ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

仕事を辞めた後に後悔する人の特徴

世の中には本当にたくさんの種類の仕事がありますが、その中でも辛い仕事に当たってしまうという人もいるんですよね。

 

だからこそ、転職しよう!と考える人がたくさんいるのです。

昔は1つの会社にずっと勤めるという事が普通でしたが、今はこれも変わって来ているように思います。

自分に最適な職場というものを探して、

 

考え、行動している人が非常に増えて来ているように思うのです。

 

しかし、その一方で仕事を辞めた後に後悔するという人もいるんですよね。

 

「仕事を辞めたけど、後悔している。辞めなければ良かった。」となってしまうんですよね。

そこで、今回は仕事を辞めた後に後悔する人の特徴について書いていきたいと思います。

 

 

年収だけに目が眩んでしまう人

 

 

これっていると思うんですよね。仕事を辞める時って何らかの不満がある事が多いと思うのですが、その中でも多いのが

 

「給料」なんですよね。年収が高いかどうか?という事って世間で言われているよりも気にする事なんです。

関連記事:年収が少ない人の特徴を徹底解説!

 

例えば、年収300万円で楽な仕事をしている人でも、結婚を前にしたら年収800万円の仕事が気になってくるものなんですよね。

 

「今の年収じゃ少ないな…」となってしまうのです。

そこで、年収800万円の仕事を探し、見事内定をもらえ、転職するんですよね。

 

でも、こういう人って仕事を辞めた後に後悔する事が多いのです。仕事を辞めた後に、

 

「年収なんかより、環境の良さを選ぶべきだった」と思ってしまう人が非常に多いんですよね。

実際、年収は大切だと思いますし、MIIDAS(ミーダス) 等の想定年収算出サービスを使う人だってたくさんいるでしょう。

 

そして、そうやって幸せな転職をする人はいるのですが、それでも環境が良くなければ転職した意味がないと思うんですよね。

 

ブラック企業に入ってしまって、年収だけ高いという状況になってしまっても意味がないと思うのです。

仕事を辞めた後に後悔しますよ。

関連記事:転職をすると年収が下がるのか?

 

 

ブラック企業かどうかをきちんと見極めない人

 

これもあると思うんですよね。

転職する事が一般的になってきた事は確かなのですが、その一方でブラック企業も多数存在するのが現実だと思うんですよね。

 

だからこそ、そういった企業に入ってしまう可能性ってあるんですよね。

でも、ブラック企業を見極める努力をきちんとしていれば、入る可能性を下げる事は出来るんですよね。

 

今って、企業名を検索すればそこがどういった企業なのか?という事がわかるようになっていますし、

 

キャリコネ 等がその代表格的な転職サービスだと思いますが、現役社員や元社員による会社の口コミを見る事が出来るんですよね。

 

適切な方法を取る事により、仕事を辞めた後に後悔するリスクって減らす事が出来るんですよ。

 

 

前の職場がブラック企業だった人って次の転職でもブラック企業に行ってしまう可能性が割と高いんですよね。

 

仕事を辞めた時は「次はやっと普通の会社に行ける!」と思っていても、いざ辞めてみると、後悔してしまう事だって珍しくありません。

 

「前の会社の方がまだマシだった」と。

 

仕事を辞めた後に後悔するなんてもったいないと思うんです。同じ仕事なら楽しくやっていたいじゃないですか。

きちんと調べるという事を怠ってはいけないのですね。

関連記事:ブラック企業に転職するのはあまりに非効率だと思う。

 

 

結婚するために転職した人

 

これも仕事を辞めた後に後悔する人の特徴だと思うんですよね。結婚って20代後半〜30代にかけて考える事が多いと思います。

 

そんな時に、同時に考えるのが「年収」なんですよね。年収が少ないと、2人で生活をしていく事が出来ない場合だってあると思いますし、

 

実際に奥さんから「もっと給料の高いところに転職して?」と言われる事だってあると思うのです。しかし、そうやって仕事を辞めても、後悔してしまう事が多いのです。

 

結婚のために仕事を辞めた場合でも、より良い職場で働く事が出来る場合だってあると思うのですが、今の職場環境が良いのであれば、

 

今の環境以上に良い就職先に行く事が出来る確率の方が少ないと思っているのです。つまり、後悔する確率の方が高いのです。

関連記事:仕事を辞めたいけど、上司に言えないという人が考えるべき事。

 

性格に合っていない仕事を選んでしまう人

 

 

これもあると思います。人間には「なりたい自分」というものがあると思うんですよね。

だからこそ、仕事を変える事によって

 

「なりたい自分」に近付くという事がいるのですが、これって仕事を辞めた後に後悔する原因の1つだと思うんですよね。

 

なりたい自分というものを理想として持っているのは良いと思うのです。でも、それがあまりに自分の性格とかけ離れていると、どうしても辛くなってきてしまうんですよね。

 

家族の前では「常に明るい私」でいなければいけない状況が辛いのと同じなんですよ。もちろん、何かの職業に憧れるという事はとても良いと思います。

 

目指すべき目標があると楽しいですしね。

でも、だからといってなりたい自分に合わせて転職をしてしまうと、どうしても辛くなってきてしまうものなんですよ。

 

私たちって実は他人の事を客観的に見る事は出来ても、自分の事を冷静に見る事って苦手だったりするんですよね。

 

 

自分の弱みや強みを知っていくという事は実はとても辛い事だったりするので、そういった事をしている人って少ないのです。

 

でも、いまは転職サイト運営の強み診断テストもあります。だからこそ、そういったものを使って自分の性格にあった仕事をすれば良いと思うんですけどね。

関連記事:仕事での強みと適職を「グッドポイント診断」で研究してみた。

 

という事、今回は仕事を辞めた後に後悔してしまう人の特徴を書いてみました。

関連記事:転職を失敗してしまう人はやり方を間違えている!

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。
よく読まれている記事