仕事の悩み

なぜ大手企業の年収は高いのか?

大手の企業の年収ってどの程度か知っていますか?

 

スクリーンショット 2017-02-07 21.37.35

引用:上場企業版!「平均年収が高い」500社

 

こんなに高いんですよね。

年収ランキングに該当している企業で知らない企業はいくつありましたか?きっと普通の社会人であれば、

 

「何この企業?」という事にはならなかったと思います。

でも、逆になんで大手企業は年収が高いのだろう?と思いませんか?中小企業でもきちんとした売上を出している企業がたくさんあるのに、

 

なぜ大手企業の年収は高いのでしょうか?そんな事について今回は考えてみたいと思います。

 

採用コストが低い

 

大手企業の年収が高いという事は「その分、かかっている経費も少なくしている」という事なんですよね。

 

採用にかかる費用というものが少なくなるという事が挙げられると思います。

採用にはどこの企業でも苦戦しているかと思いますが、大手企業だと多くの宣伝費をかける事なく、人が集まるんですよね。

みなさんも「東証一部上場企業」と言えば安心するでしょう?親だって同じ。

関連記事:転職において自己分析は大切なのか?

 

もちろん、全ての企業に人材が集まるわけではありません。

しかしながら、ある程度の知名度があるという点で「転職や就活をする人は安心」するんです。

親なんて「大手企業」というだけで安心するものですから……。知らないベンチャー企業よりも、三菱商事に就職したり、三井住友銀行に就職したりする方が親は嬉しい。

子供が親の影響を受けて大手企業に入るのです。

 

採用って意外と費用がかかるんですよね。

 

求人サイトに掲載するだけでもある程度の費用がかかってしまいますし、説明会のための資料だって必要になります。人件費だってかかりますよ。

大企業の場合は、採用人数だって多いんです。三菱UFJの場合だと1000人弱程度を採用しますからね。銀行系だと、数百人規模で採用するのです。

しかも、大手企業だと辞める人って少ないのが基本ですが、あまり知られていない企業だと、せっかく採用したのに、辞めてしまうという人がたくさんいるんですよね。

 

結果的により多くの費用が採用にかかってきてしまうのです。だからこそ、大手企業は良いんですよね。採用にお金こそかかりますが、

継続性・効率面を考えると、費用対効果が良いんですよね。

 

つまり、採用面でもそうですが、様々な面で効率的に動く事が出来るのが大手の企業なんですよね。だからこそ、

 

結果的に「社員の待遇」に費用をかける事が出来るわけなんですよね。

大手企業の年収が高いのは見えないコストを最小限にしているから、でもあるんです。

関連記事:ブラック企業に転職するのはあまりに非効率だと思う。

信用で取れる仕事

 

仕事を取る時ってやっぱり難しいじゃないですか?どんな企業でも、営業って大変なんです。

 

しかし、大手企業だと、「ブランド力」があるのです。

そのため、同じAという商品を売っていたとしても「大手の会社の方が安心だな」となるわけなんですね。

名前を知らない会社から買うよりも、有名な企業から買いたいものですよね。誰でも。

結果的にこれが売上に繋がってくると思うんですよ。売上が上がれば、給料だって上がるんですよね。だからこそ、大手企業の年収は高いのです。

 

もちろんそれまでに「ブランド力の構築のための時間」というものが存在しています。だからこそ、最初から利益体質だったわけではないんですよね。

 

ベンチャーとか真逆じゃないですか?

 

ベンチャーとかだと、信用で仕事を取る事って難しいんです。実績がなかったりすると思いますし、様々な面で整備が遅れているという事はありますからね。

 

信用で取れる仕事が多いという事は大手企業の高い年収の底支えをしている1つの要因なのです。

スタートアップ企業が3日間かけて説得しなければいけないような商品を大企業の場合は5分で決めてしまったりしますから。

関連記事:仕事がつまらない原因を解説しよう。

提携先の企業が多い

 

小さな企業だと、どうしても取引先や提携先というものが限られてきてしまうと思うんですね。

 

しかし、大手企業ではそんな事はありません。大手企業だと、提携する先が多いという現実があるんですよね。

私の会社の場合なんて、本当に限られたところとしか取引をしていませんからね。でも、大企業は違う。

「◯◯商事さんとなら一緒にやりたいです。」となるわけですね。これって大きいと思うんですよね。例えば、小さな工場を考えてみましょう。

 

その工場は「B社から仕事をもらっている中小企業」とします。

確かに、安定しているように思うと思うんです。しかし、提携先が限られているという事は、その分、

 

「提携先が傾いた時のリスク」が大きいんですよね。相手方が倒産してしまえば、自分の工場も潰れてしまうなんて事も起こってしまうんですよね。

リスクが大きいと、経営者としては「もしもの時のためにリスクヘッジをしておこう。」となり、より多くの剰余金を眠らせておくのです。

日本の企業なんて典型的ですよ。利益剰余金をたくさん貯め込んでいる。リーマンショック等の金融危機をおそ

関連記事:経営者に向いていない人?

 

社員の給料って1度上げてしまうと、なかなか下げる事が出来ませんからね。そういったリスクがある会社ほど、

簡単には社員の給料を上げないものなんですよ。

関連記事:職場に嫌いな人がいたらどうする?転職してもいいと思う。

 

新しい分野への展開が容易

 

これもありますね。大手企業の年収が高いのって、それだけ「多くの事をやっているから」なんですよね。

事業の多角化を行なっているわけです。

ファミレスをやりながら、寿司屋をやってみたり等、より他分野にスケールする事によって、利益を増やしていっているんですよ。

任天堂だって、今はゲームで稼いでいる会社ですけど、昔はトランプで稼いでいましたからね。不思議なものです。

では、なぜそんな事が出来るのか?というと、

 

「大手の看板が使えるから」なんですよね。大手の看板があると、普通の人は安心するんですよね。

 

有名な会社名がつくと、実態は知らなくても信用してしまうのが、私たちなのです。

 

以前、有名になった某L社も中古自動車販売業にも手を出しましたよね。元々あった自動車の会社を買収して、

 

有名になった自社名を自動車会社の社名にいれるのです。これで売上が実際に伸びるんですよね。

 

様々な分野にスケールする事って、小さな企業では難しい事なのです。だからこそ、大手企業はそういった事が出来る分、

 

大手企業の年収が高久なるんですよね。

関連記事:転職をすると年収が下がるのか?

やっぱり大手企業の年収は高いよね

 

大手企業の年収ってやっぱり高いんですよね。誰もが羨む三井とか住友とか、そういう有名な大企業に入ると、年収は高いんですよ。

だから、誰もが良い大学に入り、良い会社に就職しようとするわけです。

実際ね、上記であげた「大企業の年収が高い理由」ってあると思うんですよね。一応「経営者」として書いていますし……。

ただ、これからは「大手企業だから年収が高い」という状況自体がなくなってくるような気もするんです。

 

大手企業だって普通に潰れてしまうような時代です。だんだんと規模の小さな会社が有利になってきている今だからこそ、

ベンチャーとかスタートアップに就職してみるのもありなのかな、とは思いますよ。

大手企業の年収が高いのはいまだけかもしれない。大手企業だって今後何年かでどうなってくるのかわかりませんよ。

 

時代は変わるものですから。

関連記事:辞めたい仕事を辞める方法。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。