人生に悩む君へ

あらゆる人を説得する超基本的な方法

「説得する」ということをみなさんはどれだけ普段しているのでしょうか?私は普段から人と話し、説得するような仕事をしている関係上

他人を説得する方法については常に勉強し、考えています。まあプライベートでは全然いらない能力であって欲しいのですけどね。笑

しかし、説得力が必要とされているにも関わらずその方法について真剣に考えたことのあるひとというのは少ない印象があります。

 

そこで、今回は人を説得する方法について書いていこうと思います。

説得するには抑揚が大切

 

皆さんは誰かを説得するときにその内容だけが重要だと思ってはいませんか?確かに内容はとても重要なものですし、この後は内容について言及していきます。

 

しかし、交渉をするときには相手はこちらの言う事に対してあまり関心を持っていないことがほとんどです。

 

つまり、私たちがいくら良い提案をしていても先方が聞いてくれない場合は説得はまったくもって意味をなさないのです!

 

そこで重要なことが「抑揚をつけて話す」ということです。

私たちはいつも内容で勝負しようとしていますが、それは抑揚をつけて話ということが大前提なのです。いくら他の小技、方法を使っても聞いてもらってからが勝負なのです。

聞いてもらわないと、どれだけ素敵な内容を話しても、響きませんから。だって、聞いていないんだもん。

人は変化がないと興味を持たなくなってしまいます。この抑揚を自分がやりすぎかな?って思うくらいつけてみてください。

すると、どうしたんだ?って聞いてる側としてはなります。

 

 

極端な例をあげると

 

 

昔、先生がいきなり大きな声だしたら、自分のことじゃなくても聞いてしまいませんでしたか?たぶん多くのひとがそうだとおもいます。

これと実は原理は同じなんです。変化があるとひとはそこに対して注意を払うのです。

 

だから、他人が怒られているのをみて「気をつけよう….」って思うわけです。

 

先生が放った言葉に対しての感情が自分のなかに生まれるわけですね。

 

根本は同じことなんですよ。自分でもこれはないなって思うくらい抑揚をつけて話してみましょう。

関連記事:営業の仕事が嫌いな理由って何?

 

 

説得するには「例えば」を使う

 

 

話をするときに例をだすことって大切です。そして、それは聞き手にとって身近なものであればあるほど良いのです。

人間って自分の身近なものに対して好感を抱いているものです。そうすると、そういった好感の持てるものを例にだされたとき、人は親近感おぼえるものなんです。

 

だから、もしも相手の全然知らないものに関する交渉なんかの場合は出来るだけ相手にとって身近であろう話題のなかから例えばの話をするととても効果的です。

 

自分が説得されたときのことを考えてみてください。なんか納得するな、この人のいっていることわかるなって時ってこういう方法を使っているんです。

説得って奥が深いですね。

関連記事:やりたいことを仕事にする方法

 

 

説得する相手が自分と同意見であると錯覚させる

 

 

これは人間すべてに共通するものだと思うのですが、自分の考えていることが正しいという思い込みがあるひとが多いです。

もちろん私もそうです。

だからこそ、説得するときはこの方法を使うのです。

自分の意見をいったあとに相手が考えていることを話すということは絶対にあると思います。そこがチャンスだと私は思っています。

自分が話していることってどこが話の軸なのかわからなくなることってありませんか?実はほとんどのひとは自分の話の軸というものを持っていないと考えています。

なので、多少自分の意見と違った事をいってきても自分と大体おなじ考えであることをまずこちらから主張します。

 

この時点ではまだ「少し考え方は似てるけど違うな」って感覚を相手は持っていると思います。

 

そこで、そこからはだんだんと自分の意見に寄せていくのです!さっき相手に対して行った同調化よりもより強く働きかけるのです。

 

例えば

 

最初は「りんごとさくらんぼって色おなじだし似てる」

 

2回目「りんごとさくらんぼは色も同じだし、甘いし似てる」

 

3回目「りんごとさくらんぼってほとんど同じだよね。」

 

という感じです。これ、文章で見るとそこまで実感が湧かないかもしれませんが、こういった段階的な方法をとることによって人間は錯覚してしまうのです。

そしていつのまにかそういうひとは説得されているのです。

関連記事:これから仕事がどんどんなくなる中でどう生きるのか

 

 

終わりに

 

 

どうでしたか?これは1対1の時に使うタイプの説得法ですが、応用すれば大人数でも使えると思います。

ビジネスマンなら割とこういった説得をする機会があるかと思います。人を説得出来る事って良い何事においても大切な事だと思うし、一生使えるものだと思うんですよね。

もちろん私が説明した方法だけでなくたくさんの方法があるかと思います。そしたら気になったものを全て実行してみたらいいんですよ。

 

きっと、自分にあった方法が見つかると思いますよ。

関連記事:結婚しても仕事は辞めるべきではない理由

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。