不動産投資が悪い等とは思っていません。むしろとても良い資本収益かと思います。

 

ただ、サラリーマンは不動産投資には向かないと思うんですよね。やるのであれば、専業の不動産投資家になった方が成功する確率は上がってくると思っているのです。

 

そこで、今回は不動産投資がサラリーマンに向かない理由について書いていきたいと思います。

 

 

サラリーマンは融資が通りやすい故に危険

 

 

これはあると思うんですよね。

サラリーマンで不動産投資をする人って、基本的にはお金を持っているサラリーマンなんですよね。つまり給与所得が多い企業に勤めている人が多いのです。

 

そりゃそうですよね。年収が200万円の人が「不動産投資をするか!」とは基本的にはならないものですから。

 

だからこそ、融資が通りやすいという側面があるんですよね。融資が通る=銀行が認めた不動産という構図は正しいです。

 

ただ、銀行は融資先の属性も非常に重視する傾向があります。そのため、

「この不動産自体は良いものではないが、給与所得があるし、有名な会社だから融資しよう。」という事になるんですよね。

 

融資してもらえるという事は不動産投資をサラリーマンがしていく上で大切ではあるのです。しかしながら、それが返って危険な結果を招く事だってあるんですよね。

 

給与所得が高い属性の良いサラリーマンはある程度の融資を引っ張ってくる事が出来るんですよね。

ノンバンク系の銀行から借りなくても、借りられるわけです。私も前職の時には「1億円くらいのローンなら通る」って社内で言われていたなあ……。

しかし、それ故、価値の低い不動産を大量に買ってしまう危険性もあるのです。

 

例えば、8000万円でアパートを建てたとしても本来価値は5000万円だったなんて事も普通にあるんですよね。某大手の企業の話は不動産業界では有名……。

もちろん、ここでは書けないのだけど。

それでも不動産投資をしたいだけ!という事なら良いと思いますが、属性が良いだけで不動産投資を成功させているような気分になってしまうため、

 

危険な部分があるんですよね。だからこそサラリーマンは不動産投資には向かないという側面があると思っているのです。

関連記事:不動産投資で生活するなんてできるの?という疑問に現役投資家が答える。

サラリーマン不動産投資はレスポンスが遅い

 

不動産投資をサラリーマンがするという事は良いのですが、何につけてもサラリーマンはサラリーマンなんですよね。

 

サラリーマンだと、「良い物件が出ましたよ。」と言われてもすぐに現調する事が出来ないんですよ。

だからこそ、不動産会社からの優先順位は低くなってきてしまうのです。これってあまり良い事ではないんですよね。

関連記事:不動産投資物件を東京で買う事のメリット

 

良い不動産を紹介してもらっていないと、不動産投資って基本的には成り立たないのです。

 

もしも、良い物件を紹介してもらえなかったら、どんどん利回りの低い物件ばかりをあさる事になりますからね。

 

そうなってきてしまうと、不動産投資をサラリーマンがやっている意味がなくなってきてしまう事だってあるんですよ。

 

最終的にはローンを返済するのがやっとなんて事もあるのです。そうなってくると、サラリーマンとしての給与だけをもらっていた方が良かった!となってしまう人もいるんですよね。

 

メールに関してもサラリーマンが不動産投資をする時って遅いんですよね。何にしても遅いからこそ、不動産会社から嫌われてしまう事が多いのです。

 

マメな人ならまだしも自分の中にがさつな部分があると認識している人であれば、少し危ないと思うんですよね。

 

だからこそ、不動産投資はサラリーマンには向かないのです。

関連記事:不動産投資における見積もり額

 

 

サラリーマン不動産投資を嫌う不動産会社

 

不動産会社って基本的に「昔からの地主さん・経営者・医者等」を相手に売買している事が多いんですよ。

 

彼らの意識の中には「不動産投資をする人は自分たちとは違う人」という認識があるんですよね。不動産会社の人が不動産投資を思っているよりはしていないのはそういった事が原因なんですよね。

関連記事:不動産投資は歴史から読み解く

 

異世界の事だと思っているのです。

 

しかし、それがサラリーマン相手となると、自分たちと同じ土俵にたっている人という事になるので、あまりよく思わない人が多いんですよね。

 

「なんでこいつのために入居させなければいけないんだ」となってしまう事だって実際にはあるものなんですよ。

関連記事:不動産投資で失敗してしまう人の特徴

 

サラリーマンでも不動産会社に嫌われない人はもちろんいると思いますよ。しかしながらそれを出来るほどの人なら起業していると思うんですよね。

 

そういった掌心術を持っている人であれば、他の事をやって成功していると思うのです。

 

サラリーマンが不動産投資を片手間になんとなくやって成功するのか?というと、そういうわけでもないんですよね。

 

むしろサラリーマンが不動産投資をすると、成功しない方が多いように思います。

最近はクラウドバンク等のソーシャルレンディングの仕組みもあり、年利5〜6%くらいの利回りは確保する事出来るので、

 

あえて儲からない不動産投資をする必要はなくなってきているように思うんです。

 

人工知能による運用であるウェルスナビ とかもありますしね。

関連記事:人工知能による資産運用「ウェルスナビ」を徹底解説。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。